SimpliCityの404エラーページを簡単にカスタマイズする方法

SimpliCity404エラーページをカスタマイズ

WordPressでブログを作成してしばらくになります。

ところが全くアクセスが無いのでどうしたものかと考えてネットで検索してアクセスを増やす方法を調べてみました。

どうやらGoogleウェブマスターツールに登録してSEO対策をする事が基本ということでしたので登録してみました。

Googleウェブマスターツール(Search Console)は登録しておくべき
こんにちは、ごりょんさんです。 今回はGoogleでの検索結果でサイトのパフォーマンスを監視や管理できるツール Googleウェブマス...

しばらくしてGoogleウェブマスターツール(現在ではSearch Consoleに名称が変更されています)にアクセスしてみました。すると、あるブログで1件の警告を発見。

こんな感じです。

SimpliCity404エラーページをカスタマイズ1

クリックしてみますとHTTPステータスエラーがどうのとか。

サイトマップの URL のサンプルをテストいたしましたところ、HTTP ステータス エラーが原因で、Googlebot が一部の URL にアクセスできないことがわかりました。 有効な URL は、通常どおりすべて登録されます。

その右側にはエラーページのURLが表示されていました。

SimpliCity404エラーページをカスタマイズ2

試しにクリックしてみました。

SimpliCity404エラーページをカスタマイズ3

以前に記事を削除したのが404エラーになってweb上に残っているみたいです。

イマイチよく解りませんがこのままではSEO的に良くないみたいなのでこの 404エラーページをカスタマイズして行きたいと思います。

スポンサーリンク

404エラーページとは何か?

では、404ページとはどういう意味なのでしょうか?

我々は何か情報を知りたい時などインターネットで検索します。目的のページを見つけてクリックすると

「ページが存在しません 404 NOT FOUND 記事は見つかりませんでした。」

の表示が。この状態が404エラーページです。

このページがこんな状態になっている原因は

  • 以前はページとして活用されていたが、現在はそのページは削除されてしまっている。
  • URLを打ち間違えて表示された。
  • リンク切れページ(内部リンク)をクリックした。

このような原因が考えられます。

有益な 404 ページとは

  • ユーザーに対して、探しているページが見つからないことを明確に伝えます。親しみやすく魅力的な言葉を使用します。
  • 404 ページを、サイトのその他の部分と同じデザイン(ナビゲーションを含む)にします。
  • 最も人気のある記事や投稿へのリンクの他、ホームページへのリンクを追加します。
  • ウェブサーバーが実際の 404 HTTP ステータス コードを返すことを確認します。  引用元:Google

まとめますと

  • 404ページを検索ユーザーに対してページが見つからない事をやさしく伝えてね~。
  • 404ページは装飾しないで他の記事と同じ感じにしてね~。
  • 人気記事やトップへのリンクを作成しといてね~。
  • 実際にステータス コードを確認しといてね~。

とまあこんな感じなのではないでいょうか。

404エラーページをカスタマイズする方法

では実際にSimpliCityで404エラーページをカスタマイズして行きます。

親テーマの404テンプレートを子テーマのテンプレートにコピーする

まずはサーバーへログインします。わたくしはFUTOKAでレンタルサーバーを借りていますので、FUTOKAのサイトへログイン➝ファイルマネージャと続きます。

大容量・無制限・低価格レンタルサーバーFUTOKA


public_html➝404ページを作成するブログ➝wp-content➝themes➝simplicity-childと進んで行きます。

ページ左上の「New File」をクリックして新しいファイル「404.php」を作成します。

SimpliCity404エラーページをカスタマイズ4

404.phpファイルを右クリックして「Edit」をクリックします。そこに、SimpliCityの親テーマ内の404テンプレート(404.php)をコピーして貼り付けます。最後に右上の「Save」をクリックします。

SimpliCity404エラーページをカスタマイズ5


追記:FFFTPでSimplicity親テーマの404phpファイルをダウンロードして子テーマにアップロードする方法が簡単です。

画像とテキストを変更する

初めに、変更する画像をメディアにアップロードしておきます。

SimpliCity404エラーページをカスタマイズ3

ダッシュボード➝外観➝テーマの編集➝404テンプレートと進みます。

ここで3箇所を変更していきます。(クリックで拡大します。)

SimpliCity404エラーページをカスタマイズ4


①赤枠の””の中の画像を任意の画像に変更します。
②「ページが存在しません」の所を好きな文章に書き換えます。
③Topページへのリンクと誘導文に変更します。

こんな感じにカスタマイズしました。(クリックで拡大します。)

SimpliCity404エラーページをカスタマイズ5

変更後の404ページ

訪問者にページが削除またはURLが変更された事を伝えて、トップページへのリンクを表示しました。

SimpliCity404エラーページをカスタマイズ6

こんな感じでトップページへのリンクを挿入しました。

まとめ

SimpliCityの親テーマの404.phpファイルを子テーマにコピーするだけで初心者でもオリジナルの404エラーページが作成できてしまいました。こうする事で訪問者の混乱を防げますし、SEO的にも有効的なんではないでしょうか。

SimpliCityでは比較的難しいPHPやCSSをいじらなくて良いので初心者にも比較的簡単にカスタマイズが可能なテーマです。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です