Simplicityで特定の記事やカテゴリだけGoogleアドセンスを非表示にする方法

adsense-hide

どうも、ごりょんさんです。

今回はWordPressの無料テーマ simplicity

特定の記事やカテゴリだけGoogleアドセンスの広告を非表示にする方法

を紹介していきたいと思います。

ブログの記事を投稿するときに、Googleアドセンスのポリシーに違反するかもしれない記事を書くときがたまにあると思います。そんな時に、その記事だけアドセンスの広告が表示されない様にする事がSimplicityでは簡単に設定可能になります。

ワタシも最初はネットで検索したのですが、どれも「phpガー」とか出てきて「またややこしいphp関係かよ・・・」と嘆きました。しかしSimplicityのサイトで超簡単な方法が掲載されていました。

スポンサーリンク

Simplicityの記事IDの取得

いちばん初めは、Googleアドセンスを非表示にする記事のIDを調べて行きます。Googleアドセンスの広告を非表示にしたいページを表示させて「編集」をクリックして編集画面を開きます。

postID

記事のURLが表示されるので「post=○○○」ポスト右の数字をコピーもしくは記憶します。

postID②

ダッシュボードの「外観」➝「カスタマイズ」➝「広告」の「広告除外記事のID」に、先ほどのpost横の数字を入力、「保存して公開」ボタンをクリックします。

postID③

複数の記事を非表示にする場合は「,」(カンマ)で区切ります。

postID④

これで設定は終了と思いきや、もう1点設定する箇所があります。ワタシはこの設定をしなかったので、いつまでたっても広告が表示されて悩みました(笑)。

「カスタマイザーの広告除外設定を適用する」にチェックを入れる

ダッシュボードの「外観」➝「ウィジェット」から、Googleアドセンスの広告を貼り付けているウィジェットを開きます。ここでは「投稿本文中」にアドセンスのコードを記入しています。

ウィジェット

「パソコン用広告ウィジェット」を開きます。

ウィジェット②

「カスタマイザーの広告除外設定を適用する」にチェックを入れて「保存」をクリックします。

ウィジェット③

「モバイル用広告ウィジェット」も同様に行います。

1つのカテゴリーごと広告を非表示にする方法

次に、カテゴリごと広告を非表示にする設定です。

今度はカテゴリーIDを取得します。ダッシュボードから「投稿」➝「カテゴリー」と進みます。次に、非表示にしたいカテゴリーをクリックします。

カテゴリ

ID=の横の数字を記憶しておきます。

カテゴリ②

ダッシュボードから「外観」➝「カスタマイズ」➝「広告」の「広告除外カテゴリのID」に、先ほどのID=横の数字を入れて「保存して公開」ボタンをクリックします。

カテゴリ③

複数のカテゴリを非表示にする時は、先ほどの記事で行った方法と同じ「,」(カンマ)で区切ります。これでカテゴリ単位の広告の非表示設定がいつでも行えます。

Simplicityで特定の記事やカテゴリだけGoogleアドセンスを非表示にする方法のまとめ

今回は、Simplicityで特定の記事やカテゴリだけGoogleアドセンスを非表示にする方法を紹介しました。簡単に要約しますと、記事・カテゴリIDを取得して、「広告除外記事・カテゴリのID」欄に記入、「カスタマイザーの広告除外設定を適用する」にチェックを入れるだけです。

Simplicityの場合、phpとかを触らなくても簡単に広告のオンオフが出来てしまいますので、WordPress初心者には大変ありがたいテーマです。これでGoogleアドセンスの導入が容易になりますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です