AmazonFBAの返送/所有権の放棄依頼ファイルの書き方を詳しく解説

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法

こんんちは、こんばんは、ごりょんさんです。

AmazonFBAで商品を販売していますと、在庫の返送を依頼する事がたまにあると思います。

  • 返品があって販売不可だった
  • コンディションを変更して再出品したい
  • 長期在庫保管手数料の請求を避ける為
  • 価格破壊で売れても赤字になる

ほとんどがこの中にあてはまりますね。

1個だけなら簡単ですが、複数の在庫商品の返送を依頼する場合にどのようにすれば良いのでしょうか?

返送希望商品が多数ある時には、返送/所有権の放棄依頼ファイルを作成してAmazonにアップロードする方法があります。

今回は返送/所有権の放棄依頼ファイルの作成・アップロード方法を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

AmazonFBAで返送にかかる料金

まずはAmazonFBAで返送を依頼するに当たりいくら手数料を取られるのでしょうか。

小型・標準サイズ 大型サイズ
返送 51円 103円
所有権放棄 10円 21円

わたくしの場合はCD・DVD・本がメインですので大型商品はゼロですね。1つにかかる返送料は51円と言う事になります。

10個返送してもらって510円ですか、100個で5100円と数が増えると金額負担が大きくなりますね。

ではさっそく複数商品の返送依頼を行っていきましょう。

なお、返送依頼が少ない場合はこちらの記事で解説しています。

➝アマゾンFBAへ送った在庫商品を返送・所有権放棄する方法【重要】

返送依頼ファイルの作成

返送依頼商品が多数ある場合の流れとしましては

返送依頼ファイルのダウンロード

返送依頼ファイルに必要事項を記入

返送依頼ファイルのアップロード

こんな感じで実行していきます。

返送依頼テンプレートのダウンロード

Amazonセラーセントラル➝FBA在庫管理へ進みます。

「選択した0個の商品に適用」のドロップダウンメニューから「返送/所有権の放棄依頼を新規作成」を選択「go」をクリックします。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法2

「フラットファイルで返送(または所有権の放棄)依頼を作成」下の「ファイルをアップロードする」をクリックします。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法3

「テンプレートをダウンロード」をクリックします。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法4

ダウンロードされたファイルをエクセルで開きます。

いきなりなんだか分からないファイルが表示されました。英語で書かれていますので意味が分かりません(笑)。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法5

返送/所有権の放棄依頼を作成

ファイルのいちばん下の「返送/所有権の放棄依頼を作成」をクリックします。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法6

基本的にこのページに必要事項を記入する事になります。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法7

「データ定義」「サンプル」を参考にすると分かりやすいですね。

1.Merchant removalOderID

返送依頼に使用する注文IDになります。依頼した商品の追跡IDに使用します。このIDは商品ラベル・配送ラベルに印刷されます。

このIDは10文字以下の任意の英数字を記入します。早い話が好きな文字を書けば良いです。「123456789A」とか。

2.RemovalDisposition

商品の処理方法。return=返送。disposal=廃棄。

3.AddressName

氏名。例:山田太郎

4.AddressFieldOne

町名・番地。例:○○町1-1

5.AddressFieldTwo

ビル・マンション・アパート名。部屋番号。例:○○マンション101号室

6.AddressFieldThree

必要に応じて記入。ほぼ使わないかと。

7.AddressCity

市・区。例:大阪市

8.AddressCountryCode

国名。例:JP

9.AddressStateOrRegion

都道府県。例:大阪府

10.AddressPostalCode

郵便番号。例:○○○-○○○○

11.ContactPhoneNumber

電話番号。例:○○○-○○○○-○○○○

12.ShippingNotes

配送メモ。特に記入する必要なし。

13.MerchantSKU

返送を希望するSKUです。

セラーセントラル➝FBA在庫管理と進みますと左手に並んでいますのがSKUですね。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法8

SKUの記入方法は

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法9

00-xxxx-xxxのSKUに対して、販売可能な在庫を返送希望する場合はSellableQuantityが1、UnsellableQuantityが0と記入していきます。

記入がすべて終わりましたらタブ区切りのテキストファイル(.txt)で保存します。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法10

返送依頼テンプレートのアップロード

作成したtxtファイルをセラーセントラルへアップロードします。

ここでの注意点としましては、初めてアップロードする場合は1商品のみの返送依頼を作成、アップロードを試行せよとの事です。最初のアップロードが成功したら続けて商品を依頼します。

と言う事ですので返送商品1つだけのファイルを作成しました。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法11

セラーセントラルからアップロードを実行。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法12

あっという間にアップロードが終了、どうやら送信に成功したみたいです、エラーも無しでした。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法13

★依頼ファイルが正常に送信されてエラーが無いかを注文管理ページで確認します。

セラーセントラルから「注文内容の表示」をクリックします。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法14

すると先ほどの返送ファイルの作成で自分で考えて記入したMerchant removalOderIDが表示されていますのでクリックします。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法15

いつもならこのページは商品が売れた時に確認していましたが、今回は「返送/所有権の放棄依頼の詳細」として表示されました。

「依頼済み」になっていますので返送リクエストは成功した模様です。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法16

テストも成功しましたので、残りのファイルもアップロード、無事成功しました。

結局156個もの返送をリクエストしました。

AmazonFBA複数商品の在庫一括返送方法17

まとめ

156個もの商品の返送依頼リクエストをしますと通常は51円×156個=7956円もの大金を請求されることになります。

しかしAmazonFBAでも在庫過多の傾向にあるみたいですね。

Amazon.co.jpでは、2016年9月15日より、日本国内のフルフィルメントセンターに保管されているFBA在庫を対象に「返送/所有権の放棄依頼」の手数料を無料にするプロモーションを提供しております。出品者様には、2016年9月15日付けで、「FBA在庫の返送/所有権の放棄手数料の無料プロモーションを実施」との件名で、ご案内しております。プロモーション終了日直前は多数の依頼を頂く可能性があるため、放棄依頼の処理に通常の14日間より長くかかることが予測されます。ぜひお早めにご依頼ください。

【プロモーション実施期間】
2016年9月15日~2016年10月14日
※以降は通常の返送/所有権の放棄依頼の手数料が適用されます。

なんとかギリギリ間に合いました(笑)。

今回は手数料が無料と言う事で、思い切って価格破壊で1000円以下になってしまった商品や、ランキング下位の売れそうもない商品をまとめて返送依頼を申し込みました。

帰ってきた商品はヤフオクでまとめて出品するつもりです。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です