amazonの全商品送料無料が終了2000円未満の商品は送料350円プラスに

アマゾン送料350円0.1

どうも、ごりょんさんです。

amazonが4月6日から送料を改定して、1配送合計額が2000円未満の商品には350円の配送料がかかる事になりました。

Amazon.co.jpが発送する商品のご注文金額(ギフトラッピング費など手数料およびAmazonギフト券を除いた商品小計)が2,000円(税込)以上の場合は通常配送料は無料ですが、満たない場合には配送料として350円がかかります。複数のお届け先を指定された場合、1配送先ごとの注文金額が2,000円(税込)以上の場合に、通常配送料が無料となります。

今までならCDですと最安値は大体351円でしたが、これからは送料を取られますので351円+350円=751円かかる事になります。

同じCD1枚購入するのに、自己発送が351円に対してFBAは751円という倍の差が出てくることになります。これではFBAのメリットは全くないと言っても過言ではありませんね。

ただ、書籍&Amazonギフト券だけは例外のようで、何故か送料は今まで通り無料のようです。

Amazon.co.jpが発送する書籍及びAmazonギフト券については全商品につき配送料無料です。

今回の価格改定でFBA出品者の今後はどうなって行くのでしょうか?

スポンサーリンク

amazonの全商品送料無料が終了でFBAの料金体系はどうなる?

わたくしは自己発走は利用した事がありません。アマゾンFBAに丸投げで商品を販売しています。

送料無料時と現在の2000円未満で送料350円がかかるようになってからを比べてみますと。

アマゾン送料350円1

昨年に比べて売り上げ個数自体が減っていますので何とも言えませんね。せめて月商10万円を目標にしているのですがなかなか(笑)。

amazonプライム会員とは?

amazonで2000円未満の商品を送料を払わずに購入するにはamazonプライム会員になる必要があります。

Amazonプライムについて Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、さまざまな特典を受けられる会員制プログラムです。 Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。

年間3900円払うと送料が無料になるほか、当日お急ぎ便やお届け日指定便も無料で利用出来るサービスです。

関連記事→複数回利用可能なamazonプライムの無料体験の登録方法と退会方法

amazonプライム会員の入会特典

amazonプライム会員の入会特典について調べてみました所、かなりお得なサービス内容になっていました。

送料無料

プライム会員以外の人が2000円未満の商品を購入すると350円の配送料を取られますが、プライム会員は無料になります。

アマゾン送料350円2

1か月に1回アマゾンンで商品を購入する人や、当日お急ぎ便をよく利用する人にはお得なサービスですね。

家族会員の登録

プライム会員の登録者以外に家族会員として2人まで登録できます。という事は一家で3人までプライム会員の特典を受けられる事になりますね。

プライム会員限定先行タイムセール

アマゾンでのタイムセールの商品を通常よりも30分速く注文できるという事らしいです。タイムセールは利用したことが無いのですが、これはお得ですね。

プライム・ビデオが見放題

映画やTV番組が無料で見放題になります。

Prime Musicを追加料金なしで楽しめる

100万曲以上の音楽を無料で楽しむことが出来ます。

その他

  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • Amazonパントリー
  • Amazon定期おトク便のおまとめ割引
  • プライム・フォト
  • Kindleオーナーライブラリーの利用

とお得なサービスが沢山利用できることになります。

Amazonプライム会員と非会員と自己発送の販売価格の違い

では、Amazonプライム会員と非会員と自己発送では2000円未満の品物を購入した場合、最終的にいくら払えばよいのでしょうか?

1000円の商品を購入した場合を例に取って見ます。

いままでなら自己発送もFBAも1000円で対等でした。

アマゾン送料350円3

FBAは送料無料ですので丸々1000円の値段設定が可能でした。

一方の自己発送は350円の送料がかかりますので、商品そのものは650円で設定しないとFBAと同額になりませんでした。

ただ、自己発送の場合は送料分の金額はアマゾンから貰えますので、実際の売り上げは1000円という事になります。

まあここからアマゾンへの手数料と発送費がかかるのですが。

2000円未満の商品に配送料がかかるようになりまして料金体系がどう変わったかと言いますと、

 自己発送FBAプライム会員FBA非プライム会員
商品代金650円1000円1000円
配送料350円0円350円
合計金額1000円1000円1350円

自己発送とプライム会員は今まで通り1000円ですが、FBAの非プライム会員は1350円になり一番高くなりました。

いくらアマゾンブランドのFBAでも、同じ商品が350円も高ければ自己発送に負けてしまいますね。

まとめ

今のところ、350円のハンデを跳ね返す唯一の方法は、2000円以下の商品をFBAに送らない事が一番だと思われます。

2000円を少し下回る商品などは、2000円に価格を設定して、アマゾンポイントで値引きをするなどして対応して行く方法などがあります。

例えば、

アマゾン送料350円4

上のセラーですと商品代金は1954円ですが2000円未満の為、配送料が350円かかりますので、実際に購入者が支払う代金は1954+350=2304円という事になります。

一方で下のセラーは商品代金は2000円と上のセラーよりも46円割高ですが、2000円を超えていますので送料が無料になり実際に支払う代金は2000円で済むことになります。

しかし値上げするのは見た目にも印象が悪いですので、その分アマゾンポイントで値引きしてやります。こうする事で最低価格を付けているセラーよりも安く出来る事に。

しかしこの方法の欠点は非プライム会員にしか通用しない事ですね。

プライム会員は確実に安い方を選びます。

アマゾンのプライム会員の割合がどれくらいか分かりませんので何とも言えませんが、今現在ではこの方法が一番マシな販売方法かと思われます。

しばらくは2000円以上の商品だけをFBAに送って様子を見るしかないですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です