Galaxy S6 edgeのカメラの性能が凄すぎ!クイック起動0.7秒

Galaxy S6 edgeのカメラ性能

こんにちは、こんばんは、ごりょんさんです。

今回はわたくしの愛用していますスマートフォン Galaxy S6 edgeのカメラ機能についてのレポートをお届けします。

最近のスマホはどんどんカメラの性能が上がってきていますね。もはやデジカメを購入しなくてもスマホが1台あれば足りるようになりました。

しかしいくらスマホのカメラ性能が素晴らしくても使いこなせなければ意味がありません。

そこで勉強の意味をかねてGalaxy S6 edgeのカメラ性能がどれだけ凄いのかを確認する事にしました。

スポンサーリンク

Galaxy S6 edgeとはどんなスマホ?

飼いヌコ
いったいGalaxy S6 edgeってどんなスマホなのかな?

Galaxy S6 edgeはサムスン製スマートフォンで2015年夏に発売されました。Galaxy S5の後継機種ですがゼロから開発を見直したそうです。

それまではスマホと言えばiPhone5のように小ぶりなものが主流でしたが、Galaxy S6 edgeは全体が大きくなって画面が見やすくなりました。

飼いヌコ
ワイドな画面で見やすいですね!

しかし重量は約133グラムと超軽量になっています。と言う事で本当に133グラムなのか測ってみましたところ、これがピッタリ133グラム!

Galaxy S6 edgeのカメラ性能2

ちなみにiPhone 6sは164グラムとGalaxy S6より30グラムほど重いです。

Galaxy S6 edgeのカメラ性能3

飼いヌコ
軽さだけは勝ちましたね、人気では負けていますがw

しかしよく似ていますね、ボタンが同じだったら見分けがつきません。

Galaxy S6 edgeのカメラ性能1

Galaxy S6の方が少し薄型ですね。

Galaxy S6 edgeのカメラ性能4

まあiPhoneとの比較はこれくらいにして、本題のGalaxy S6 edgeにはどういうようなカメラ性能が備わっているのか調べていきましょう。

F値1.9でリアもフロントも明るい

最近のスマホのカメラには自撮り機能が備わっています。当然Galaxy S6 edgeにも装備されています。

フロントカメラとリアカメラという呼び名が付いています。

フロントカメラ

Galaxy S6 edgeのカメラ性能5

リアカメラ

Galaxy S6 edgeのカメラ性能6

光を効率よく取り込むF値1.9のデュアルブライトレンズを採用、暗闇でも明るく撮影が可能になりました。

icon-question F値とは?

レンズを通過する光の量を調節する部分「を絞り」と呼び、F値という量で光の数値を表す。F値の数字が小さいほど光を多く取り込むために明るく撮影できる。

と言う事で昼間の室内で電気を消して、窓から入る光だけの暗闇状態で撮影してみました。

電気なし室内撮影

Galaxy S6 edgeのカメラ性能7

電気あり室内撮影

Galaxy S6 edgeのカメラ性能8

飼いヌコ
うーむイマイチよくわからないが明るく撮れてるのかな?

光学式手ブレ補正

リアカメラには光学+電子手ブレ補正機能のスマートOIS機能が搭載されています。

手ブレ補正といいますと、デジタルビデオカメラではセールスポイントの1つになっています。Galaxy S6でもリアカメラに光学式電子手ブレ補正OIS(optical image Stabilizer)が搭載されていますので、画質を落とさずに撮影が可能になります。

ちなみにフロントカメラはデジタル式です。

走行中の自動車を撮影しました。

Galaxy S6 edgeのカメラ性能12

飼いヌコ
これは!まるで停車しているみたいですね。

カメラを起動させるまでわずか0.7秒と超高速!

普通はカメラアプリをクリックして起動させますがGalaxy S6 edgeはホームボタンを2度押しするだけの高速起動が可能です。

Galaxy S6 edgeのカメラ性能10

0.7秒と言いますから1秒かからないですね。

飼いヌコ
ほんとかな~

またまた試してみました。

飼いヌコ
速っ!これならシャッターチャンスを逃しませんね。

明るくなった状態を画面でリアルタイムに確認してから撮れるHDR

HDR=ハイダイナミックレンジ

日本語ではハイダイナミック合成ですね。明るさの違う3枚の写真を撮影してデジタル合成するわけですね。Galaxy S6 edgeではリアルタイムで明るくなった画面を見ながら撮影できる事が可能です。

飼いヌコ
ほう!明るくはっきりと撮影できる訳ですね。

1600万画素数のリアカメラを搭載

1600万画素と言う事は、1600万個の点(ドット)が集まってできている状態になります。ちなみに今現在の一般的な安価のビデオカメラの総画素数は250万画素ほどです。

Galaxy S6 edgeで写真を撮影する時には6段階の切り替えが可能になります。

Galaxy S6 edgeのカメラ性能13

飼いヌコ
1枚撮影しただけで16MB!こんなものはブログにアップできませんね。

16M(16:9) 5312×2988 1587万画素
12M(4:3) 3984×2988 1190万画素
8.9M(1:1) 2976×2976 885万画素
8.0M(4:3) 3264×2448 809万画素
6.0M(16:9) 3264×1836 665万画素
2.4M(16:9) 2048×1152 235万画素

Galaxy S6 edgeのスペックを見てみますと、解像度が2560×1440となっていますので掛け算で3686400。約368万画素ですので、それ以上の画素数で撮影してもスマホでは見え方は同じになります。

ブログにアップする程度でしたらいちばん下の2048×1152でも大きすぎるくらいです。

飼いヌコ
何だ大きすぎても駄目なのね。

一方でこれがGalaxy S6 edgeの動画サイズの設定画面です。

Galaxy S6 edgeのカメラ性能11

UHD 3840×2160 ウルトラHD 4Kとも呼ばれる
QHD 2560×1440 WQHD
FHD(60fps) 1920×1080 フルハイビジョン 1秒間に60枚の静止画で構成。
FHD 1920×1080 フルハイビジョン
HD 1280×720
VGA 640×480 ビデオ グラフィックス アレイ

Galaxy S6 edgeは4K(3840×2160)での動画撮影にも対応しています。しかし4K対応のテレビやパソコンでないと4K映像を見れないですね。

飼いヌコ
UHDは4K動画か、知らなかったな~

撮影後に背景をぼかして一眼レフのような写真が作成できる選択フォーカス

被写体を浮き上がらせるために背景をボケさせる作業です。逆に被写体をボケさせる事も可能です。

飼いヌコ
どゆこと?

「選択フォーカス」モードで撮影した写真は、後からギャラリーで3段階の焦点の変更をする事が出来ます。

短焦点 みかんに焦点を合わせています。

Galaxy S6 edgeのカメラ性能14

遠焦点 キーボードに焦点を合わせています。

Galaxy S6 edgeのカメラ性能15

パンフォーカス 全体に焦点を合わせています。

Galaxy S6 edgeのカメラ性能16

飼いヌコ
すげー

立体的な写真が撮れるバーチャルショット

この辺になりますとジョーク的になってきますね(笑)。これは何か活用法があるのでしょうか?

飼いヌコ
うーむ、だから何って感じだなw

手のひらと声で撮影できるフロントカメラ

「チーズ」「スマイル」「撮影」としゃべるだけでシャッターを自動で切れるという優れものです。

しかし手のひらをかざしただけで撮影できるという事でしたが、うまくいきませんでした(笑)。

Galaxy S6 edgeのカメラ性能17

飼いヌコ
全然知らなかったな~ 便利な機能満載ですね、こりゃ使わなければ損だ。

まとめ

今回はGalaxy S6 edgeのカメラの性能を調べていきました。写真や動画の画質については申し分ないですね。

光学式手ブレ補正や声掛け撮影なんかは、繁盛に使用するかもしれません。個人的にはクイック起動がいちばん便利な使い方ですね。

Galaxy S7 edgeが発売されましたが、Galaxy S6 edgeはまだまだ現役バリバリで使える機種といえます。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です