Search Consoleを使いブログ投稿後すぐにインデックスさせる方法

googleインデックス

どうも、ごりょんさんです。

このブログも移転してからだいぶ経ちました。お蔭様でつまらない内容にもかかわらず1日わずかながらもアクセスがあり嬉しい事です。

ブログ移転当初はアクセスがありませんのでどうやってアクセスを増やすかを考えていました。アクセスを延ばす一番の近道は良質な記事をより多く投稿する事につきますね。

わたくしのもう1つの競馬ブログなんかは特殊部門になりまして、競馬の開催日の前日金曜日からアクセスが増えだしまして、日曜日でパタッと止まってしまいます。

翌日の月曜日から木曜日までは閑古鳥状態が続きます。日曜と月曜の落差が凄いですね(笑)。

インデックス1

なので記事を投稿したら即検索に載ってもらわないと意味がない事になります。

そこで、ブログに新規記事を投稿したらすぐにGoogleの検索にインデックスさせる方法を解説していきます。

スポンサーリンク

ブログを投稿した直後に検索サイトにインデックスしてもらう方法

ほんの1.2分の手間で終わりますので記事投稿後は是非実行しておきたいですね。

まずは新規投稿記事ですね、これが無いと始まりません。今からブログの新しい記事を公開します。

379

このブログの記事URLをコピーしておきます。

インデックス2

ためしにGoogleにインデックスされているかテストしてみましょう。

Googleの検索窓に先ほどコピーしたURLを貼り付けます。その頭に「site:」を足して検索してみます。

site:http://11874.click/forgot-watchword-of-rakuten-bank

しかしそのままではすぐにGoogleの検索にはインデックスされません。

インデックス3

Search Consoleからリクエストを申請する

しばらくすると勝手にインデックスされると思うのですが、競馬ブログの場合はそんなに呑気に待てませんので強制的にGoogleにインデックスをしてもらいます。

Google Search Consoleを使って申請していきます。

関連記事➝WordPressのテーマSimplicityでのGoogle ウェブマスターツールの登録方法

まずはGoogleにインデックスしてもらうブログURLをクリックします。

インデックス4

左側のメニュー一覧からクロールの項目を開きFetch as Googleをクリックします。

インデックス5

インデックスをしてほしいブログ記事のURLの

http://11874.click/forgot-watchword-of-rakuten-bank

青枠の部分を貼り付けて取得をクリックします。

インデックス6

すると先ほどの下にインデックスに送信という項目が表示されますのでクリックします。

インデックス7

ロボットではありませんにチェックを入れてこのURLのみをクロールするを選択し送信ボタンをクリックします。

インデックス8

ちなみに、このURLと直接リンクをクロールするを選択しますとリンク先までクロールしてくれるそうです。

しかしリクエストには限りがありまして

  • このURLのみをクロールする    月500回
  • このURLと直接リンクをクロールする 月10回

と制限があります。

話は戻りますがこれで一応リクエストが受け入れられました。

インデックス9

先ほどのGoogleの検索窓で、もう一度URLを貼り付けて検索してみますと無事にインデックスされていました。

インデックス10

まとめ

今回の裏ワザ的方法はブログを起ち上げたばかりの時期では効果が無い事もあります。

わたくしのこのブログも起ち上げの頃からクロールを依頼してきましたが、最初はすぐにはインデックスされませんでした(笑)。

しかし記事数が増えていくにつれて申請するとすぐにインデックスされるようになりました。結論的にはある程度の記事数が必要になってきますね。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です