ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

あなたはブログで写真などの画像を使用する時、どのような方法を取っていますか? ワタシはフリーの画像サイトからダウンロードして使用しています。間違ってもネットに転がっている画像を拾ってきて掲載すると、Googleアドセンスのポリシー違反になります。

ワタシは料理ブログも運営していますが、料理の写真なので、当然自分で撮影します。その写真をブログにアップするのですが、今回はブログにアップする写真にコピーライトをつける方法を紹介したいと思います。

自分で撮った写真ですので、当然著作権はワタシにあります。他人に転用されないためにも 著作権を明記しておく必要があります。WordPressを使用しているのでプラグインを使えば簡単ですが、今回は Watermark.wsという海外のサイトを利用していきます。

スポンサーリンク

コピーライトとは?

コピーライト(Copyright)とは著作権を意味します。分かりやすく言うと、テレビの歌番組では 歌手が唄っていますが、作詞・作曲者のテロップが流れますね。曲名に対して 作詞者の著作権、作曲者にも著作権があります。言うならば、特許権・商標権と同じ 知的財産権のひとつになります。

しかし 現在の日本は、「ベルヌ条約」に加入していますので、例えばワタシが写真を撮ってブログにアップした時点で、自動的に著作権が発生します。ですから コピーライトを表示させなくても良いのですが、「勝手に使用しないでね」という意思表示のためにも コピーライトを明記させるのですね。

コピーライト(Copyright)の書き方

では実際にコピーライトはどのようにして書けばよいのでしょうか?当ブログにもコピーライトが明記されています。

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

今まで全く気が付きませんでした。今ごろ気が付きました(笑)。Simplicityの製作者さんには申し訳ないですが、不要な部分が多いですね。

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

まず、Copyrightと©は同じ意味になります。(c)も同じです。なので、©ひとつあれば良いです。ちなみに©の書き方ですが

と打ち込めば ブラウザに©と変換されます。

©とサイト名の間に年号が入ります、サイトの公開年号を明記する必要があります。最後の「All Rights Reserved.」ですが、訳しますと「全著作権所有」となります。フリー素材サイトの画像等を使用している場合は、この表記はマズいですね。という事で「All Rights Reserved.」は必要ありません。

結局コピーライトの明記に必要なのは

  • ©(Copyright表記)
  • 著作権の発行年号
  • 著作権者のサイト名or氏名

この3点でOKです。この方がシンプルで良いかもしれないですね。

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

という事で、当ブログも早速コピーライト明記を修正しました。

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

修正方法については、Simplicityの製作者の わいひらさん がブログで説明されています。

Watermark.wsの使用方法

それでは Watermark.wsを使って画像にコピーライトをつけていきます。

最初に Watermark.wsサイトにアクセスします。 https://www.watermark.ws/

「Get Started Free」をクリックします。

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

アカウントの登録を要求されますので、メールアドレスと任意のパスワードを記入して「Continue」をクリックします。yahooのフリーメールで登録を試みましたが不可でしたので、Gmailで登録しました。

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

「Select from Computer」をクリックして パソコン内のコピーライトをつけたい画像をアップロードして行きます。

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

アップロードされた写真にマウスカーソルを当てると、「Edit」ボタンが表示されるのでクリックします。

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

画像が読み込まれて編集画面が表示されますので、いちばん左の「Text」をクリックして表記したいコピーライトを記入します。ただし、日本語入力は不可です。

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

左の編集ツールで自分好みにカスタマイズしていく事が出来ます。カスタマイズを終了してパソコンにダウンロードする方法は、FINISH➝FINISH➝SKIP➝DOWNLOADで、最後に保存をクリックして完了です。

結局こんな感じになりました。あまり目立つことなく、写真の雰囲気を壊さすにするには、こんな感じでしょうか?

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

「この写真は自分の物ですよ!」と派手にアピールする時はこんな感じに(笑)。

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

「Text」の隣の「Logo」を使えば任意の画像を挿入することができます。「Logo」➝「Import Logo」と進み、任意の画像をアップロードします。後は先ほどと同じようにカスタマイズして行きます。

ブログ画像にプラグインなしでコピーライトをつける方法【Watermark.ws】

Watermark.wsまとめ

今回はプラグインなしでブログ画像にコピーライトをつける方法として、Watermark.wsの基本的な使い方を紹介しました。なお、Watermark.wsは一度に5枚まで編集できます。

注意点としては、日本語のテキストは挿入できませんので、ブログ名が日本語の場合は、ロゴ等を製作して挿入する必要があります。ロゴの製作となると 少しハードルが高くなりますね。

自分で作成した作品の写真等をブログにアップする際に、コピーライトを表記しておけば何かと安全ですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です