マイナンバーのメリットやデメリットを素人なりに分かり易く解説してみた

マイナンバー

どうも、ごりょんさんです。

先日マイナンバーの入った封筒が届きました。来年2016年の1月から始まるマイナンバー制度。ついに日本国民にも1人1人個別番号が割与えられて24時間監視されるのか!これはけしからん!とか思っちゃいますね(笑)。

まあ我々一般庶民には「マイナンバーだぞ大切に保管しておけよ。」と国家に与えられても、「ハア?マイナンバー?なんだそれ?いつ使うの?」くらいにしか思えないのが現実です。

そこでマイナンバーのメリットやデメリットを初心者のわたくしが出来るだけ分かり易い様に説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

マイナンバー制度って何?どういう仕組みなの?

マイナンバー制度について小学生でもわかる(ウソです)ように解説しちゃいます。

マイナンバー制度とは?

そもそもマイナンバーとはどういう物なのでしょうか?

マイナンバーとは?

マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関が保有する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。 引用元:総務省

う~む、難しい。もっとやさしく説明してもらえませんかね、お堅い役人さんの説明はちょっと・・・

もう少し分かり易く解説しますと

今までは社会保障や災害補償、税金と言った物はそれぞれ市役所や税務署や年金事務所が独自で我々の個人情報を管理していました。

しかしマイナンバーが導入される事によって役所間での書類のやり取りや確認作業と言った事が省略可能になります。

マイナンバーの主な目的は?

マイナンバー制度の目的は

公的機関の番号を一元化する事により行政の効率化を図って国民の利便性を向上させる。

という事だそうデス。

マイナンバー制度の対象者は?

では、マイナンバー制度はどういった人々に適用されるのでしょうか?

日本国内に住民票を持つすべての人に12ケタの番号が記載されたカードが郵送されて来る。

10月5日から一斉に制度がスタートされました。すべての日本国民、赤ちゃんからお爺さんお婆さんに至る全国民と日本に在住している外国人に12ケタの番号が送付されます。

ここで質問、「なぜ外国人にマイナンバーが送られるの?」

答え

原則的にマイナンバーの通知範囲は、日本で暮らしている人に与えられます。中長期在留者や特別永住者等の外国人にマイナンバー制度が適用されます。

外国に籍があっても日本に住民票があればマイナンバー制度の対象になります。ただし、観光ビザで来日した外国人旅行者は適用外になります。

ここがイマイチよくわかりませんが、外国人がなせ日本で住民票が必要になるのでしょうか?

icon-question 住民票とは?

その住民がどこに住んでいるのかを証明するもの。

単なる住所を証明するものだそうですね。国籍や戸籍とは別の物と言う事のようです。

マイナンバーで出来る事。

2016年1月から運用されるマイナンバー制度。まずは3つの分野で使用されます。

  • 社会保障
  • 災害対策

社会保障

普段我々は仕事をしていますので会社の保険に加入しています。たまたま仕事とは関係なく(勤務外)怪我をしてしまっても傷病手当金という形でお見舞金が支払われます。

マイナンバー制度施行前: 保険者(全国健康保険協会)に申請書を提出するために市役所にGo!⇒市役所で課税証明書を取得⇒会社にGo!⇒会社で源泉徴収票を取得⇒保険者に申請書を提出⇒傷病手当金Get!

マイナンバー制度施行後: 保険者(全国健康保険協会)にマイナンバーを記入した申請書を提出。⇒傷病手当金Get!

12/20訂正 すべての行政手続きが簡単になる訳ではありません。傷病手当金を申請するのに必要な情報はマイナンバーと関連付けが出来ない事が分かりました。

間に行っていた自分で書類を取得・申請と言った事が省略されます。

これは我々にとって、ありがたい事ですね。

今回のマイナンバー制度最大の目的「不正を無くす」

今後我々は2018年以降銀行の預貯金口座へのマイナンバーの任意登録を求められます。2021年以降には登録義務化が予定されています。

と言う事は?

すべての銀行口座へマイナンバーを登録しますと

税務署に自分の収入や預貯金等、把握されると言う事になります。

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

日本の年間の脱税額(2014年)は約150億円。しかしこれは全体の会社の3%にしかすぎません。これをマイナンバーで国税局が管理するようになりますと

推定6兆6000万円の脱税額になるそうです。

わたくしには脱税するような収入はないのですが(笑)。銀行口座の中身まで把握されるとなるとちょっと引きますね。

災害対策

突然地震等災害が起こった場合に被災者に対し国から支援金が支持払われるのですが、マイナンバー制度ではマイナンバーから銀行口座が分かり生活支援が必要な被災者にスムーズに支援金が給付されます。

注:マイナンバーを覚えておかなければなりません。

その他の使い方

送られてきたマイナンバーはただの番号だけなので、自分の住む市町村へ行って個人番号カードを申請します。すると写真やICタグのついた身分証明や様々なサービスに利用できる個人番号カードが貰えます。これで自分自身の証明が出来るわけです。

レンタルビデオ屋さんの会員証もこれ1つで作れちゃいます。

マイナンバー制度は世界の国々では利用されているの?

マイナンバー制度が導入されている国はと言いますと

アメリカ、カナダ、オーストラリア、韓国、台湾、中国、タイ、インド、シンガポール、アイスランド、イギリス、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、エストニア、デンマーク、ドイツ、イタリア、ベルギー、オランダ

たくさんの国々で活用されているようです。

ちなみにアメリカでは「社会保障番号」、イギリスでは「国民保険番号」、イタリアでは「税務番号」と呼び名も各国さまざまです。

マイナンバー制のメリット

マイナンバー制を導入するにあたりどういうメリットがあるのでしょうか?

我々の暮らす社会は公的機関の番号であふれ返っています。

  1. 基礎年金番号
  2. 納税者番号
  3. 住民票コード
  4. 雇用保険被保険者番号
  5. 健康保険被保険者番号
  6. 運転免許所番号
  7. パスポート番号
  8. 預金口座番号

これだけたくさんの番号が!しかもそれぞれの役所がそれぞれの番号を管理している訳です。

これが全部統一の番号で管理される事になります。

行政側から見ると国民1人1人を把握し易くなります。

マイナンバー制度の疑問ドッチやねん

Q.生まれたての赤ちゃんにも与えられるの?

A.はい、出生届を提出し住民票を作成したのちに届きます。生後1か月以内には届くそうです。

Q.この番号気に入らへんわ、ちょっと変えてくれる?

A.いいえ、原則的に番号変更はできません。あなたの番号は一生この番号です。ただし、番号が流失して悪用される可能性が高い時には複雑な手続きをすれば変更は可能です。

Q.マイナンバーは夫や子供には教えても良いですよね?

A.いいえ、原則的に家族間でも教えてはいけません。

マイナンバー制のデメリット

マイナンバー制導入は良い点だけではありません、当然問題点もあります。

  • 国民のプライバシーの侵害。
  • 情報の漏えいのリスク

国民のプライバシーが侵害される可能性は?

これについては、マイナンバーだけでなく色々な日常生活でもそういった危険性はあります。

例えばレンタルビデオの会員証を作る時に住所や氏名と言った物を記入しますが、この個人情報を管理するビデオ屋の店員に我々のプライバシーを侵害される可能性があります。

ネットで商品を購入したりするときも同じようの可能性がありますが、これは仕方がな事と割り切るしかありません。購入先の店を信頼するしかないですね。

マイナンバーの個人番号カードには、病歴や税、年金の情報などのプライバシー制が高い情報は一切入れない事になっていますので、その点は心配しなくて良いみたいです。

情報の漏えいのリスクが大きいのでは?

他人の個人番号カードを取得したら、その本人になりすませる事が出来るかもしれません。

例えばわたくし(ごりょんさん)の高校時代の同級生で親しくしていた友達Aに、話しの流れでわたくしのマイナンバーを教えてしまったら・・・その他に住所氏名生年月日を知られていたら・・・

その友達Aは市役所に駆け込みわたくしの個人番号カードを申請します。そのカードは郵便書留で配達されますので友達はずっとわたくしの家の郵便受の前で待っています。

書留には本人確認が必要です。配達された個人番号カードにはわたくしの名前と住所は本物なのですが、顔写真は友達Aの顔で撮影されてますので郵便配達の人に個人番号カードを見せればカードの顔写真と実際に目の前にいる友達Aの顔が同じなので、配達の人は信用しAに個人番号カードを渡してしまう可能性が出てきます。

個人番号カードをゲットし友達Aはその足で消費者金融に行きます。個人番号カードを見せてお金を借りまくります。するとわたくしは知らないうちに莫大な借金を背負わされてしまいます。こういった事が実際に起こってしまう可能性もあります。

12/20訂正

  • 個人番号カードは本人確認が必要なので他人が成り済ます事は出来ません。
  • 郵便でカードを受け取る時も本人確認必要になります。

マイナンバーまとめ

マイナンバー制度の導入によって公的機関の番号が統一されて結果的に行政がより効率化されて我々国民の利便性が向上されます。

銀行の預貯金口座へのマイナンバーの登録が義務化されて脱税防止に繋がります。

マイナンバー制度導入後に詐欺にあわない為には?

  • マイナンバーは他人には教えない!
  • 個人番号カードは必ず取得すべし!

※マイナンバーはいくら親しい友人にも教えてはいけません。

※個人番号カードを作成しておくとなりすましと言ったような被害を受ける可能性が低くなります。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です