MySQLのデータベースを最適化するとブログは高速化するのか実験してみた

MySQLを最適化1

どうも、ごりょんさんです。

今回はMySQLのデータベースを最適化してやると果たしてブログは高速化可能なのかという事を実験してみました。

最近やけにブログが重く感じる様になりましたので、ブログ高速化を実行している毎日です。

生憎WordPressに詳しくないわたくしは、ネットで検索しながら試行錯誤して何とか設定等を行っています。

ブログ開設初期はSimplicityの本家の記事を参考にしてコピペ1発で高速化が実現できました。

しかし記事や画像が増えるにつれてサイト表示に時間がかかるようになりました。

.htaccessにコピペしました方法も効果が無くなってきましたので、画像のサイズを減らしたりプラグインを入れてみたりしていますがイマイチ効果がありません。

PageSpeed Insightsでサイトスピードを測りますと、トップページではまずまずの数値になりました。

スマホ

MySQL最適化1

パソコン

MySQL最適化2

赤色が修正が必要な項目です。2点ありました。

この赤色の項目を修正していきたいのですが、WordPressの知識が無いわたくしには何処をどうして良いか分かりません。

スポンサーリンク

スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する

何やら難しそうな文章ですがね。もう少し分かりやすく書いてくれたらいいのに(笑)。

icon-question レンダリングとは?

コンピューターがページを読み込む事。

つまり、ブログの記事が表示される時にJavaScriptやCSSの読み込みが優先されてしまい記事の表示が遅くなってるという意味です。

このJavaScript/CSSを排除してページの表示速度を速くしてくださいって事ですね。

「修正方法を表示」を開いてみますと

MySQLを最適化4

このページには、ブロッキング CSS リソースが 3 あります。これが原因で、ページのレンダリングに遅延が発生しています。

実はこれはすでに対策済みです。プラグインAutoptimizeを導入する事によって大方のJavaScript/CSSを排除できました。

Autoptimizeを有効化する前のPageSpeed Insightsでは32という数字でした。

MySQLを最適化3

32➝3に減りましたのでPageSpeed Insightsの数値も60➝66に改善されました。残りの3つは今の段階ではどうする事もできませんので放置する事に。

サーバーの応答時間を短縮する

続いての修正項目です。サーバーの応答時間を短縮せよとの事ですが、何の事なのでしょうか?

サーバーの応答時間は 200 ミリ秒以下に減らす必要があります。

200ミリ秒とは0.2秒の事らしいですが・・・

MySQLを最適化5

サーバーと言えば一般的にレンタル(共有)サーバーの事ですね。共有となってますのでいわばアパートみたいなものですね。

例えますと、アパートの住人の1人がたくさんゴミを捨てますとゴミ捨て場の大きさは決まっていますので、他の住民がゴミを捨てるスペースが少なくなります。

共有で使っているサーバーの誰か1人のサイトのアクセスが多いと他の人のサイトが遅くなる可能性があるという事になります。こればかりは自分ではどうしようもないですね。

その他の方法でサーバーの応答時間を短縮できないものかとネットで調べると何やら簡単そうな方法を発見しましたのでためしに実行してみました。

MySQLデータベースのオーバーヘッドを最適化する方法

icon-question MySQLとは?

MySQL=マイエスキューエル。世界で最も利用されているデータベース管理システム。オープンソースなので無償(商用利用不可)で利用できる。

MySQLのデータベースを最適化してやる方法です。パソコンで言う所のデフラグですね。

レンタルサーバーのサーバーパネルにログイン

わたくしはFUTOKAでサーバーを借りていますので、FUTOKAのサーバーパネルにログインします。

MySQLを最適化6

データベースの項目の「phpMyAdmin」をクリックします。

MySQLを最適化7

左の項目の下の+をクリック。

MySQLを最適化8

するとサブドメインがたくさん現れました。

MySQLを最適化9

データベースを最適化するサブドメインを探す

番号が1~11まで並んでいますが、当サイトがどれかと言いますと、左の+をクリックしてwp_termsと進みますと真ん中にカテゴリーが出てきますので見分けがつきます。

MySQLを最適化10

wp8が当ブログと判明しましたのでサブドメインをクリックしますと目的のデータベースが表れました。

このいちばん右のオーバーヘッドの数字が大きければ大きいほどゴミ(未使用領域)が貯まっているという事になります。

MySQLを最適化11.1

「オーバーヘッドのあるテーブルを確認する」をクリックするとオーバーヘッドに数字がある項目だけ選択されますので、右側の「チェックしたものを最適化する」選びます。

MySQLを最適化13

正常に実行されました。OK牧場です。

MySQLを最適化14

先程のページに戻っていますとオーバーヘッドの数値が35.3MiB➝248バイトになっていました。

MySQLを最適化15
まとめ

今回はブログの高速化として簡単なMySQLのデータベースを最適化してみましたが、果たして効果があったのでしょうか?

PageSpeed Insightsで再測定してみました。

MySQLを最適化17

変化なしorz・・・

サーバーの応答時間も変わらずの1.8秒でした。

しかしgtmetrixで測定してみた所、少し改善が見られました。

MySQLを最適化前

MySQLを最適化18

MySQLを最適化後

MySQLを最適化前19

ページのロードタイムが1秒速くなっていました。これはタマタマかもしれませんが良い傾向ですね。

今回のまとめとしましては、あまり効果は見られなかった事になりましたが、定期的にMySQLのデータベースは最適化しておいた方が良いかもしれないですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です