リダイレクトを使ってSeesaaブログからWordPressへ引っ越す方法

引っ越し

どうも、ごりょんさんです。

今回はリダイレクトを使用してSeesaaブログからWordPressブログへ引っ越す方法を記して行きます。

先日Googleアドセンスに申請して見事?7回目にして合格しました(笑)。この申請用にSeesaaの無料ブログを使いました。

Seesaaブログ

申請が通った後そのまま放置していたのですが,、勿体ないので運営して行こうと思いました。どうせ続けるならWordPressで運営して行こうと考え、SeesaaブログからWordPressへ引っ越しをすることに決めました。

それで色々検索してみまして引っ越し方法を調べてみたのですが、引っ越し元の記事がGoogleにインデックスされている場合に新ブログへ記事を移行すると重複コンテンツとみなされてペナルティを受ける恐れがあります。

それでは都合が悪いですのでリダイレクトという方法で記事を移行したいと思います。

スポンサーリンク

リダイレクトとは?

まずはじめにリダイレクトについて調べてみました。

icon-question リダイレクトとは?

新しいブログへ引っ越しをする際に旧ブログの評価を受けついで引っ越しをする事。

リダイレクトには2種類ありまして

  • 301リダイレクト   永久的な
  • 302リダイレクト   一時的な

今回は301リダイレクトを使い引っ越しをしていきます。

WordPress側のブログを検索されないようにする

そのまま引っ越しをすると記事が2つになってしまい重複しますので、WordPress側をNoindexに設定します。

icon-question Noindexとは?

特定のURLを検索エンジンにインデックスさせないようにする事

ダッシュボード➝設定➝表示設定と進み「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れ「変更を保存」をクリックします。

Noindex

パーマリングの設定

次にパーマリングの設定を行います。

icon-question パーマリングとは?

Parmanent Linkの略語。ブログのURLの最後の部分。

パーマリング

上の画像で言えば「http://11874.click/404error」の「404error」がパーマリングになります。

ダッシュボード➝設定➝パーマリング設定と進みます。「カスタム構造」にチェックを入れて「/%postname%」と記入します。こうする事で個別に記事のURLを自分で指定できます。

パーマリング設定

SeesaaブログからWordPressへ記事のエクスポート

記事をエクスポートする前にSeesaa側で記事の確認と修正を行います。

  • 記事タイトルは全角22文字以内に。
  • 全角英語は半角に直す。
  • 半角スペースは使わない。

記事の修正が終わりましたらSeesaaブログの管理画面から「設定」をクリックします。

エクスポート①

文字コードは「UTF-8 」のまま、取得範囲は月ごとを指定、コメント/トラックバック/タグはすべてにチェックを入れておきます。最後にエクスポートボタンをクリックします。

エクスポート②

デスクトップにでも保存しておきます。

エクスポート③

これでSeesaa側の設定は終了です。

WordPressへ記事のインポート

ダッシュボードからツール➝インポートと進み「Movable Type and TypePad」をクリックします。

インポート①

「インストール」ボタンが表れますのでインストールします。

インポート②

「プラグインを有効化してインポートツールを実行」をクリックします。

インポート③

「参照」をクリックして先ほどデスクトップに保存したエクスポートファイルを選択して「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

インポート④

「投稿者の割り当て」ページに進みますが、後で変更可能なのでこのまま実行します。

インポート⑤

これでSeesaaブログからエクスポートした記事をWordPressへインポート完了です。

インポート⑥

インポート前。

インポート前

インポート後

インポート後

画像の張り替え

画像はSeesaaにアップロードしてあるのでWordPressに再アップロードして張り替えます。

SeesaaからWordPressへリダイレクト設定

旧ブログの評価をそのまま新ブログへ移行するには301リダイレクトが必要なのですが、無料ブログでは301リダイレクトは使えません。そこで、canonical(カノニカル)refresh(リフレッシュ)という2つのメタタグを使用します。

メタタグとは?

HTMLで使用されるタグのひとつ。「メタ」は上位の概念や、包括的な概念を意味し、HTMLでは、そのドキュメント全体に関わる情報を記述するために使用される。検索エンジンは、メタタグの内容を、検索結果の順位を決める材料のひとつにしているので、SEOではメタタグが重視される。 引用元:コトバンク

う~む、難しいですね~ 難しいのでこちらのサイトを参考にされてもらいました。

個別記事を飛ばす方法

これがSeesaaへ貼り付けるコード。

2行目の「rel=”canonical」が同じようなコンテンツがあれば重複ではなく、こちらが正しい事をGoogleに伝えるタグです。

3行目の「meta ~refresh」は旧サイトにアクセスした時にURLを新サイトに自動的に飛ばすタグです。

「http://@@@/を新ブログのURLに変更します。2か所ありますので、いずれも変更します。

Seesaaの管理画面からデザイン➝HTMLと進みます。「head」~「/head」の中に先ほどのコードを挿入します。

メタタグ

次に、Seesaaブログの記事がWordPressサイトへ正常にリダイレクトされているか確認しておきます。

上手くいきません(T△T)

リダイレクト確認

とりあえず、Seesaaでの404エラーページのスラッグをコピ―しておきます。

修正①

次に、WordPressサイトへ行き、ダッシュボード➝サイトをカスタマイズ➝その他へと進みます。「日本語のスラッグを有効にする 」にチェックを入れて「保存して公開」ボタンをクリックします。

修正③

ダッシュボードへ戻り、投稿一覧からリダイレクト先の記事のスラッグを編集します。

修正②

OKボタンを押すとスラッグが変更されました。最後に更新ボタンをクリックしておきます。

修正③

もう一度Seesaaの記事を確認してみますと、何とかリダイレクトされた様でした。

修正④

結局すべての記事のスラッグを変更する羽目にOrz

トップページを新しいサイトへ飛ばす方法

次はトップページを飛ばします。

先ほどと同様にhttp://@@@/を新ブログのURLに変更します。Seesaaの先ほどのコードの下に貼り付けます。

ここも確認しておきます。13秒後にリダイレクトされました(笑)。

最後にトップページと個別記事以外はインデックスしないを表すコードを加えます。

後はWordPress側のNoindexのチェックを外すだけです。これで一応SeesaaブログからWordPressサイトへのリダイレクトを使った引っ越しが完了しました。

まとめ

旧ブログの評価を引き継ぎつつ新ブログへ引っ越す方法はリダイレクトを使うという事なのですが、リダイレクト先が404エラーになり上手くいかない事もあります。

そんな時は記事ごとのパーマリングのスラッグを1つ1つ手動で変更していかなくてはならないので、引っ越しをするならブログ開設の初期段階が良いです。

本当は最初からWordPressのブログで始めるのがベストなんですが・・・

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です