Twitterにツイートを予約できるBufferが超便利すぎ!

twitter

当ブログから独立させた競馬ブロなんですがあまりアクセスが伸びません。まあ記事数が少ないのは仕方がないとして、平日は週末に比べて1割ほどにしかなりません。

そこでSNSを使った宣伝活動のようなものを行おうかなと思う次第です。

witterの登録方法は以前に記事にしました。

Twitterアカウントの新規登録方法と退会方法を初心者向けに解説
どうもごりょんさんです。 今回はブログを運営する上で欠かせないSNSの中でTwittetアカウントの新規登録方法と退会方法をを初心者向...

今回は指定した時間に自動でツイートをしてくれるBufferを導入し実際につぶやきの予約をしたいと思います。

スポンサーリンク

超べんりな自動ツイート「Buffer」の新規登録方法

まずは新規登録をしていきます。

Bufferの公式サイトへアクセスします。 ➝https://buffer.com/

画面右上の「Log in」をクリックします。

するとTwitterアカウントでログインできるバナーが表れますのでクリックします。

Buffer①

IDとパスワードを記入してログインをクリックします。

Buffer②

次にもう1度IDとパスワードを求められますので記入します。

Buffer③

なんかチンプンカンプンな画面になりました(笑)。

Buffer④

日本時間への変更方法

デフォルトでは外国の時間に設定されていますので、これを日本時間に変更してやります。

メニューの「Schedule」をクリックしますとタイムゾーンの設定ページに移動しますので、「Schedule Timezone」に「Tokyo」と記入しますと「Tokyo-Japan」と出てきますのでクリックします。

Buffer⑤

「Add Posting Time」をクリックすると日本時間に設定されます。

Buffer⑥

Bufferでつぶやきを予約する方法

では実際につぶやきを予約してみましょう。

「Content」をクリックすると書き込みのBOXが表れますので文章を書き込みます。

Buffer⑦

「Add to Queue」の横の▼をクリックしますと3つ選択肢が表れますので、一番下の「Schedule Post」をクリックします。

Buffer⑧

投稿したい時間にセットして「Schedule」をクリックすれば予約完了です。

Buffer⑨

新規で書き込む時は上のBOXをクリックします。

Buffer⑩

一応ちゃんと予約投稿できていました。

Buffer⑪

Bufferまとめ

あらかじめTWitterの読まれそうな時間帯を狙って予約投稿しておけば、より多くの人々にアピールすることが出来てアクセスアップに繋がるのではないでしょうか?

とりあえず、試してみる価値ありですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です