Googleウェブマスターツール(Search Console)は登録しておくべき

ウェブマスターツール登録方法

こんにちは、ごりょんさんです。

今回はGoogleでの検索結果でサイトのパフォーマンスを監視や管理できるツール Googleウェブマスターツールへ登録して行きたいと思います。

現在では Google Search Consoleに呼び名が変更されました。もちろん無料で使用できるツールになります。

ブログで新規記事を投稿した時にすぐにインデックスして貰いたい場合に大変便利なツールですね。

スポンサーリンク

Googleウェブマスターツールとは?

Googleウェブマスターツールとは、Googleから見て自分のサイトがどのように見えているかを確認しサイトを最適化できるツールです。

自分のサイトの記事がどのくらいインデックスされているのかや、エラーは無いか等を調べることが出来ます。

ウェブマスターツールについてはGoogleのサイトで詳しく解説されています。

Googleウェブマスターツールの登録方法

Google Search Consoleにログインします。Googleのアカウントが必要になります。

ページ右上の「プロパティを追加」をクリックします。

ウェブマスターツールの登録方法

登録するサイトのURLを貼り付けて「続行」をクリックします。

ウェブマスターツールの登録方法2

「ブログの所有権を確認します」のページが表れますので、「別の方法」➝「HTMLタグ」と進み、 metaタグの””の中のコードをコピーします。

93

コピーしたコードをダッシュボードの「サイトをカスタマイズ」➝「アクセス解析(Analyticsなど)」のページの「Google Search ConsoleのID」の欄に貼り付けます。最後に「保存して公開」をクリックします。

ウェブマスターツールの登録方法3

これで所有権が確認されましたので、先ほどのGoogleウェブマスターツールのHPの「ブログの所有権を確認します」のページ左下の「確認」をクリックします。

所有権が確認されましたので「続行」をクリックします。

ウェブマスターツールの登録方法4

これでサイトが表示されました。

ウェブマスターツールの登録方法5

サイトマップの作成

続いてサイトマップを作成します。

icon-question サイトマップとは?

サイト内のページを総まとめにした物、クローラーにサイトの内容を読み込んでもらうためのファイル。

Google XML Sitemapsプラグインのインストール

Google XML Sitemapsとは新しい記事を公開した時にGoogleに自動で通知してくれるプラグインです。

ダッシュボード➝プラグイン➝新規追加と進み、プラグインの検索窓に「Google XML Sitemaps」と記入してENTERをクリック。「今すぐインストール」をクリックして完了後に有効化します。

ダッシュボードの設定欄にGoogle XML Sitemapsが追加されましたのでクリックします。

以下の様に変更して行きます。

基本的な設定

ここは変更点は無いですね。

ウェブマスターツールの登録方法6

投稿の優先順位

「優先順位を自動的に計算しない」にチェック変更します。

ウェブマスターツールの登録方法7

Sitemap コンテンツ

「固定ページを含める 」のチェックを外し「カテゴリーページを含める 」にチェックを入れます。

ウェブマスターツールの登録方法8

更新頻度の設定

以下の様に変更しました。(クリック拡大します)

ウェブマスターツールの登録方法9

優先順位の設定

これも同様に変更しました。

ウェブマスターツールの登録方法10

最後に「設定を更新」を押して設定完了です。

サイトマップの追加

再びGoogleウェブマスターツールのサイトに戻ります。

「サイトマップがありません」をクリックします。さらに「サイトマップの追加」をクリックするとURLを入力する項目があらわれますので、「sitemap.xml」と入力して「サイトマップを送信」ボタンを押します。

ウェブマスターツールの登録方法11

これでサイトマップが送信されました。

before

ウェブマスターツールの登録方法12

after

ウェブマスターツールの登録方法13

これですべて完了しました。

まとめ

Googleウェブマスターツールは無料で提供されているツールですのでブログ開設時にはぜひ登録しておきたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です