Google Search Consoleで「404」ページの増加という警告が来た

Google Search Consoleで「404」ページの増加という警告が来た

どうも、ごりょんさんです。

先日、Google Search Consoleにアクセスしてみると、見慣れない文章が記載されていました。

https://11874.click/ での「404」ページの増加

Google Search Consoleで「404」ページの増加という警告が来た

飼いヌコ
404とは何ですか?

404エラー=HTTPステータスコード404 要するに、当ブログの記事にネットユーザーがアクセスしているのに、ページが表示されないエラーですね。

Google Search Consoleで「404」ページの増加という警告が来た

404エラーの主な原因はこんなところですね。

  • ページの削除
  • URLのスペルミス

ちなみに、404エラーページは簡単に作成できます。ブログのURLに適当な文字を付け足せば404になります。

飼いヌコ
ほう!

この404ページが増えてますよという警告を、Google Search Consolで受けたので、その原因と対策を調べる事になりました。

スポンサーリンク

Google Search Consoleで「404」ページが増加した原因

では早速、Google Search Consoleで404ページを確認してみましょう。先ほどの『https://11874.click/ での「404」ページの増加』横の『詳細を表示』をクリックすると、『404』ページの増加に対しての警告ページが表示されます。

該当する URL が完全に存在していない場合は、特に何かしていただく必要はありません。

404ページが完全に存在していない場合は問題ないそうですが、実際にインデックスされている記事が、何かの理由で404エラー表示されていたならば、一大事になります。

そこで、『クロールエラーを確認』をクリックしてみました。

Google Search Consoleで「404」ページの増加という警告が来た

すると、うなぎのぼりに上昇しているエラーのグラフが表示されました。2017年5月9日時点で、17しか存在していなかった404エラーが、5月13日には51に膨れ上がりました。

Google Search Consoleで「404」ページの増加という警告が来た

飼いヌコ
Oh my God!

基本的に当ブログでは、公開した記事はほとんど削除していません。2.3記事くらいは削除したと思いますが、だいぶ昔の事なので、どうしたものかとエラーページをクリックして確認して行きました。

カテゴリーやタグのスラッグを日本語で作成しているのを、ローマ字に変更した時に出来た404エラーが多かったですね。

この中で気になったのは、『sitemap-pt-post-2016-07.html/page/4』というsitemapで始まるページが大量に増えていた事です。

Google Search Consoleで「404」ページの増加という警告が来た

飼いヌコ
何じゃこりゃw

数えてみると、『sitemap』は36個もあり、下記の3パターンに分かれていました。

  • sitemap-pt-post
  • sitemap-misc
  • sitemap-tax-category

そもそもサイトマップとはどんな役割を果たすのか?

ワタシは未だに、サイトマップがどの様な役割を果たしているのかよくわかりません(笑)。WordPressでブログを立ち上げる時は、サイトマップというファイルを作成してGoogleに送信すれば良いという記事をネットで読んだので、Google XML Sitemapsというプラグインを有効化して使っていました。

サイトマップとは、サイト全体のページの内容を1つにまとめたページで、検索エンジンや検索ユーザーに、サイトにどのようなページがあるのかを教えるためのものです。

サイトマップには2種類があります。

  • HTMLサイトマップ
  • XMLサイトマップ
飼いヌコ
HTMLサイトマップはこのブログのグローバルナビにもありますね。

HTMLサイトマップは人間用に作られたもので、検索エンジン等からやって来たユーザーに、サイト内の構造を知らせるリンク集みたいなものです。

対してXMLサイトマップとは、Googleの検索エンジンにサイト内の構造を知らせるためのファイルです。

Google Search Consoleで「404」ページの増加という警告が来た

「sitemap~」のエラーの原因

では一体なぜ『sitemap~』というファイルが生成されて、404エラーになったのでしょうか?

思い当たることは、先日、今まで旧バージョンで使用していたプラグインの Google XML Sitemapsを更新してしまいました。このプラグインは更新するとエラーが起こると言われていたので、更新せずに使っていたのですが、『ひょっとして不具合が解消されているかも?』と期待したのですが、しばらくしてGoogle Search Consoleを覗いてみると、『インデックスに登録済み』の数がゼロになっていました。

Google Search Consoleで「404」ページの増加という警告が来た

飼いヌコ
うわ~ ガクブル。

慌ててGoogle XML Sitemapsのバージョンを、元の3.4.1にダウングレードしました。するとしばらくして『インデックスに登録済み』の数が元に戻りました。

この新しいバージョンでGoogle XML Sitemapsを使っていた期間に『sitemap~』が作成されたのですが、ダウングレードしたために404エラーになってしまったのだと思います。

飼いヌコ
ふ~ん、何だか複雑ですね。

ちなみに

  • 『sitemap-pt-post』➝月間アーカイブのサイトマップ。
  • 『sitemap-misc』➝『miscellaneous』の略で、その他という意味です。
  • 『sitemap-tax-category』➝カテゴリーのサイトマップ。

Google Search Consoleで「404」ページの増加まとめ

インデックスされたページが、何かの理由で404エラーになっていたら大変ですが、プラグインの更新によって作られたページだったので、そのまま放置しておくことにしました。あれから『sitemap~』の404エラーはピタリと止みました。

Google Search Consoleで「404」ページの増加という警告が来た

飼いヌコ
404エラーは放置しておいても良いのですか?

該当する URL が完全に存在していない場合は、特に何かしていただく必要はありません。

Google先生も、こう言われているので大丈夫でしょう。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です