IIJmioでSIMカードを追加(データシェア)してノートパソコンで使ってみた!

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

IIJmioで2枚目のSIMカードを追加(データシェア)して、ノートパソコンで利用する方法を紹介していきたいと思います。

どうやるのですか?

LTE対応USBドングルPIX-MT100 という機器をパソコンのUSBポートに接続します。

スマホがパソコンに早変わりって訳ですね。

IIJmioでは2016年7月7日から『ミニマムスタートプラン(3GB)』と『ライトスタートプラン(6GB)』でも最大2枚のSIMを利用できる事になりました。

最大2枚という事は、本人が1枚と、後もう1枚利用できるんですね。

2枚のSIMでお母さんがスマホを1台、子供さんがもう1台と利用できるし、自分でスマホとタブレットに1枚ずつ使っても良いです。

!?

例えば、親子でスマホを1台ずつ2台持つためには、『ミニマムスタートプラン(3GB)』では、別々に契約すると、音声通話機能付きの月額料金1,600円×2=3,200円が必要になります。

ところが『ミニマムスタートプラン(3GB)』にSIMをもう1枚追加した場合、2枚目の追加SIM利用料月額400円と2枚目の音声通話機能付帯料月額700円の合計2,700円で、1回線で2人分利用できることになります。

いわゆる『データシェア』ですね。

今回は『ミニマムスタートプラン(3GB)』でSIMカードを追加してノートパソコンでシェアしていきたいと思います。2枚目の追加SIM利用料月額400円を追加するだけでノートパソコンが使えてしまうとてもお得で便利な方法です。

SIMカードを追加(データシェア)すると料金はどうなるの?

IIJmioでSIMカードを追加(データシェア)した場合のプラン別料金について調べていきたいと思います。

分かり易く説明してね。

ミニマムスタートプラン

いちばん料金が安いミニマムスタートプランを例に取ります。お父さんが契約をして、追加で息子さんがスマホを使った場合です。

いち契約で2人スマホを使う場合ですね。

 

1枚目(父)2枚目(息子)
プランミニマムスタートプラン(3GB) データシェア(音声)
月額料金1,600円1,100円
合計2,700円

※税抜価格

1人だけなら1,600円ですが、2人で利用する場合、追加SIM利用料400円と音声通話機能付帯料700円がプラスされて2,700円の費用が掛かります。

2人で2,700円か…、安いな! しかし3GBでは心もとないな~。

もう一つの例として自分で2枚持つ方法です。1枚はスマホに、もう1枚はタブレットやノートパソコンで使う方法です。

スマホ2台持ちも可能ですね。

 

1枚目(自分)2枚目(タブレットorノートパソコン)
プランミニマムスタートプラン(3GB) データシェア
月額料金1,600円400円
合計2,000円

※税抜価格

このプランの場合、2枚目に通話機能は必要ないので、追加SIM利用料400円プラスするだけでOKです。

右手にスマホ、左手にパソコンで月額2,000円ですかw

ライトスタートプラン

お次は真ん中のプランです。データ容量が6GBとなり、ミニマムスタートプランの倍の容量になっています。こちらはミニマムスタートプランでは容量が足りない場合のプランになります。

1枚目(父)2枚目(息子)
プランライトスタートプラン(6GB) データシェア(音声)
月額料金2,220円1,100円
合計3,320円

※税抜価格

このプランでは一人3GBとたっぷり目のデータが使用可能です。

キャリアなら1台分ですね(笑)。

ファミリーシェアプラン

最後はファミリー向けのシェアプランです。お父さんお母さんと2人の子供の計4人家族で、ひとつの契約で済ませる方法です。

なお、このプランでは4枚目以降にのみ追加SIM利用料の400円が請求されます。

1枚目(父)2枚目(母)3枚目(息子)4枚目(娘)
プランファミリーシェアププラン
(12GB)
データシェア(音声)
月額料金3,260円700円700円1,100円
合計5,760円

※スマホではスライドして下さい。
※税抜価格

安くなるのは良い事ですが、家族間の通話にはお金がかかるのかな?

専用のアプリ「みおふぉんダイアルアプリ」を使えば、同一契約者名義間では8円/30秒で通話可能です。

更に、かけ放題オプションを追加すれば月額600円で3分以内(家族間10分以内)・830円で10分以内(家族間30分以内)の通話が可能になります。

ここがキャリアと異なる点ですね。キャリアなら家族間通話は無料なのですが…。

スポンサーリンク

パソコン側に追加の機器は必要か?

2枚目のSIMカードをパソコンに差し込む訳なのですが、どうやるのかと言うと、SIMカードを直接差し込めるノートパソコンがありますが、まだ一般的に出回っていません。

ワタシも昨年ノートパソコンを購入した時に迷いましたが、結局普通のノートパソコンを購入しました。

SIMフリーパソコンにしとけば良かったですね…。

普通のノートパソコンにはSIMカードを差し込めないので、中継ぎになる機器が必要になります。ネットで調べると LTE対応USBドングル PIX-MT100 という便利な機器があったので即購入しました。

このPIX-MT100にSIMカードを差し込んで、パソコンとUSB接続するだけで、インターネット環境を作り出すことが可能になります。

少々お高いですなw

IIJmioで追加SIMを申し込む方法

では早速、IIJmioでSIMカードを1枚追加してみましょう。

auからIIJmioへMNPで転入する手順やAPNの設定方法を解説

IIJmioのトップページから『会員専用ページ』へ進みます。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

ページを下にスクロールしていき、『サービスの各種変更・利用状況照会』の項目の『SIMカードの追加』をクリックします。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

ページを下にスクロールしていき、「SIMカードを追加」をクリックします。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

キャリア選択では「タイプD(NTTドコモ)」を選択します。PIX-MT100はDocomo回線のSIMカードに対応しているので、タイプDですね。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

サイズは「micro SIM」を選択します。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

機能は「データ通信専用」ですね。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

『利用者情報の登録』では「契約者本人」にチェックを入れて「上記の内容でSIMを追加する」をクリック。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

配達希望日と希望時間を記入して「次へ」と進むと注意事項がズラズラと書かれているので、目を通す必要があります。

特に気を付けておきたいのは以下の点です。

  • SIMカード追加手数料として1枚2,000円(税抜)が発生する。
  • SIMカード発行手数料としてタイプD/394円、タイプA/406円が別途発生する。
1枚追加すると2,000円も取られるのかorz。

注意事項に目を通したら「次へ」と進み、申し込み内容を確認します。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

全ての項目にチェックを入れて「設定変更お申込み」をポチッと。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

以上で追加SIMの申し込み完了です。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

スポンサーリンク

PIX-MT100に追加SIMをセットする

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

IIJmioから2日後に追加のSIMカードが送られてきたので、早速PIX-MT100にセットしてみましょう。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

これがPIX-MT100の本体です、100円ライターくらいの大きさですね。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

側面にSIMカードの挿入口がありました。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

この挿入口を手で開いていくのですが、物凄く小さいため開きにくかったので、マイナスドライバーを使用しました。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

入れる向きが問題だな~。

切り欠き部分が右奥になるように挿入します。なお、挿入時はSIMカードを素手で触らずに手袋をはめて作業していくと良いです。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

ある程度差し込んだら蓋を閉めます。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

ふう、緊張したw

APNの設定

本体にSIMカードを挿入したら、パソコンのUSBポートに取りつけます。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

このままパソコンのブラウザを開き、アドレス欄に『192.168.0.1』と打ち込みます。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

何だか複雑になってきましたね、大丈夫かな?

ログインページが開くので「ユーザー名」「パスワード」両方に『admin』と入力してログインします。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

次に「設定」に進みます。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

「モデム設定」欄で以下の情報を入力します。

APNiijmio.jp
認証タイプPRPまたはCHAP
ユーザー名mio@iij
パスワードiij

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

「適用」をクリックすると再起動が行われて、本体のランプが青色点滅から青色点灯にかわります。これで接続完了です。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

通信速度はどれくらい?

PIX-MT100とパソコンの接続が完了したので、次は通信速度を計ってみたいと思います。

外部リンクインターネット回線の速度テスト Fast.com

スペックはIIJmioの追加SIM(ドコモタイプ)で、測定場所は自宅です

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

う~む、3.7Mbpsか…。イマイチ速くないかな?

ちなみに自宅のインターネット回線の速度も調べてみると77Mbpsという結果に。

超高速ですねw

翌日、近所のスーパーのフードコートに出向き、初めてPIX-MT100を使用してみましたが、WEBページの閲覧はサクサクとこなしてくれました。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

かなりスピードは出てるかもしれないですね。

再び通信速度を測定してみると、28Mbpsという結果でした。

IIJmioでSIMカードを追加してノートパソコンで使ってみた!

出てます、出てますよ!

外出先でこれだけのスピードが出ていれば十二分に使い物になります。購入して正解でした。

まとめ

今回はIIJmioでスマホとは別にもう1枚SIMカードを追加(データシェア)して、パソコンで使用する方法にチャレンジしてみました。主な手順を説明します。

SIMカードを追加してノートパソコンで使用する方法
  1. IIJmioで追加SIMの申し込み
  2. LTE対応USBドングル PIX-MT100の購入
  3. PIX-MT100に追加SIMをセット
  4. パソコンでAPNの設定

APN設定に少し手間取るかと思いますが、そんなに難しくはないので、初めてでも設定には困らないと思います。

PIX-MT100のお陰で外出先のどこでもインターネットが使えるので、とても便利になりましたね。

公式IIJmio(みおふぉん)

関連IIJmioのクーポンスイッチ『みおぽん』アプリの使い方を分かり易く解説する!

関連auからIIJmioへMNPで転入する手順やAPNの設定方法を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)