格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較

格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較

スマホを毎日利用していると、どうしてもデータ容量が気になりますね。月末ごろに通信量が一杯になってしまい、通信速度が遅くなってしまったなんてこともありますね。

何とかデータ容量を節約する事は出来ないものか…。

大手携帯キャリア3社(ソフトバンク・au・docomo)では、公衆無線LANサービスを行っており、外出先でデータ容量を気にすることなくスマホが使えます。

スポット数SSID名
ソフトバンク約45万0001softbank
0002softbank
au20万以上au_Wi-Fi2
docomo15万以上0000docomo
0001docomo

代表的なWi-Fiスポットを挙げると、ケンタッキーフライドチキン・モスバーガー・マクドナルド・各種コンビニ・駅構内などがありますね。

ソフトバンクが45万スポットか…、頭一つ抜け出ているな~。

一方、最近頭角を現してきた格安SIMでもWi-Fiスポットを利用することが出来ます。そこで今回は、Wi-Fiスポットが利用できる格安SIMの特徴と料金を比較してみました。

Wi-Fiとは

格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較

Wi-Fiとは、無線LAN(Local Area Network)の規格のひとつです。Wi-Fi Allianceというアメリカの業界団体によって認められた、国際標準規格のIEEE 802.11を使用した機器での接続が可能になります。

昔は『無線LAN』と呼んでいたのが、何時の間にか『Wi-Fi』という呼び名に代わりましたね。

ファーストフード店などではWi-Fiサービスに対応しているので、パケット代(データ容量)は一切かかりません。例えば、ケンタッキー・フライド・チキンでは大手携帯キャリア3社(ソフトバンク・au・docomo)全ての無線LANサービスが利用できます。

スポンサーリンク

UQ モバイル

UQ mobile

2019年10月1日から新料金プランをスタートさせた、au系格安SIMのUQ モバイルです。UQ モバイルは格安SIMの中でも比較的通信速度が速いと評判の会社です。

三姉妹の中では深キョンがいいな~。

新料金プランでは、データ容量が3GB使えて月額料金は1,980円です。また、2台目以降は「UQ家族割」が適用されて1,480円で利用可能です。

更に、余ったデータ容量は翌月に繰り越しOKです。その他では「節約モード」ならSNSや音楽などがどれだけ利用してもデータ消費がゼロになります。

料金プラン
プランSプランMプランL
月額料金1,980円2,980円3,980円
データ容量3GB9GB14GB

※スマホではスライドして下さい。

定額通話はオプション

新料金プランでは定額通話はオプション制になっています。

定額オプション特徴月額料金
かけ放題国内通話1回10分以内なら何回でもかけ放題700円
通話パック国内通話60分(2,400円分)までかけ放題500円

UQ家族割キャンペーン

家族でUQ モバイルに乗り換えると、2回戦以降、月額基本料金が500円引きになります。家族4人で乗り換えると、最初の1人は割引はありませんが、後の3人は月額500円ずつ割引が適応されます。

出典:【UQモバイル】

UQモバイルの特徴
  • 音声通話SIMの最安値は1,480円(3GB)
  • 定額通話はオプション
  • 契約解除料は無料(2019年10月1日以降契約の場合)
  • 余ったデータ容量は翌月にくりこし可能
  • 追加チャージ(100MB/200円)(500MB/500円)
  • ターボOFF時はSNS消費ゼロ

非常にお得なキャンペーン中のUQ モバイルですが、Wi-Fi環境はどのようになっているのでしょうか?

Wi-Fi環境もお得だと良いな~。

UQ モバイルでは、Wi2 300 for UQ mobile という公衆無線LANサービスを行っています。このサービスは、UQ mobile契約者は無料で利用できます。

無料キター。

 

UQ mobile格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較
スポット数69,000以上
主な利用可能エリア
月額料金無料
アクセスポイント検索アクセスポイント提携先一覧
暗号化方式
  • Wi2(WPA/WPA2 PSK)
  • Wi2_club(WPA/WPA2 PSK)
  • mobilepoint2(WPA2 PSK)
  • mobilepoint(WEP)
  • UQ_Wi-Fi(WEP)

オプション

  • Wi2premium(WPA/WPA2 PSK)
  • Wi2premium_club(WPA/WPA2 PSK)
Wi2premiumやWi2premium_clubって何だろう?初めて見るな~。

Wi2premiumやWi2premium_clubとは、Wi2 300 for UQ mobileのオプションサービスです。1時間100円でアクセス可能になります。ちなみに、auでは無料で利用できます。

au Wi-Fi SPOTでノートパソコンを使う方法【Wi2 300 for auマルチデバイスサービス】

このWi2premiumの方がWi-Fiスポットが多いんですね。オプションエリアに「〇」が付いてある方が、Wi2premiumやWi2premium_clubでしか接続できないスポットです。

格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較 

いつも行っているお気に入りのモスバーガーはオプションかよ…。auでは無料、格安SIMでは1時間100円、迷うな~。

※Wi2 300 for UQ mobileは2019年7月30日で新規受付を終了しました。今後UQ mobile契約者は公衆無線LANサービス「ギガぞう」が利用可能です。

公式ギガぞう

ギガぞうでは「スタンダードプラン for UQ mobile」の無料期間後に「フリープラン for UQ mobile」に変更する事で、Wil2 300のベーシックエリアが無料で利用できます。

UQmobile公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル

格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較

BIGLOBEはNECが運営するインターネットサービスプロバイダーで、このBIGLOBEがMVNOとして運営しているサービスがBIGLOBEモバイルです。

ワタシもJ:COMに入る前はBIGLOBEと契約していました。このBIGLOBEモバイルの特徴は、NTTドコモ回線(タイプD)と、au回線(タイプA)の2種類から選択できる事です。

プラン種別データSIM
タイプD
SMS機能付き
データSIM
タイプD タイプA
音声通話SIM
タイプD タイプA
音声通話スタートプラン(1ギガ)1,400円
3ギガプラン900円1,020円1,600円
6ギガプラン1,450円1,570円2,150円
12ギガプラン2,700円2,820円3,400円
20ギガプラン4,500円4,620円5,200円
30ギガプラン6,750円6,870円7,450円
オプションサービスかけ放題(電話3分以内かけ放題600円・
電話10分かけ放題830円)

通話パック(最大60分国内通話可能600円・
最大90分国内通話可能830円)
備考タイプA➝au回線。タイプD➝NTTドコモ回線。
税抜価格。データ追加チャージ300円/0.1GB

※スマホではスライドして下さい。
※税抜価格

データSIMはNTTドコモ回線だけですね。

更にBIGLOBE モバイルでは、端末にiPhone 7を選択する事が出来ます。

ほう、格安SIMでiPhoneが購入できるのか、安く持てるのかな?

BIGLOBEモバイルの特徴
  • 音声通話SIMはタイプAとタイプDが選択可能
  • 音声通話SIMの最安値は1,400円(1GB)
  • 契約解除料1,000円(2019年10月1日以降契約の場合)
  • 余ったデータ容量は翌月にくりこし可能
  • 家族でデータシェア可能
  • iPhone7購入可能
  • エンタメフリーでYouTubeなどの対象サービスが通信量なしで楽しみ放題

BIGLOBE モバイルのアクセスポイントは全国83,000か所とかなりの規模です。しかも、6GB以上のプランを申し込めば1ライセンスが無料になります。提携先はセブンイレブンやローソンといったコンビニ系が豊富です。

BIGLOBE Wi-Fi格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較
スポット数83,000
主な利用可能エリアスターバックス プロント ロッテリア
タリーズ セブンイレブン イトーヨーカドー
月額料金1ライセンス 250円(6GB以上で1ライセンス無料)
アクセスポイント検索アクセスポイント提携先一覧
暗号化方式
  • 0001_Secured_Wi-Fi(WPA2-EAP)
6GBもいらないな~。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

OCN モバイル ONE

格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較

NTTコミュニケーションズが運営する格安SIM業者です。OCNと言えば、BIGLOBE同様に有名なプロバイダーですね。このOCN モバイル ONEでは、3種類のかけ放題が用意されています。

プラン種別音声対応SIMデータ専用SIMSMS対応SIM
1日あたり
110MB
1,600円900円1,020円
1日あたり
170MB
2,080円1,380円1,500円
3GBプラン1,800円1,100円1,220円
6GBプラン2,150円1,450円1,570円
10GBプラン3,000円2,300円2,420円
20GBプラン4,850円4,150円4,270円
30GBプラン6,750円6,050円6,170円
オプションサービス
  • 電話10分以内かけ放題850円
  • トップ3かけ放題850円
  • かけ放題ダブル1,300円

※スマホではスライドして下さい。

OCN モバイル ONEの特徴
  • 音声通話SIMの最安値は1,600円(1日あたり110MB)
  • 契約解除料1,000円(2019年10月1日以降契約の場合)
  • 余ったデータ容量は翌日または翌月にくりこし可能
  • 家族でデータシェア可能
  • MUSICカウントフリーオプションあり

OCN モバイル ONEには87,000か所のアクセスポイントがあり、しかも無料で利用できます。

OCN Wi-Fi格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較
スポット数87,000
主な利用可能エリアスターバックス プロント ロッテリア
タリーズ セブンイレブン イトーヨーカドー
モスバーガー
月額料金無料
アクセスポイント検索アクセスポイント提携先一覧
暗号化方式
  • 0001_Secured_Wi-Fi(WPA2-EAP)
BIGLOBE モバイルとよく似ていますね。しかも無料で利用できるのは有難いです。

 

OCNモバイルONEの格安スマホ

楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天市場や楽天カードでおなじみの楽天グループが運営している格安SIMで、格安スマホ契約者数No.1です。

この楽天モバイルの特徴は、通話SIM、データSIM共に高速通信容量の6種類のプランを選択できます。

また、支払いに楽天スーパーポイントを利用できるのが大きな特徴です。

icon-check-square-o 組み合わせプラン

プラン種別通話SIM
ドコモ回線 au回線
データSIM
(SMSあり)
ドコモ回線 au回線
データSIM
(SMSなし)
ドコモ回線
ベーシックプラン1,250円645円525円
3.1GBプラン1,600円1,020円900円
5GBプラン2,150円1,570円1,450円
10GBプラン2,960円2,380円2,260円
20GBプラン4,750円4,170円4,050円
30GBプラン6,150円5,520円5,450円
オプションサービス電話10分以内かけ放題850円
備考 税抜価格。

※スマホではスライドして下さい。

icon-check-square-o スーパーホーダイ

楽天モバイルでは、最近になって スーパーホーダイ という新料金プランをスタートさせました。

このプランでは「プランS」から「プランLL」までの4種類があり、月額2,980円から利用可能です。

また、楽天会員なら1年目は1,500円引きで利用でき、「プランS」では1,480円、ダイアモンド会員の場合は更に500円引きの980円で利用可能です。

出典:楽天モバイル

注意点として、スーパーホーダイはドコモ回線のみのプランになります、au回線には対応していません。

980円か、滅茶苦茶安いな~、しかしダイヤモンド会員って何だろう?

楽天市場で買い物をするとランクが上がっていきますが、ダイヤモンド会員は最上位のランクになります。

外部リンク楽天会員ランクアップ・キープの仕組み

ダイアモンド会員をキープする為の条件です。

過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有

ワタシは長らくダイヤモンド会員をキープしています。

格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較

楽天モバイルの特徴
  • ベーシックプラン(低速200kbps)が1,250円と最安値
  • 楽天ダイアモンド会員なら1年目は980円(2GB)
  • 契約解除料は無料(2019年10月1日以降契約の場合)
  • 余ったデータ容量は翌月にくりこし可能
  • ギガを使いきっても最大1Mbpsで使い放題(スーパーホーダイのみ)
安いのは分かりますが、肝心のWi-Fiスポットはどうなっているの?

楽天モバイルと契約すると、月額362円で 楽天モバイルWiFi byエコネクト というWi-Fiサービスが利用できます。

楽天モバイル格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較
スポット数69,000以上
主な利用可能エリア
月額料金362円
アクセスポイント検索アクセスポイント提携先一覧
暗号化方式
  • Wi2(WEP)
  • Wi2_club(WPA/WPA2-PSK)
  • wifi_square(WEP)
  • mobilepoint(WEP)
BBモバイルって近所ではマクドナルドしかない…。

U-mobile

格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較

USENなどでおなじみの日本最大の動画配信サービスU-NEXTが運営する格安SIMサービスです。U-mobileでは「2段階定額プラン」や「LTE使い放題」といった豊富なプランが魅力です。

その他の特徴として、ソフトバンクのiPhoneがSIMロック解除なしで利用できます。昔のiPhoneが自宅に眠っているユーザーには朗報ですね。また、U-NEXTのアカウントがあれば、毎月1本最新映画が無料で視聴できます。

映画好きには持って来いのMVNOですね。

 

プラン種別データ専用SIM通話プラス最低利用期間
(データSIMは無)
1GB790円
ダブルフィックス
(〜3GB)
1GB以下680円

1GB以上900円

1GB以下1,480円

1GB以上1,780円

6ヶ月
3GB1,580円6ヶ月
5GB1,480円1,980円6ヶ月
LTE使い放題
(無制限)
2,480円2,980円6ヶ月
LTE使い放題2
(無制限)
2,730円12ヶ月
U-mobile MAX(25GB)2,380円2,880円6ヶ月
USEN MUSIC SIM
(無制限)
2,980円6ヶ月
U-mobile for iPhone
(無制限)
2,980円12ヶ月
オプションサービスオプションサービス確認ページ
備考※ソフトバンクのiPhon、iPadで使えるサービス
U-mobile Sの利用料金は、1GB 880円、3GB 1,580円、
7GB 2,980円、30GB 4,980円です。
 税抜価格。

データ通信SIMプランはSMS別売り(150円)。
無料アプリ「U-CALL」で国内通話料が半額の10円/30秒。

※スマホではスライドして下さい。

U-mobileの特徴
  • 音声通話SIMの最安値は1,480円(ダブルフィックス1GB以下)
  • 契約解除料3,500円~12,000円
  • 余ったデータ容量のくりこし不可
  • U-NEXTポイントで毎月1本最新映画が無料で視聴

U-mobileでは、U-NEXT Wi-Fi というWi-Fiスポットサービスがあります。エリアは「Secured Wi-Fi」「DoSPOT」に対応した公衆無線Wi-Fiサービスです。無料で利用でき、アプリを使う事で自動でWi-Fi接続します。

なんだかプランが多すぎてややこしいな~。理解できん(笑)。

 

U-mobile格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較
スポット数82,000以上
主な利用可能エリアセブンイレブン ローソン
月額料金無料
アクセスポイント検索アクセスポイント提携先一覧
暗号化方式
  • 0001_Secured_Wi-Fi(WPA2-EAP)
やっぱ無料が基本だな~。

※「U-NEXT Wi-Fi」は2019年8月31日でサービスの提供を終了しました。

U-mobile公式サイトはこちら

まとめ

今回は、公衆無線LANサービスが利用できる格安スマホを5社紹介しました。公衆無線LANサービスが使えると、外出先でデータ容量を節約することが出来るので、なるべく公衆無線LANサービスのある格安SIMを選びたいです。。

公衆無線LANサービスを利用する上でのデメリットとして全体的に言える事は、キャリア3社に比べてアクセスポイントが少ない事ですね。

例えば、OCN モバイル ONEのスポット数87,000を47都道府県で割ると、約1,850です。1県でこれだけなので、更に市の数で割ってやると物凄く少なくなります。

将来的にはアクセスポイントを増やして欲しいですね。

サービス名スポット数セキュリティ月額料金(税抜)
UQ mobile格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較69,000以上無料
BIGLOBE モバイル
格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較86,0001ライセンス 250円
(6GB以上で
1ライセンス無料
)
OCN モバイル ONE
格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較87,000無料
楽天モバイル
格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較69,000以上362円
U-mobile
格安SIMでWi-Fiスポットが使える!?おすすめMNVO徹底比較82,000以上無料

※スマホではスライドして下さい。

公衆無線LANサービスは、なるべく無料のMVNOを選びたいですね。362円×12=4,344円。消費税を入れると4,778円です。年間にこれだけの金額を払うのも勿体ない話です。

やはり時間を潰す場所、喫茶店や飲食店などのWi-Fiスポットが多い格安SIMが重宝されますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)