WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

当ブログをhttps(独自SSL)化したので、その方法を紹介して行きたいと思います。

昔はお金が必要だったみたいですが、2016年6月30日より、エックスサーバーのすべてのサーバープランで、独自SSLが無料になりました。

現在では検索エンジンが、SSL暗号化通信しているかどうかを検索順位の評価対象にすると発表しているので、是非設定しておきたいです。

飼いヌコ
ほう! ブログを独自SSL化していれば、Google先生に認めてもらえるって事ですね。これは是が非でも設定しておきたいですね。
スポンサーリンク

独自SSLとは?

では一体、独自SSLとはどういった意味を現していて、どんなメリットがあるのでしょうか?

飼いヌコ
独自SSL! 何だかカッコイイ響きですね、何の略ですか? サンデー・サイレンス・リーディング?

SSLとは、Secure Socket Layer の略です。インターネット上の情報を暗号化して送受信できる通信規約、取り決めの事です。

このSSL通信を使う事で、インターネットで安心して買い物が出来る訳ですね。

飼いヌコ
楽天市場やAmazonで買い物をする時は、クレジットカードの番号や個人情報を記入するので、情報の漏えいが心配ですからね。

楽天市場は勿論、SSL通信を使っているので、安心して買い物が出来ます。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

SSLには2通りの種類があります。

  • 共有SSL
  • 独自SSL

共有SSLは書いて字のごとく、共有で使うSSLです。なので、「https//ドメイン名.ssl-xserver.jp/」となり、URLが変わってしまいます。しかし、エックスサーバーでは、2016年11月4日に共有SSLの提供を終了しました。その代わりに、無料で独自SSLの提供を始めた訳ですね。

飼いヌコ
これは太っ腹ですねw

独自SSLのメリット

独自SSLを導入する事のメリットですが、Googleのウェブマスター向け公式ブログに、こう書かれています。

HTTPS をランキング シグナルに使用します

ようするに、httpのみのサイトよりも、https化したページの方が、Googleの評価が高くなるという訳です。

飼いヌコ
Google先生はサイトのコンテンツの質と共に、安全性も評価の対象にするんですね。

難しい事はよくわかりませんが、サイトをhttps化しておいて損は無いと思うので、独自SSLを導入してみる事に。なお、設定の手順は

  • エックスサーバーでSSL設定を追加
  • サイトアドレスの変更
  • 画像等内部リンクの貼り換え
  • アフィリエイトリンクの貼り換え
  • htaccessによるURLの統一
  • Google AnalyticsやGoogle Search Consoleの設定

このように6つの工程に分けて解説して行きます。

エックスサーバーでSSL設定を追加

まずは、エックスサーバーで独自SSLを使えるように設定を追加して行きます。

arrowhttp://www.xserver.ne.jp/
WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

サーバーパネルにログインし、「SSL設定」へ進みます。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

ドメイン選択画面では、http化するドメインを選択します。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

SSL設定画面へ進むので、「独自SSL設定の追加」をクリックします。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

設定対象ドメインが間違いないか確認して、「独自SSL設定を追加する(確認)」をクリック。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

「しばしお待ちを」と表示されます。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

以上で独自SSL設定の追加の完了です。設定が反映されるまで1時間程かかります。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

飼いヌコ
もういいかな?

5分もせずにhttp化が完了していました。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

飼いヌコ
オッシャー終了!LINE LIVE見よう!

しかし、先ほどの楽天市場のように、「保護された通信」という緑色のマークが表れません。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

飼いヌコ
なんでやねん・・・

WordPressサイトのアドレスの変更

https://11874.click/ にアクセス出来るのを確認して、今度はWordPressサイトのアドレスを変更して行きます。管理画面の「設定」をクリック、サイトのアドレス「http」を「https」に変更します。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

飼いヌコ
ここはあっさり終わりましたね。

サイト内の画像等内部リンクの貼り換え

次はサイト内にある画像ですね、<img src=”http~> で表示されているのを、、<img src=”https~> に修正して行きます。

飼いヌコ
165記事を全部修正して行くのですか?大変だな~。

手作業でやると日が暮れてしまうので、プラグインの Search Regex を使って一括修正して行きます。

プラグイン➝新規追加と進み、検索窓に「Search Regex」と記入、すぐにSearch Regexが出て来るので、インストール➝有効化しておきます。

ツール➝Search Regexと進むと、設定画面に移動するので、以下のように設定、「Replace」をクリックします。

  • Search pattern➝旧ドメイン(http)
  • Replace pattern➝新ドメイン(https)

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

現在の状態と、変更後の状態が表示されます。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

問題が無ければ「Replace & Save」をクリックします。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

これで一括修正の完了です。

飼いヌコ
早っ!

ブログ記事の画像はSearch Regexで修正できましたが、フッターやヘッダー、サイドバー、ウィジェット、プラグイン、ファビコン、プロフィール画像等にもhttpが使われているので、全て修正して行きます。

飼いヌコ
う~む、どれがどれか分からんorz。

便利な方法があります。Firefoxを使えば、httpのままの画像を調べる事が出来ます。Firefoxとは、インターネットエクスプローラーやGoogle Chromeと同じWEBブラウザです。無料で使用できるので、ダウンロードしておいても損は無いです。ワタシは3ブラウザでTwitterアカウントを使い分けています。

https化したサイトをFirefoxで開きます。https化されていますが、注意マークが付いていました。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

画像の一部がhttpのままなので、警告が出ています。右にある「>」をクリックします。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

詳細を表示をクリック。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

「メディア」を選択します。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

httpのままの画像がありました。これをアップロードし直します。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

結局、画像をアップロードし直したり、httpにsを付けたりして、かなり時間がかかりました。

  • ロゴ
  • ヘッダー
  • 壁紙
  • Googleカスタム検索
  • プロフィール画像
  • Twitter
  • ブログランキング
  • 内部リンク

とりあえず、全てhttpsに変更しました。

アフィリエイトリンクの貼り換え

アフィリエイトリンクに画像が付いている場合、「http://~」になっているとマズイので、修正して行くのですが、ASPが独自SSL化に対応していない場合はリンクを外すか、テキストリンクに切り替えるしかないですね。

飼いヌコ
これは大変な作業だな~。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

結局すべてのアフィリエイトリンクを調べて、警告が出ているリンクを新しく差し替えました。凄い時間がかかりましたが、アフィリエイトリンクを最新の状態に出来たのが収穫でした。

htaccessによるURLの統一

新しく独自SSL化されたサイトURLを取得したので、現在URLが2つ存在する事になります。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

そこで、旧アドレスにアクセスすると新アドレス(https)にリダイレクト(転送)されるように設定する必要があります。

エックスサーバー上での.htaccess編集方法

サーバーパネルにログイン後、.htaccess編集を行うドメインを設定対象ドメインに設定、「.htaccess編集」をクリックします。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

もう一回「.htaccess編集」をクリックします。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

ここに、下記のコードを追加します。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

FTPソフトを使っての.htaccess編集方法

今度はFTPソフトを使い「.htaccess編集」を行う方法です。FTPソフトを起動させて、public_html内の「.htaccess」を右クリックでダウンロードしておきます。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

ダウンロードした.htaccessファイルを、TeraPad等のエディターで開き、先ほどと同じコードを追加します。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

上書きした「.htaccessファイル」を元の場所にアップロードします。これで http://11874.click/ にアクセスすると https://11874.click/ にリダイヤルされます。

Google AnalyticsやGoogle Search Consoleの設定

最後にGoogle Analyticsや、Google Search Consoleの設定をしていきます。

飼いヌコ
まだあるのか~。

Google Analytics

Google Analyticsの管理画面から、「プロパティ設定」へ進み、「デフォルトの URL」を「https」に変更して、「保存」をクリックします。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

「ビューの設定」も変更しておきましょう。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

Google Search Consoleの設定

Google Search Consoleには「http~」で登録しているのですが、「https~」のサイトとして新しく登録し直します。

Google Search Consoleのログイン後、「プロパティを追加」をクリックします。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

「https~」バージョンのサイトURLを登録します。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

「別の方法」を選択して、「HTMLタグ」にチェックを入れます。「http~」バージョンの時にコードを貼り付けているので、ここでは「確認」をクリックします。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

これで所有権の確認は完了です。続けて「続行」をクリックします。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

「サイトマップがありません」をクリック。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

「サイトマップの追加/テスト」をクリック。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

sitemap.xml と入力して送信します。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

「アイテムを送信しました。」と表示されるので、ページを更新します。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

これでサイトマップが更新されました。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料

WordPressサイトをhttps化するまとめ

はい、今回は当ブログをhttps化してみました。順調に進んでいたのですが、アフィリエイトリンクの貼り換えに時間がかかってしまいました。さらに、Google Chromeで中々 保護された通信 が表示されずに苦労しましたが、最終的には完全SSL化にたどり着きました。

WordPressサイトをhttps(独自SSL)化する方法~エックスサーバーなら無料[contact-form][contact-field label=

飼いヌコ
おおっ! 保護されていますね。

最後にhttps化までの手順をおさらいしておきます。

  • エックスサーバーでSSL設定を追加
  • サイトアドレスを「https~」に変更
  • 内部リンクやアフィリエイトリンクの修正
  • htaccessによるURLの統一
  • Google AnalyticsやGoogle Search Consoleの設定
飼いヌコ
やはりブログの記事数が少ない状態で行うのが楽ですね。
スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です