ストーク(STORK)でスライダーを設置【2ステップでサクッと完了】

ストーク(STORK)でスライダーを設置【2ステップでサクッと完了】

WordPress有料テーマのストーク(STORK)で、トップページにスライダーを設置する方法 を紹介します。

スライダー? 野球の話ですか?

スライダーとは、任意のコンテンツをスライドさせて順番に表示していく機能の事です。

ストーク(STORK)でスライダーを設置【2ステップでサクッと完了】

なるほど、右から左に少しづつ動いていくのね。

ストークではプラグインを使わずに、5分もあればスライダーが設置出来るので、ブログのトップページを飾る意味でもぜひ導入しておきたいですね。ちなみに手順はたったの2つです。

STEP.1
スライドショー用タグの作成
WordPressのダッシュボードから、「投稿」➝「タグ」と進んで、新規タグで任意の名前を作成し、「スラッグ」に pickup と記入。
STEP.2
スライドショーを表示させる記事にタグをつける
作成したタグ「おすすめ!」を、スライドショーを表示したい記事のタグに挿入する。
さすが有料テーマ、仕事が早いw

ちなみに無料テーマを使用している場合は、Meta Slider というプラグインがお勧めです。

スライドショー用のタグを作成する

WordPressのダッシュボードから、①「投稿」➝②「タグ」と進みます。

ストーク(STORK)でスライダーを設置【2ステップでサクッと完了】

ここでは普通、ブログのキーワードとしてのタグを登録するのですが、今回はスライドショー用のタグを作成していきます。

タグの使い方が違うのか?

「新規タグを追加」欄の①「名前」に、任意の名前を記入します。ここで作成した名前はサイト上に表示されます。今回は「おすすめ!」と記入しました。次に、②「スラッグ」に pickup と記入して、最後に「新規タグを追加」をクリックします。

ストーク(STORK)でスライダーを設置【2ステップでサクッと完了】

スラッグって何だろう?

スポンサーリンク

WordPressのスラッグとは?

WordPressにおけるスラッグとは、投稿ページ・固定ページ、カテゴリやタグなどで、URLの最後に表示されるIDみたいなものです。

ストーク(STORK)でスライダーを設置【2ステップでサクッと完了】

パーマリンクとどう違うのかな?

パーマリンクはURLで、スラッグはIDです。

ストーク(STORK)でスライダーを設置【2ステップでサクッと完了】

なるほど!

スライドショーを表示させる記事にタグをつける

先ほど作成したタグ「おすすめ!」を、スライドショーを表示したい記事のタグに挿入するだけです。

ストーク(STORK)でスライダーを設置【2ステップでサクッと完了】

こんな感じでスライドショーが表示されましたが、ひとつではイマイチかっこよくないですね。

スライダーの設定方法【WordPress有料テーマ ストーク 】

これで何とか様になりましたね。

スライダーの設定方法【WordPress有料テーマ ストーク 】

自動的にスライドするみたいですね、これでトップページにボリュームが出るな~。

ちなみに、スマホではどう表示されているのでしょうか。

スライダーの設定方法【WordPress有料テーマ ストーク 】

でかっ! これでは1記事しか見えないな~。

心配しなくてもパソコンと同様で、横にスライドしていきます。

注意
ストークのスライダー機能は投稿ページ・固定ページのみで利用できます。ランディングページページでは利用できません。

まとめ

今回は、WordPress有料テーマのストーク(STORK)で、トップページにスライダーを設定する方法を紹介しました。とても簡単に導入できるので、ブログのトップページを装飾したい時におすすめです。

icon-check-square-o ストークでスライダーを設置する手順

STEP.1
スライドショー用タグの作成
WordPressのダッシュボードから、「投稿」➝「タグ」と進んで、新規タグで任意の名前を作成し、「スラッグ」に pickup と記入。
STEP.2
スライドショーを表示させる記事にタグをつける
作成したタグ「おすすめ!」を、スライドショーを表示したい記事のタグに挿入する。
また一つ勉強になりました。

WordPress有料テーマSTORK(ストーク)関連記事一覧はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)