メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

2019年2月13日に株式会社メルペイが提供するメルカリアプリを使った決済サービス メルペイ のiOS版が誕生しました。2月28日にはAndroid版でも開始され、Android・iPhoneの両機種でメルペイが利用可能になりました。

メルペイとは、メルカリアプリを使ったスマホの決済サービスで、メルカリの売上金でポイントを購入して、コンビニ等のメルペイが使える店で買い物が出来るサービスです。

また、メルカリでの売上金が無い場合でも、登録している銀行口座からメルペイ残高にチャージする事により買い物が出来るようになります。

メルペイを使えば銀行でお金を引き出す手間が省けるのね。

銀行でお金を引き出す場合、日曜祝日や時間外では手数料がかかりますが、メルペイ残高にチャージする場合は手数料は無料です。また、メルカリアプリから手続き出来るので、「コンビニ/ATM払い」のように店頭に支払いに行く必要がなく、簡単・便利に使えます。

メルペイに銀行口座を登録すれば何かメリットがあるのかな?

今回は、メルペイに支払い用銀行口座を登録する事によるメリットや、登録方法を解説していきたいと思います。

メルペイに支払い用銀行口座を登録するメリット

メルペイに支払い用銀行口座を登録すると以下のメリットがあります。

メルペイに支払い用銀行口座を登録するメリット
  • 売上金の振込申請期限が無期限になる
  • ポイントを購入する必要がなくなる

売上金の振込申請期限が無期限になる

メルカリで出品した商品が売れた場合には売上金の振込申請を行いますが、この期限が180日間です。180日間を過ぎた場合は登録している銀行に自動的に振り込まれます。

この時に手数料として一律200円引かれます。売上金がたくさんあれば良いのですが、201円の場合では手数料を引かれると銀行に振り込まれる金額が1円になってしまいますね。振込申請期限がなくなることで、一定の金額まで貯めてまとめて振込申請を行う事が出来ます。

ポイントを購入する必要がなくなる

メルカリの売上金で買い物を行う場合、売上金で一旦ポイントを購入して、そのポイントを使いメルカリ内で買い物をしたり、コンビニ等のメルペイが使える店での支払いに利用する事が出来ます。

売上金を一度ポイントに替える訳ですね、何だか手間がかかるな~。

メルペイに「お支払い用銀行口座を登録」を行う事で、メルカリの売上金がメルペイ残高に自動的にチャージされて、都度ポイントを購入する必要がなくそのまま買い物が出来ます。

スポンサーリンク

メルペイで「お支払い用銀行口座を登録」を行う方法

すすメルペイキャンペーン開催中

メルペイで初めて「本人確認」を行うと1,000ポイントが貰えます。※招待コードを入力する必要があります。

招待コード GXNHHQ

「本人確認」を行う方法は2通りあります。

  • お支払い用銀行口座の登録
  • アプリでかんたん本人確認

メルペイのキャンペーンページから招待コードを登録する必要があります。※招待コード登録前に「本人確認」をした場合はポイントは貰えません。

キャンペーン期間 2019年8月30日~2019年10月3日まで。

最初にメルカリアプリを起動して画面下の「メルペイ」をタップします。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

「メルペイ」ページの画面を下へスクロールしていき、「お支払い用銀行口座を登録」をタップしましょう。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

「お支払い用銀行口座の登録」ページ下部の「銀行口座を登録する」をタップします。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

支払い用の銀行口座の一覧が表示されるので、どれか一つを選択しましょう。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

ちなみに、2019年9月時点で登録できる銀行は以下の通りです。

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、イオン銀行、SBJ銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、北洋銀行、北海道銀行、青森銀行、秋田銀行、岩手銀行、埼玉りそな銀行、常陽銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、筑波銀行、東和銀行、栃木銀行、武蔵野銀行、横浜銀行、愛知銀行、大垣共立銀行、静岡銀行、清水銀行、十六銀行、大光銀行、第三銀行、第四銀行、中京銀行、富山銀行、長野銀行、八十二銀行、福邦銀行、北陸銀行、三重銀行、福井銀行、山梨中央銀行、池田泉州銀行、紀陽銀行、京都銀行、滋賀銀行、鳥取銀行、トマト銀行、中国銀行 広島銀行、もみじ銀行、山口銀行、阿波銀行、伊予銀行、愛媛銀行、香川銀行、高知銀行、四国銀行、徳島銀行、百十四銀行、北九州銀行、熊本銀行、親和銀行、筑邦銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、琉球銀行
出典:メルペイ

ジャパンネット銀行が増えましたね。

選択した銀行の「支店/口座番号」「キャッシュカードの暗証番号」の2点を用意して「同意して次へ」をタップしましょう。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

「銀行口座の登録」ページでは名前等の情報を登録していきますが、ワタシの場合は最初から入力されていました。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

入力が完了したら「銀行サイトへ」をタップします。すると「パスコードの作成」ページが表示されるので4桁のパスコードを設定します。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

パスコードの設定が完了すると指定した銀行機関へ移動するので、「利用規定」をタップして閲覧してから「同意する」をタップしましょう。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

「銀行口座の登録」ページで、支店名と口座番号を入力して画像認証の数字を記入後「進む」をタップします。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

入力した情報を確認して間違いがなければ「進む」をタップしましょう。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

続いて本人確認のためのキャッシュカードの暗証番号を入力していきましょう。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

最後に申し込んだ内容を確認して問題がなければ「口座振替申込」をタップします。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

以上で「お支払い用銀行口座を登録」が完了しました。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

設定前は「売上金」だった項目が「メルペイ残高」に変更されました。この「メルペイ残高」は売上金と銀行からチャージしたお金の合計になります。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

スポンサーリンク

設定前と設定後のアプリの変更点

支払い用銀行口座設定前では、「申請期限を確認」という項目がありましたが、支払い用銀行口座設定後には無くなっていました。さらに「ポイント購入」の代わりに「チャージ(入金)」という項目が新しく現れました。

icon-check-square-o 支払い用銀行口座設定前

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

icon-check-square-o 支払い用銀行口座設定後

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

売上金でポイントを購入する必要がなくなり、直接買い物が出来るようになった訳ですね。

支払い用銀行口座を複数追加する場合

「お支払い用銀行口座」を複数設定する場合は、メルカリアプリを起動後「メルペイ」をタップして「メルペイ設定」⇒「銀行口座」と進みます。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

「銀行口座管理」ページの「新規口座の登録」をタップします。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

「銀行口座を登録する」をタップしましょう。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

先ほどと同様にして銀行口座を登録していきましょう。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

この様に複数の口座を登録する事が出来ます。

メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

 

銀行口座追加時の注意点
  • 指定されている金融機関のみ登録可能
  • 登録できる口座は1つの銀行につき1口座のみ
  • 本人名義の口座に限る

ちなみに、登録したお支払い用銀行口座を削除する場合は、銀行口座名の右横のボタンをタップして削除を行います。

振込申請で登録している銀行口座との違いは?

メルカリでは商品が売れた後に振込申請を行いますが、振込申請用の銀行口座とメルペイで設定した「お支払い用銀行口座」の違いは、出金するか入金するかの違いになります。

振込申請用銀行口座メルペイ残高(主に売上金)を銀行口座に出金するための振込先口座
お支払い用銀行口座メルペイ残高に入金するために必要な銀行口座

振込申請用銀行口座はメルカリでの売上金を現金化するための口座で、お支払い用銀行口座はメルカリ内やメルペイ加盟店で買い物をする為のお金を入金する口座になります。

例えば、メルペイ残高に1万円入金したけれども、何も買わないで口座に出金する場合はどうなるのかな?

メルペイ残高に1万円をチャージする場合は手数料無料ですが、そこから1万円を口座に出金する場合は振込申請を行います。この振込申請には一律で手数料が200円かかかるので注意が必要になります。

入金は無料で出金は200円か…、これは計算して入金する必要がありますね。

まとめ

今回は、メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を紹介しました。支払い用銀行口座を登録する事で、売上金の振込申請期限(180日)が無くなり、一定額の金額を貯めてからの申請が可能になります。

その他のメリットは、売上金を一度ポイントに替える事なく、メルカリの売上金がそのまま買い物に利用出来る事です。

今までならメルカリで出品した商品が売れた場合は、現金化するかメルカリ内で商品を購入するかの2択でしたが、メルペイ決済サービスが誕生した事により、売上金やポイントを使いコンビニ等で買い物が出来るようになりました、これは画期的なサービスと言えます。

メルカリの売上金でコンビニでコーヒーが飲める時代になりましたか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)