マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

マネックス証券で初心者が IPO(新規公開株) に申し込んでみたので、その方法を画像付きで紹介していきます。

マネックス証券では、申込数に関係なく抽選が公平に行われる100%完全平等抽選なので、初心者でも平等に当選する可能性があります。しかも、IPO時の購入手数料は無料です。

そもそもIPOが分かりません。

IPO(新規公開株)とは?
上場していない企業が、新しく株式を証券株式会社に上場して、投資家に株式を取得させる事。
企業が新しく株券を発行して、その株券を我々が購入する事ですね。

IPOでは、これから上場する企業の株式を購入して上場初日に初値で売却して利益を得るのですが、そのほとんどが購入金額よりも値上がりするので、簡単に利益が出易くなるのが特徴です。

マネックス証券のIPOルール

マネックス証券のIPOルールをまとめてみました

申し込み口数1口のみ
ネット配分比率100%
資金拘束時期BB申込時
同一資金での複数申し込み不可
当選辞退のペナルティ無し

申し込み口数は1人1口の完全平等抽選

マネックス証券のIPOは1人1口が申し込み可能で、1口=100株です。なのでブックビルディングへは100株しか申し込めないです。

抽選方法は完全平等抽選を採用しており、初心者でもベテランでも当選する確率は同じです。なお抽選はコンピューターによる無作為抽選方式です。

ネット配分比率は100%

マネックス証券は割り当てられたIPO株数をすべての抽選参加者へ回します。なのでネット配分は100%です。例えば当選本数が100本だとすると、抽選配分が10%の証券会社なら10本しか抽選に回しませんが、マネックス証券だと100%の100本が抽選に回ります。

これは頼もしいですね。

資金拘束時期はブックビルディング申込時

マネックス証券では完全前金制を採用しているので、ブックビルディングの申込までに資金(申込価格×100株)を入金しておく必要があります。ちなみに、ブックビルディングの最終日の午前11時が申込期限です。

同一資金での複数申し込みは不可

マネックス証券では申込銘柄が複数あった場合は銘柄ごとの資金(申込価格×100株)が必要になります。

合計100万円の資金が必要
  • A社 30万円
  • B社 50万円
  • C社 20万円

当選辞退のペナルティは無し

マネックス証券では、当選後に購入を辞退してもペナルティ等はありません。なので、公募割れが予想される銘柄に当選したとしても辞退する事も出来ます。

そもそも当選すらしないのですが…。

IPO(新規公開株)申し込みの流れ

マネックス証券では、インターネット配分が100%で、コンピューターで無作為に抽選を行う完全平等抽選制なので、ワタシのような株式の超初心者でも当たる確率は平等です。

初心者に優しい証券会社ですね。

マネックス証券へのIPOの申し込みの流れは以下の通りです。

IPOの申し込みの流れ
  • 銘柄情報の確認
  • 口座への入金
  • ブックビルディングへの参加
  • 募集・売出価格等の確認
  • 抽選結果の確認
  • 購入の申込

銘柄情報の確認

まずは、マネックス証券へログインします。なお、マネックス証券への口座開設方法は下記で詳しく説明しています。

マネックス証券の口座開設方法や開設にかかる日数は?【最新版】

トップページのグローバルメニュー左の『株式取引』をクリックします。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

右サイドバーの『株式』メニューから『新規公開株(IPO)』と進みます。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

新規公開株(IPO)のページでは、現在7つの銘柄の情報確認が行えます。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

この中での目玉と言えばメルカリですね。

メルカリとは?
株式会社メルカリは、東京都港区に本社を置く日本の企業で、フリマアプリ『メルカリ』を運営している。アプリは全世界で1億800万、日本で7,100万ダウンロードを誇る。

『株式会社メルカリ』をクリックすると、銘柄詳細情報を確認できます。この中でいちばん気になるのが販売価格ですね、仮条件欄に『2,700~3,000円』と表示されている通り、メルカリのIPOに申し込むための必要資金は30万円になります。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

抽選日は6月11日か…。

スポンサーリンク

口座への入金

マネックス証券では完全前金制を採用しているので、ブックビルディングの前に、口座にその銘柄の申告相当額が入金されていなければなりません。

ブックビルディング(需要申告)には、その銘柄の申告相当額があらかじめ口座に入金されている必要があります。

う~む、ブックビルディングを申し込む前に資金の入金が必要なのか…、ところで入出金手数料はどうなっているのですか?

マネックス証券の口座へ入金する方法は4通りあり、一番早く無料で入金できる即時入金サービスがお勧めです。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】出典:マネックス証券

即時入金サービスとは、マネックス証券が提携している金融機関と口座契約をしている場合に利用できるオンラインでの入金方法です。即時入金サービスが利用可能な金融機関は下記の通りです。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】出典:マネックス証券

大手ネットバンクばかりですね。

即時入金サービスの受付時間になります、24時間受付でないので注意が必要ですね。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】出典:マネックス証券

早朝は5時からで、深夜1時50分に終了ですか、間にもサービス停止時間がありますね。

出金に対してですが、指定の金融機関への出金は無料になります。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】出典:マネックス証券

即時入金サービスは無料と…、メモしておこう。

それではマネックス証券の口座へ、メルカリの購入資金の30万円を入金していきましょう。トップページのグローバルメニューから『入出金』をクリックします。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

入出金ページの中の、『マネックスに入金する』欄の『即時入金支持(インターネットで入金)』を選択します。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

以下の10銀行の中から入金先を選択して、『次へ(入金の流れ)』をクリックします。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

各銀行への入金の流れが説明されるので、『次へ(口座振替設定)』に進みます。ワタシの場合はジャパンネット銀行から入金するので、支店番号と口座番号を入力しました。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

『次へ(ジャパンネット銀行 口座認証)』をクリック。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

別ウインドウで『口座自動振替契約申込 利用規定』が開くので『同意する』をクリックすると、ジャパンネット銀行のサイトへ移動します。パスワードを入力してログイン後、トークンに表示されたワンタイムパスワードを入力します。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

『ログアウトボタンをボタンクリックしないと口座振替契約が成立しません』と言われるので、『ログアウト』をクリックします。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

以上で口座振替契約が完了しました。

何のこっちゃw。入金をするはずなのに(笑)。

30万円の入金を行おうとしたのですが、知らないうちに『口座振替契約』を結ばされていました(笑)。仕方がないのでトップページに戻り、『入出金』⇒『即時入金支持(インターネットで入金)』と進み、金融機関の選択欄で『ジャパンネット銀行』にチェックを入れて、『次へ(入金の流れ)』と進みました。するとようやく金額を記入する項目が現れたので、入金額に『30万円』と記入して『次へ(入力内容確認)』をクリックしました。」

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

入金額を確認をして『実行する』をクリックします。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

以上で入金依頼の完了です。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

パスワードとかトークン番号とか入力しないでも良いのですか? 何だか怖いな~。

どうやら『口座振替契約』を結んだことにより、金額を記入するだけで入金されるみたいですね。

ログインパスワードを管理しておかないと悪用されたら怖いですね。

では実際に、マネックス証券の口座に30万円が入金されたのか確認していきましょう。というか、トップページにいきなり記載されていました(笑)。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

ヨシヨシ、入金されてるな。

スポンサーリンク

ブックビルディングへの参加

続いてはブックビルディングへの参加です。ブックビルディング期間中に購入意思のある銘柄に需要申告を行っていきます。

ブックビルディング?

ブックビルディングとは?
ブックビルディングとは、IPO(新規公開株)の公開価格を決める方式の一つで、自分の欲しい銘柄をいくらで購入するかを証券会社へ伝える事。
要するに『〇〇円で買いますよ~。』って事ですね。

マネックス証券のトップページから『株式取引』⇒新規公開株(IPO)と進むと、『取扱銘柄』の項目があるので、購入意思のある銘柄を選択します。なお、ブックビルディングが可能な銘柄は『BB受付中』のアイコンが付いています。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

今回はメルカリのブックビルディングに参加するので、メルカリの銘柄をクリックします。すると、銘柄詳細情報のページが表示されるので、『目論見書 』をクリックして目を通しておきましょう。その後、下にある『ブックビルディングに参加(需要申告)』と言う項目があるのでクリックします。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

未閲覧書面一覧ページに移動するので、リンクをクリックして内容を確認します。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

マネックス証券の場合、100%完全平等抽選制を採用しており、1人1回の抽選なので購入株数は『100』ですね。その下『申告価格』は『成行』を選択します、これはいくらの値段でも購入するという意味です。最後に需要申告に同意して『次へ(申告内容確認)』へと進みます。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

需要申告の内容を確認して、4桁の暗証番号を入力し、『実行する』をクリックします。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

以上でブックビルディングの申し込みが完了しました。注文内容は必ず確認してくださいとの事なので、『需要申告・購入申込状況』に進みます。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

メルカリ株100株を需要申告しました。申告を取り消しい場合は『取消』へ進めばOKです。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

抽選結果の確認

メルカリの抽選日は6月11日の18:00以降です、早速抽選結果を見に行きましょう。

ドキドキw

トップページから『株式取引』⇒『新規公開株(IPO)』と進むと、ページ中ほどに『抽選の状況確認・購入』というリンクがあるのでクリックします。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

需要申告・購入申込状況ページに抽選状況が記載されていました。

マネックス証券でのIPOルールや申し込み方・注意点など【初心者向け】

結果は落選でした。

ガックシ…。

やはり簡単には当選しませんね(笑)。

メルカリに充てた資金で他のIPOに申し込みましょう、ところで資金は何時まで拘束されるのかな?

抽選日の18:00以降、落選が決定した時点で資金拘束から解放されます。

まとめ

今回、生まれて初めてIPO(新規公開株)に申し込んでみましたが、見事に落選しました(笑)。競争倍率はどれくらいなのかは分かりませんが、そう簡単には当たらないという事ですね。幸いにも資金が丸々残っているので、他のIPOに申し込んでいこうと思います。

当たらねば当たるまで待とうIPO

まあ、気長に待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)