ワードプレス「ストーク」で「この記事を書いた人」の設定方法

ストーク「この記事を書いた人」や異なるアバター画像の設定方法

ワードプレスの有料テーマ STORK(ストーク)の記事下に「この記事を書いた人」を設定する方法や、異なる複数のアバター画像を使用する方法を紹介します。

どんな感じになるのかな?

こんな感じで記事下に表示されます。

ストーク「この記事を書いた人」

プラグインの「Fancier Author Box」を使えば簡単に表示できますが、STORK(ストーク)ではプラグインを使わなくても簡単に導入が可能になります。

「この記事を書いた人」を設定することにより、ブログ訪問者がプロフィールページに移動する事なく、管理人のプロフィールを見ることが出来ます。

追記

2019年11月にSTORKの新バージョンとなる、STORK19が公開されました。

これによると、機能面でのパワーアップと表示スピードの改善を中心にアップデートが行われたという事です。

公式STORK19の特徴や変更点など

名前の入力

STORK(ストーク)で「この記事を書いた人」を設定する方法ですが、「ダッシュボード」の「ユーザー」➝「あなたのプロフィール」と進みます。

ストーク「この記事を書いた人」設定方法 名前の入力

ブログ上の表示名に「この記事を書いた人」に表示させたい名前を記入します。

ストーク「この記事を書いた人」設定方法 名前の入力

連絡先情報の入力

ウェブサイト・SNSサイトのURLを記入します。

  • ウェブサイト
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • Instagram
  • YouTube new

ストーク「この記事を書いた人」設定方法 連絡先情報の入力

スポンサーリンク

あなたについての入力

プロフィール情報に簡単な自己紹介文を記入します。

ストーク「この記事を書いた人」設定方法 あなたについての入力

プロフィール写真はGravatar(グラバター)を利用して画像を登録していきます。

なんじゃそれ?

Gravatar(グラバター)の使い方

Gravatar(グラバター)とは、ブログやコメントを投稿する場合に、名前の横に表示される画像です。

アバターのことかな?

まずは、Gravatar(グラバター) にアクセスします。トップページ中ほどの「Gravatarを作成」をクリックしましょう。

ストーク Gravatar(グラバター)の使い方

「すでにWordPress.comのアカウントをお持ちですか?」をクリックします。

ストーク Gravatar(グラバター)の使い方

WordPressに登録しているメールアドレスを入力します。

ストーク Gravatar(グラバター)の使い方

パスワードを入力してログインを行いましょう。

ストーク Gravatar(グラバター)の使い方

「ここをクリックして追加してください !」をクリックします。

ストーク Gravatar(グラバター)の使い方

それでは画像をアップロードしていきましょう。最初に「Upload image」欄の「Upload new」をクリックします。

ストーク Gravatar(グラバター)の使い方

①「ファイルを選択」をクリックして、②アップロードする画像を選択します。③「次へ」と進みます。

ストーク Gravatar(グラバター)の使い方

プレビューを見ながら画像の調節をして切り抜きます。調節が終わったら「Crop Image」をクリックします。

ストーク Gravatar(グラバター)の使い方

 

ご自分の Gravatar のレーティングを選択してください

と言われるので、一番上の「rated G」を選択して「Set Rating」をクリックします。

ストーク Gravatar(グラバター)の使い方

以上でアバター画像の設定完了です。

ストーク Gravatar(グラバター)の使い方

アバター画像の確認

「ダッシュボード」➝「ユーザー」と進むと、先ほどアップロードしたアバター画像が設定されていました。

ストークアバター画像の確認

早速ブログでプロフィール画像を確認してみましょう。

ストーク「この記事を書いた人」アバター画像

おおっ!上手く表示されましたね。

同一ユーザーで異なるアバター画像を表示させる方法

WordPressでサイトを複数運営する場合は、大体1つのユーザー名を使いまわしいていると思います。ワタシもすべて同じユーザー名を使っています。

ユーザー名を同一にしておくと、ログインする場合にユーザー名とパスワードがすべてのサイトで同じなので便利です。

しかしアバター画像を設置してみると、すべのサイトで同じアバター画像が表示されました。これを回避する方法は、サイトごとにメールアドレスを登録する事です。

ストーク 同一ユーザーで異なるアバター画像を表示させる方法

同じユーザーでも、メールアドレスを変更することによって、異なるアバター画像を表示させることが出来ました。

ストーク 同一ユーザーで異なるアバター画像を表示させる方法

まとめ

WordPressの有料テーマ STORK(ストーク)では、プラグインを使わないで記事下に「この記事を書いた人」を表示することが出来ます。

画像を表示するには、Gravatar(グラバター)に画像をアップロードするだけでOKです。WordPressのアカウントでログインできるので、簡単に画像を設定することが出来ます。

注意点として、ユーザーとメールアドレスが同一の場合、表示されるアバター画像は全部同じになるので気を付ける必要があります。違う画像を表示させるには、メールアドレスを個別に設定してやればOKです。

追記:今後はストークの最新バージョンのSTORK19が購入可能です。

STORK最新バージョン【STORK19】

WordPress有料テーマSTORK(ストーク)関連記事一覧はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)