ソフトバンクの3年目からの料金をプラン別に分かりやすく解説【2017年版】

ソフトバンクの3年目からの料金をプラン別に分かりやすく解説【2017年版】

2016年2月にソフトバンクの3年目以降の月額料金について記事にしました。

ソフトバンクのスマホの3年目からの月額使用料金はいくらになるのか徹底調査
どうも、ごりょんさんです。 わたくしが携帯電話なるものを初めて所持したのは、かれこれ10年位前でしょうか?それまでは ポケベルやP...

乗り換えて2年目までは、バンバンのりかえ割や、月月割り等のサービスがありましたので、スマホを格安で利用する事が出来ました。

しかし2年契約が終了すると、すべての割引が無くなって月額料金が一気にアップしてしまいます。

そこで、ソフトバンクスマホの3年目からの月額使用料金は、一体いくらになるのかを記事にしました。しかし、ソフトバンクの料金体系が新しくなったので、心機一転 ソフトバンクスマホの月額料金がいくらになるのかをプラン別に分かりやすく解説 していきたいと思います。

なお今回の条件は、ソフトバンクにスマホを乗り換えて 2年経過後の3年目からの月額料金のシュミレーションとなります。機種変更等は無しで、端末をそのまま3年目も使用するという条件です。

スポンサーリンク

ソフトバンクスマホの料金プランはどうなっているのか?

まず最初は、ソフトバンクスマホの料金プランについて調べてきたいと思います。キャリア3社は名前は違いますが、ほとんどよく似た料金プランを掲げていますね。

ソフトバンクスマホには、主に下記の3種類の料金プランがあるので、1つずつ説明していきます。

  • ホワイトプラン
  • スマ放題
  • スマ放題ライト

ソフトバンクスマホのホワイトプランとは

ソフトバンクのユーザー同士なら、午前1時から午後9時までの間に限り 通話が無料 になるサービスです。

ソフトバンク同士でも、夜の21時から深夜1時までは通話料金がかかるので、気を付けたいところです。もちろん他社の携帯に電話をかけると、30秒で20円の通話料がかかります。1分間で40円ですか・・・かなり高額な通話料金になりますね。

ホワイトプランといえば、定額制の7GBというイメージがありますが、実際にはホワイトプランの中に、更に2通りのプランがあります。

  • パケットし放題フラットfor 4G LTE
  • パケットし放題for 4G LTE

フラットの有り無しの差です。何だかややこしいですね(笑)。

パケットし放題フラットfor 4G LTE

パケットし放題フラットfor 4G LTEは、1か月にデータを7GBまで使用できるプランになります。ちなみに7GBを超えてしまうと、通信速度が128kbpsに規制されてしまいます。

最近の一般的なスマホの速さは 15Mbpsと言われているので、規制がかかってしまうと、約117分の1に減速されます。ワタシが思うには、1か月に7GBも使いようがないと思いますが(笑)。

ほとんどのホワイトプランユーザーは、こちらのパケットし放題フラットfor 4G LTEを選択しているのではないでしょうか。ワタシのソフトバンク時代もこの料金プランでした。

パケットし放題for 4G LTE

こんどはフラット無しのプランになります。こちらのプランもパケットし放題となっています。月額データ使用料量は フラットタイプと同じ7GBまでですね。

ただし、15.5MB以上使ってしまうと、6200円の料金がかかります。フラットタイプに比べて500円割高になります。その代わりにデータを5MB以下の抑えた場合は、いちばん安い料金で、2000円と格安になります。

下記は2つのプランを比較した表です。

ソフトバンクの3年目からの料金をプラン別に分かりやすく解説【2017年版】出典:ソフトバンク

Eメールやインターネットを全く利用しない人は、パケットし放題for 4G LTEの方がお得に感じますが、使った分だけ料金が高くなる従量課金制なので、データ量が15.5MB以上になると、6200円も取られてしまいます。2000円で収めるには、データ使用料を5MB以下抑えなくてはなりません。5MBといえば 動画を見たら一瞬で達してしまう数値ですね。

ホワイトプラン料金比較
基本データ量基本料ウェブ使用料定額料合計税込料金
パケットし放題フラットfor 4G LTE7GB934円300円5700円6934円7488円
パケットし放題for 4G LTE~5MB2000円3234円3492円
15.5MB~7GB6200円7434円8028円

通話オンリーなら3千円台で持てますが、そういう訳にもいきませんので、やはり 月額7千円台は支払う事になりますね。

ソフトバンクのスマ放題

スマ放題とは、24時間国内通話かけ放題、ネットし放題で、余ったデータは翌月に繰り越し可能(5GB以上)と、電話もネットも楽しみたいユーザー向けのプランです。

スマ放題と聞くと、なんだかスマップを連想してしまいますね(笑)。スマ放題はauで言うところの「カケホ」になります。

スマ放題の特徴は、なんといっても、24時間国内通話し放題 です。ワタシのauでのプランは、5分以内ならかけ放題なので、電話をかける時は 5分を超えないようにいつも心配しながら通話しています(笑)。

その点スマ放題は、時間を気にする事無く いつまでも通話を楽しめます。5分間以内通話し放題よりも月額千円高いだけなので、大変お得なサービスといえます。

スマ放題の料金プラン
プラン通話定額基本料ウェブ使用料基本データ定額料合計税込料金
ギガモンスター2700円300円30GB8000円11000円11880円
20GB6000円9000円9720円
データ定額5GB5000円8000円8640円
データ定額ミニ2GB3500円6500円7020円
1GB2900円5900円6372円

いつの間にか ギガモンスターという新プランが誕生していました。基本データが30GBと20GBの2種類選択できます。しかし1か月に30GBも使い切れるのでしょうか?

通話がメインで、ネットはニュースやWEBサイトを見る程度なら5GBで十分ですね。自宅のネット回線とWiFiで繋ぐことが可能 なら、家の中ではパケット代はかからないので2GBでも足りると思います。

月額7千円なら何とかやり繰りできそうな感じがしますね。

ソフトバンクのスマ放題ライト

先ほどのプランは、通話し放題のプランでしたが、あまり電話を使用しないユーザー向けのプランが、スマ放題ライトです。auでは「スーパーカケホ」になります。

24時間国内通話が、1回5分以内なら無料 になるプランです。こちらも余ったデータは翌月に繰り越し可能(5GB以上)となっています。

スマ放題ライトは、あまり電話を使わないユーザー向けですね。ワタシもauではこのプランで契約しています。

スマ放題ライトの料金プラン
プラン通話定額基本料ウェブ使用料基本データ定額料合計税込料金
ギガモンスター1700円300円30GB8000円10000円10800円
20GB6000円8000円8640円
データ定額5GB5000円7000円7560円
データ定額ミニ1GB2900円4900円5292円

簡単に言うと、スマ放題の通話基本料よりも1000円安く、データ定額の2GBのプランが無いバージョンになります。しかし2GBのプランが無いとは・・・

ネットサーフィンくらいしか使わないユーザーにとって、5GBは容量的に多すぎますね。かといって1GBでは確実に足らなくなります。auでは3GBのプランがあるので助かります。

月額データ量が1GB台から2GB未満のユーザーは、スマ放題ライト5GB(7560円)よりも、スマ放題2GB(7020円)の方が料金的に安くて済みます。

追加データを購入すると月額料金が安くなる!?

スマ放題ライトには、1GBから5GBの間のプランが無いので、月額平均2GB程度しか使わないユーザーは、5GBのプランを契約しなければなりません。

凄く勿体ない料金プランですね。この問題を解決する方法として 、追加データを購入するという裏ワザがあります。

月額データ量の上限を超えた場合には、通信速度が128kbpsに規制されますが、この規制を解除してやります。現在はキャンペーン中との事でお得に追加データを購入できます。

ソフトバンクの3年目からの料金をプラン別に分かりやすく解説【2017年版】出典:ソフトバンク

制限モードと快適モードの違いは、制限モードはデータ量が超過すると、その都度購入していきます。対して快適モードは、自動的にデータが購入されます。

事前設定データ量超過後追加データ購入
制限モード不要通信速度低速手動
快適モード必用通信速度はそのまま自動

各プラン共通という事なので、データ定額1GBのプランに制限モードで1GBを追加購入すると、月額のデータ使用料が2GB未満利用可能になります。

プラン通話定額基本料ウェブ使用料基本データ定額料制限モード1GB購入合計税込料金
データ定額ミニ17003001GB2900円1000円5900円6372円

2GBで6372円という事で、5GBのプランの7560円よりも1188円もお得になります。ここで注意する事は、1GBだけなら料金は安くなりますが、2GB追加購入すると 合計3GBで7452円と 逆に割高になってしまいます。

ソフトバンクでのその他の割引プランの有無は?

ソフトバンクの3年目からの月額利用料は分かりましたが、その他でお得な割引プランは無いのでしょうか?

おうち割

自宅のインターネットや電力などを、ソフトバンクの携帯電話とセットで契約する事により、割引が受けられるサービスです。光セット・でんきセットの2プランがあります。

学割モンスターU25

2016年12月21日より開始された新しいサービスです。25歳以下のユーザーを対象にした、データ定額プランの「ギガモンスター」の料金が、毎月1000円引きになるキャンペーンです。


2017年6月追記 5月31日で当キャンペーンは終了しました。

ソフトバンクスマホの3年目以降の料金プラン比較まとめ

今回の記事は、2016年2月に作成した、ソフトバンクのスマホの3年目からの月額使用料金はいくらになるのか徹底調査 の最新2017年版になります。

基本的に、携帯電話と自宅インターネットはセットで契約した方が断然お得になります。携帯電話の月額代金は、なるべく安くしたいので、自分のスマホの使用状況に応じたプランを選びたいですね。

auひかりでスマホの月額料金が安くなる

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です