WordPress無料テーマのSimplicityの見出しタグをカスタマイズする方法

WordPress無料テーマのSimplicityの見出しタグをカスタマイズする方法

今回は、スタイルシート(style.css)を使って、WordPressの無料テーマSimplicityの見出しタグをカスタマイズ していきたいと思います。

icon-question 見出しタグとは

検索エンジン対策のためのHタグ。サイト訪問者にとっても読みやすいという利点がある。

当ブログでは、WordPress無料テーマのSimplicityを利用しています。Simplicityのデフォルトではこんな感じの見出しタグでした。

WordPress無料テーマのSimplicityの見出しタグをカスタマイズする方法

H1タグはブログの記事タイトルに使うので、普段使用するのは、H2タグH3タグぐらいで、たまにH4タグを使う程度かと思われます。

ブログの投稿記事一記事に対して、H1タグは1回まで、H2タグ以下は何回でも使用可能です。しかし正しい順番で使用しなければなりません。

H2➝H3➝H4と数字の小さい方から使用していきます。H2からいきなりH4へ飛ぶのはNGですね。

WordPress無料テーマのSimplicityの見出しタグをカスタマイズする方法

Simplicityは非常にシンプルで素晴らしい無料テーマなのですが、見出しタグもシンプルなので、少しばかり装飾してカッコ良くしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Simplicityの見出しタグ(H2)のカスタマイズ

まず初めはH2タグですね。

WEB道さんの「CSS見出しジェネレータ」を使って製作しました。

これをダッシュボードから『外観』⇒『テーマの編集』の、『スタイルシート(style.css)』に貼り付けて、『ファイルを更新』をクリックします。

H3タグとH4タグのカスタマイズ

次は小見出しのH3とH4をカスタマイズしていきましょう。

icon-check-square-o H3タグ

icon-check-square-o H4タグ

設定変更後はこんな感じになりました。

WordPress無料テーマのSimplicityの見出しタグをカスタマイズする方法

H5タグとH6タグは使う事はないので変更しない事にしました。

Simplicityの見出しタグのカスタマイズまとめ

今回は、スタイルシート(style.css)を使って、WordPressの無料テーマSimplicityの見出しタグをカスタマイズしていきましたが、ここでのポイントは、Simplicityの親テーマはいじらずに、子テーマを変更するという事になります。

Simplicityでアップデートが行われた場合に、親テーマの見出しタグをカスタマイズしている場合は、親テーマが全て書き換わってしまいます。

子テーマをカスタマイズしていると、親テーマのアップデート時でも、そのまま子テーマのファイルは書き換えられません。なので、スタイルシート(style.css)をカスタマイズする場合は、子テーマの使用をお勧めします。

■関連記事■

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)