WordPress有料テーマIZM(tcd034)の購入方法を解説~複数サイト使用可能テーマ

WordPress有料テーマIZM(tcd034)の購入方法を解説~複数サイト使用可能テーマ

このたび、WordPressの有料テーマ IZM(tcd034) を購入しました。

最初はA8.netのファンブログから出発して、今現在はレンタルサーバーと独自ドメインを購入して WordPressでブログ運営を行っています。

当ブログもそうですが、ブログのテーマ(テンプレート)で、無料の Simplicity を使わせてもらっています。SEO対策もされていて、 Google アドセンスも簡単に導入できるSimplicityは最強の無料テーマと言えます。

しかし、そこはやはり無料テーマなので、有料テーマに比べてみたらどうなのかという結論に達しました。そこで、物は試しで有料テーマを購入してみる事になりました。

スポンサーリンク

WordPressのおすすめ有料テーマ

WordPressの有料テーマといっても、いろいろ種類があってどれを選んでよいのか分かりませんでした。そこで、『ワードプレス 有料テンプレート おすすめ』で検索してみました。

ここで名前が出てきたのは下記の5点でした。

  • 賢威
  • Grazioso(グラツィオーソ)
  • TCD
  • THE WORLD
  • アルバトロス

賢威は超有名なテーマですが、値段が24,800円と高額なのが難点です。

公式 SEOテンプレート【賢威】

あとは詳しくは分かりませんが、あまり値段の高いのは買いたくないので、できれば1万円以内の物を探しました。次に目に留まったのが アルバトロス でした。

WordPressテーマ「アルバトロス」とは?

販売元は OPENCAGE(オープンケージ)です。

特定商取引法に基づく表記
事業者の名称株式会社bridge
事業者の所在地香川県観音寺市高屋町1222
運営責任者矢野 吉紀
事業者の連絡先TEL/FAX 0877858658
MAIL support@open-cage.com

アルバトロスの特徴を挙げてみましたが、誰が使っても美しいというのは魅力ですね(笑)。

  • 無料ブログのようにカスタマイズの必要がない
  • レスポンシブ対応でスマホからも見やすい
  • 誰が使っても美しい
  • ウィジェットやショートコードが充実
  • ランディングページの製作が可能

今の時代はスマホからの閲覧が多数を占めているので、モバイルファーストであるこのテーマは条件にピッタリです。しかも値段が7,980円とお手軽なので、これに決めてしまおうと思っていました。

公式 WordPressテーマ「アルバトロス」

ブロガー専用テーマSTORK(ストーク)

ところが、OPENCAGEのサイトへ行ってみると、なにやら凄いセリフで新しいテーマを宣伝していました。

WordPress有料テーマIZM(tcd034)の購入方法を解説~複数サイト使用可能テーマ

ブログマーケッターJUNICHIさんという方と、OPENCAGEが共同で開発したテーマになります。

OPENCAGEには「ハミングバード」と「アルバトロス」の2つのテーマがありましたが、それらの進化版が STORK(ストーク)になります。

STORK(ストーク)の特徴とは?

基本的にはアルバトロスと同じ機能を備えていますが、ストークで登場した新機能は下記の通りです。

  • スマホ用グローバルメニューがつけられる。
  • ハンバーガーメニューに画像が挿入可能に
  • バイラル風レイアウトの追加
  • PCとスマホのウイジェットが別々
  • 記事タイトル上にフリースペースを確保

とまあ、色々な機能が追加されて、より進化したブログ作成が可能になりました。

こちらは10,800円と『ハミングバード』と『アルバトロス』に比べて3,000円ほど割高になりますが、どうせ有料テーマを使うのならば最新式テーマの方が良いかなと考えて、STORK(ストーク)にする事に決めました。

WordPress最新テーマSTORK(ストーク)の導入方法

それではさっそく購入ページへ行ってみましょう。

公式 WordPressテーマ「ストーク」

最初に確認しておくべき事は、テンプレートの使い回しが可能かどうか です。複数サイト使用が可能なら、10サイトを製作すれば 1サイト1,080円で済みます。

サイトのフッターにある『インフォメーション』⇒『ご利用規約』と進みます。その中の『テーマについて』に記載されていました。

1回の購入で1サイトにご利用可能です。

えっ? 1つだけ???

10,800円も支払って、たった1つのブログでしか利用できないとは・・・。

これでは間違いなく赤字運営になってしまいます(笑)。残念ながらSTORKは諦めざるを得ないですね。

追記 結局、STORK(ストーク)を購入しました(笑)。

関連 WordPressの有料テーマをストーク(STORK)に変更してみた!

テーマの使い回しが出来るTCDテンプレート

1サイトだけでなく、複数のサイトで使用できるテーマを探していると、デザインプラス という会社を発見!

社名株式会社デザインプラス
DesignPlus, Inc.
本社〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島6丁目8-23 ビープラスビル7F
代表者中田 俊行
サイトURLhttp://design-plus.info/
設立2010年8月26日
事業内容WordPressテーマの開発、販売
予約管理システムの開発・販売
インターネットメディア事業
インターネット広告事業

TCDとは?

TCDとは、株式会社デザインプラスが製作・販売している WordPressの有料テンプレートのシリーズで、現在では約48種類の豊富なテーマが揃っています。

WordPress有料テーマIZM(tcd034)の購入方法を解説~複数サイト使用可能テーマ

この中で気に入ったのが、IZM(tcd034) というテーマです。

TCDのテーマは使い回しが出来るので、複数のブログで利用可能です。お値段は11,980円と少し割高になりますが、5つのブログで使用すれば、5分の1の金額で済む事になります。

TCDテーマIZMの購入方法

では実際に購入して行きましょう。

公式 IZM (tcd034)

下の方までスクロールして行くと、購入ボタンがあるので、『銀行振込はこちら』をクリックします。

WordPress有料テーマIZM(tcd034)の購入方法を解説~複数サイト使用可能テーマ

必要事項を記入して『確定』をクリックします。

WordPress有料テーマIZM(tcd034)の購入方法を解説~複数サイト使用可能テーマ

『確定ボタン』を押します。

WordPress有料テーマIZM(tcd034)の購入方法を解説~複数サイト使用可能テーマ

これで購入完了です。

WordPress有料テーマIZM(tcd034)の購入方法を解説~複数サイト使用可能テーマ

すぐにデザインプラスからメールが届きましたが、銀行引き落としは時間がかかりそうですね(笑)。

WordPress有料テーマIZM(tcd034)の購入方法を解説~複数サイト使用可能テーマ

うまい具合にワタシも住信SBIネット銀行の口座を持っていたので、 速攻で振り込みました。後は相手からの入金確認のメールを待つだけです。

振り込んだのが土曜日だったので、月曜日まで待たされるのかと思いましたが、夕方にメールが届きました。

WordPress有料テーマIZM(tcd034)の購入方法を解説~複数サイト使用可能テーマ

『テーマダウンロードURL』をクリックして、IDとパスワードを記入すると、IZMがダウンロードされました。

WordPress有料テーマIZM(tcd034)の購入方法を解説~複数サイト使用可能テーマ

これをブログの管理画面からアップロードすればOKですね。アップロードや設定方法は、次回に解説したいと思います。

IZM(TCD34)関連記事
スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です