トルコリラがやばい!?いくらでロスカットされるのか計算してみた!

トルコリラがやばい!?いくらでロスカットされるのか計算してみた!

トルコリラがやばいことになっています。2018年の5月に史上最安値の22円台に突入しました。7月12日には、一時22.071円まで落ち込みました。この先どこまで下落するのでしょうか? ※2019年8月時点では19円台になっています。

トルコリラがやばい!?いくらでロスカットされるのか計算してみた!

心配で夜も寝れないですよ!

2018年7月時点でのトルコ共和国の政策金利は17.75%と、10年ぶりに15%を超えて、スワップポインも1日100円ほど付与される様になりました。しかし、これだけ為替が下がると、スワップポイントも焼け石に水になってしまいます。

注意

2019年9月時点でのトルコ共和国の政策金利は16.50%です。

そこで、トルコリラを保有するためには幾らの証拠金が必要なのか、今現在のトルコリラが、どれくらい下落すると強制ロスカットされるのか、計算してみる事になりました。

FXにおけるレバレッジとは?

FX(外国為替証拠金取引)とは、日本円を売って、外国の通貨を購入する事です。2019年8月9日時点でのトルコリラ/円(TRY/JPY)の為替レートは19.34円です。このトルコリラを1万通貨購入するためには、193,400円の日本円が必要になります。

トルコリラ1通貨=19.34円って事ですね。

ところがFXでは、193,400円よりもはるかに少ない金額でポジションを保有することが可能になります。これをレバレッジと呼びます。

レバレッジとは?
FX会社に自分のお金を証拠金として預けることで、何倍もの取引が出来る事。

例えば、FX会社に193,400円を入金して、トルコリラ/円を1万通貨購入すると、レバレッジは1倍になります。10万通貨を購入した場合ではレバレッジは10倍ですね。

193,400円の資金でも、保有したポジションによって損害も変わってきます。トルコリラ/円を1万通貨購入した場合は、為替レートが1円下がると損失も1万円で済みますが、10万通貨購入していた場合、為替レートが1円下がると損失は10万円にもなります。

入金額トルコリラ/円レバレッジ為替が1円下がった時の損失
193,400円1万通貨1倍1万円
10万通貨10倍10万円
う~む、レバレッジ10倍はリスキーだな。

スポンサーリンク

FXの必要証拠金とは? 計算方法は?

トルコリラがやばい!?いくらでロスカットされるのか計算してみた!

FX会社に口座を開いてトルコリラ/円を購入する場合、証拠金が必要になります。いわゆる担保ですね。

必要証拠金とは?
FXでポジションを保有するための最低必要な預託金。

この必要証拠金は、FX業者によって異なります。

どれくらいの担保金が必要になるのかな?

一般的なFX会社の場合は証拠金率4%がポピュラーですが、ワタシがトルコリラを10万通貨保有しているサクソバンク証券では、必要証拠金率は11%になっています。

外部リンク個人のお客様の必要証拠金率&最小取引単位

トルコリラを1万通貨保有する場合に必要な証拠金を計算すると、現在のレート19.34×10,000通貨=193,400円。

193,400円×11%=21,274円

サクソバンク証券でトルコリラを1万通貨保有するためには、最低21,274円が必要になります。

入金額トルコリラ/円必要証拠金率必要証拠金
193,400円1万通貨11%21,274円
10万通貨212,740円

ここで、スワップポインが高いFX業者のトルコリラを1万通貨保有するための必要証拠金率を調べてみました。

FX会社名1万通貨あたりの必要証拠金(率)
みんなのFX4%
マネーパートナーズ8,000円
GMOクリック証券(くりっく365)4%
ヒロセ通商 LION FX8,000円
SBI FXトレード4%
4%か8,000円に設定されていますね。

必要証拠金率を4%と仮定すると、TRY/JPYの為替レートが19.34円の場合、1万通貨を保有するために必要な証拠金は下記の様になります。

193,400円×4%=7,736円

1万円あればトルコリラが購入できる訳ですね。

1万円あればトルコリラのポジションを保有可能ですが、万が一為替レートが下がった場合にロスカットされる恐れがあります。

!?

ロスカットとは?

ロスカットとは、ポジションの損益がある一定レベルに達した場合に、更なる損益を未然に防ぐために、ポジションを強制的に売却する制度です。

もしこのロスカットルールがなければ、FX会社に預けている資金をすべて失ってしまうばかりか、追加で損失を払わなければならなくなります。

ガクブルですね。

では一体、どのようになればロスカットが適応されるのでしょうか? ロスカットルールは各FX業者によって違ってきますが、ここではワタシがトルコリラを1万通貨保有しているヒロセ通商を例に取ってみましょう。

ロスカットの計算方法

ロスカットは以下の方法で計算します。

基本式
  • 有効証拠金-必要証拠金=余剰金
  • 余剰金÷通貨数量=ロスカットまでの値幅
有効証拠金=取引証拠金に評価損益を加減算したもの
必要証拠金=ポジションを維持するために必要な金額

ロスカット基準=有効証拠金が必要証拠金を下回った場合

何だかよく分からないな~。

193,400円の資金でトルコリラを1万通貨購入した場合を例に取ると、有効証拠金の193,400円が必要証拠金の8,000円を下回った時点でロスカットルールが適用されます。

有効証拠金193,400円
必要証拠金8,000円
ロスカット基準8,000円>193,400円

 

有効証拠金(193,400円)-必要証拠金(8,000円)=余剰金(185,400円)

(余剰金185,400円)÷通貨数量(10,000通貨)=ロスカットまでの値幅(18.54円)

トルコリラを1万通貨保有していた場合は、為替レートが18.54円下がった場合にロスカットされるんですね。

有効証拠金が193,400円なので、実際にはレバレッジは1倍になりますが、有効証拠金が10分の1の19,340円の場合はレバレッジは10倍になります。この場合はいくらでロスカットされるかと言うと

有効証拠金(19,340円)-必要証拠金(8,000円)=余剰金(11,340円)

余剰金(11,340円)÷通貨数量(10,000通貨)=ロスカットまでの値幅(1,134円)

為替レートが1,134下がるとロスカットか…、厳しいな~。

スポンサーリンク

実際にいくらでロスカットされるのか計算してみた!

では実際にヒロセ通商のワタシの口座で確認してみましょう。※2018年のトルコリラ保有時の口座情報です

ポジションを保有した時点での口座の総合計金額は30,169円でした。購入時の為替レートが22.691円で今現在のレートが23.193円です。為替差益が5,020円に毎日スワップポイントが加算されるので、今現在での利益は10,461円になります。

30,169円に利益の10,461円をプラスしたのが有効証拠金ですね。ここから必要証拠金の10,000円を引いた金額を購入通貨数(10,000通貨)で割ってやります。この値がロスカットまでの値幅(3.063円)になります。

トルコリラがやばい!?いくらでロスカットされるのか計算してみた!

 

有効証拠金40,630円
必要証拠金10,000円
ロスカット基準10,000円>40,630円

 

有効証拠金(40,630円)-必要証拠金(10,000円)=余剰金(30,630円)

余剰金(30,630円)÷通貨数量(10,000通貨)=ロスカットまでの値幅(3.063円)

現在の為替レートが23.193円なので、3.063円を引くと20.13円がロスカット値になります。

何とか頑張れトルコリラ!

追記 残念ながロスカットされてしまいました…。

トルコリラがやばい!?いくらでロスカットされるのか計算してみた!

まとめ

今回は、FX(外国為替証拠金取引)におけるレバレッジや必要証拠金・ロスカットのルールなどを紹介しました。

トルコリラを取引するのに必要な証拠金は、どこの業者でも4%前後になっています。(サクソバンク証券は11%)

ロスカットのルールは取引業者によって変わってきますが、ワタシがトルコリラを保有しているヒロセ通商では、有効証拠金が必要証拠金を下回った場合、ロスカットルールが適応されます。

今現在のトルコリラの為替レートは非常に不安定なので、あまりレバレッジを利かせずに、なるべくゆとりを持って証拠金を預けておきたいですね。

トルコリラ関連記事一覧はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)