アマゾンFBAで海外発送の設定をするメリットとデメリットを詳しく解説する

アマゾンFBA海外発送

どうも、ごりょんさんです。

先日アマゾンの送料が2000円未満は350円に改定された事の記事を書きました。

➝amazonの「全商品送料無料」が終了、2000円未満の商品は送料350円プラスに~FBAはこれからどうなる?

これにより2000円未満の商品の売れ行きが落ちると分析しました。

ただボーっと売れるのを待つだけでは仕方がないですのでアマゾンFBA海外発送の設定をしてみようかと考えています。

そこで、このFBA海外発送の設定のメリットとデメリットを調べて行きたいと思います。

スポンサーリンク

アマゾンのFBA海外発送とは?

今まではAmazonFBAでの注文は国内だけに限られていましたが、手続きをすることによりメディア商品のみ海外発送が可能になりました。

メディア商品とは?

本、CD・レコード、ビデオ・DVDになります。

これらの商品が海外から注文されますと、日本国内で注文されるのと同じく、わたくしは何もしないですがFBAから出荷されるという素晴らしいサービスになります。

日本の人口1億3千万人に対して世界の人口が73億人ですので、販売経路は確実に広がりますね。

アマゾンFBA海外発送のメリット

アマゾンFBA海外発送のメリットとは?

  • 販売経路の拡大
  • 手数料が無料
  • FBAから送られるので何もしなくてもよい

わたくしも「手数料無料でFBAから勝手に送られるなら全て海外発送にしたらいいジャン。」と思っていました。

しかしよく調べてみますと大変重要なデメリットがありました。

アマゾンFBA海外発送のデメリット

アマゾンFBAに支払う手数料はご存じと思いますが念のため。

AmazonFBAでかかる手数料はいくら?保管代金は?

この記事でも解説しましたが、

  • 販売手数料
  • カテゴリー成約料
  • 在庫保管手数料
  • 出荷作業手数料
  • 発送重量手数料

主にこの5つが手数料となります。赤字がFBAでのみかかる手数料です。

基本的にFBAでかかる手数料は海外発送でも同じになります。

CD1枚を例にしますと、在庫保管手数料が1か月2円、出荷作業手数料が87円、発送重量手数料が57円という事になります。

ここに販売手数料の16.2%(税込)とカテゴリー成約料の151円がプラスされます。

今回のFBA海外発送ではカテゴリー成約料が非常に重要になってくる事になります。

カテゴリー成約料とは?

メディア商品(本、CD・レコード、ビデオ・DVD)のみにかかる手数料の事です。

国内へ発送する場合

商品カテゴリーカテゴリー成約料
書籍60円
ミュージック140円
DVD140円
ビデオ(VHS)30円
(注)税抜価格

CD・DVD1枚140円と、高いなりにもまずまずの値段ですね。

ところが海外へ発送する場合に値段が跳ね上がります。

海外へ発送する場合

商品カテゴリーアジア、グアム、マーシャル諸島、ミッドウェイ諸島北米、中米、中近東、オセアニア、ヨーロッパアフリカ、南米
書籍120円300円350円
ミュージック250円400円450円
DVD250円400円450円
ビデオ(VHS)300円500円600円

ここに消費税が別途かかりますのでかなりの出費になりますね。

ここで肝心なことは、あまり安い商品が海外発送されてしまいますと赤字になるという事です。

1000円のCDを例に例えます。

 国内配送アジア、グアム、マーシャル諸島、ミッドウェイ諸島北米、中米、中近東、オセアニア、ヨーロッパアフリカ、南米
販売手数料162円162円162円162円
カテゴリー成約料151円270円432円486円
出荷作業手数料87円87円87円87円
発送重量手数料57円57円57円57円
手数料小計457円576738円792円
利益543円424円262円208円

更に、小口出品なら1個につき108円、大口出品なら月額5292円別途徴収されます。

プラス仕入れ代金がかかりますので、1000円のCDが国内で売れても200円ちょっとの利益しか得られません。

国内配送でさえこの数字ですので海外、アジア以外で注文が入れば完全に赤字になります。

FBA海外発送は手数料が無料と書かれていますが、カテゴリー成約料のアップ分が海外発送にかかる手数料とみて良いですね。

まとめ

FBA海外発送は販売機会の拡大という点では、世界を相手にしますので非常に魅力のある制度です。

しかしあまりにも安い商品が海外から注文されますと、確実に赤字になってしまいます。赤字になるのなら売らない方がましですね。そこの所をよく考えていかなければなりません。

FBA海外発送の設定をするのであれば、メディア商品の在庫の値段を最低2000円~3000円くらいに引き上げてやらないと利益を得られませんね。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です