Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

ここでは、インターネットショッピングには欠かせない国内最大ECサイトのAmazon.co.jpでAmazonプライム無料体験に登録する方法を紹介します。

Amazonで買い物をしていると時々表示されている『Amazonプライムの無料体験』、あなたは利用した事がありますか? この『Amazonプライム』に入会すると、多種多様なサービスを受けることが出来ます。一般的に知られているところでは、2,000円未満の配送料が無料になったり、お急ぎ便が無料で利用出来たりする事ですね。

Amazonプライム会員の主な特典
  • お急ぎ便・お届け日指定便が使い放題
  • 映画もTV番組も見放題
  • 100万曲以上が聴き放題
  • 厳選された数百冊の書籍・漫画・雑誌が読み放題
  • 写真を保存し放題
  • タイムセールに30分早くアクセス

ワタシもAmazonで欲しい商品があり、今すぐ手に入れたい場合などは『Amazonプライムの無料体験』を利用します。『Amazonプライムの無料体験』の素晴らしいところは、一定期間を経過する事で『Amazonプライムの無料体験』を何回でも利用できる事です。

Amazonプライム(無料体験を含む)をご利用いただいたことのある方は、一定期間内はAmazonプライム無料体験を再度ご利用いただくことはできません。

なるほど、一定期間を過ぎるともう一度無料体験が利用可能になるんですね。

Amazonプライムの月額利用料金は500円

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

Amazonプライムの料金体系は2種類、月間払いと年間払いに分かれています。年間4,900円を12か月で割ると408円になるので、料金的には年間払いの方が少しお得になっています。

Amazonプライム料金(税込)
  • プライム月間   500円
  • プライム年間 4,900円
喫茶店でコーヒー1杯飲むくらいの金額ですね。

Amazonプライムで受けられるサービス

Amazonプライムでは以下のサービスを受けることが出来ます。

Amazonプライム会員の特典
  • お急ぎ便・お届け日指定便・送料が無料
  • Prime Now
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • Amazon Mastercard
  • Prime Video
  • Prime Videoチャンネル
  • Prime Music
  • Amazon Music Unlimited
  • Prime Reading
  • プライム会員限定先行タイムセール
  • Amazonパントリー
  • Amazon Photos
  • Kindleオーナー ライブラリー
  • TWITCH PRIME
  • Amazonファミリー
  • プライム・ワードローブ
  • 家族と一緒に使い放題
  • プライムペット
う~む、これだけのサービスが使えて月額500円、しかもお試し30日間無料とは、安すぎませんか?

お急ぎ便・お届け日指定便・送料が無料

Amazon.co.jpで商品を購入する場合に、2,000円未満の商品(書籍は除く)は送料がかかりますが、プライム会員では送料が無料になります。その他では下記のサービスも使い放題になります。

配送オプション
  • お急ぎ便
  • 当日お急ぎ便
  • お届け日指定便
Amazonで商品を購入した場合、時間指定が出来ないので『お届け日指定便』は重宝しますね。

Amazonプライム会員の場合、下記のオプションを含む全ての送料が無料になります。

Amazonプライム非会員Amazonプライム会員
本州・四国(離島を除く)北海道・九州・沖縄・離島
2,000円以上の送料無料無料無料
2,000円未満の送料400円440円
お急ぎ便500円540円
お届け日時指定便500円540円
当日お急ぎ便600円640円
ラッシュ便※700円

※スマホではスライドして下さい。
※書籍は通常送料無料

※ラッシュ便のプライム会員の配送料は300円ですが、キャンペーン期間中(終了日未定)は無料で利用出来ます。

ただし、プライム特典を利用できるのはプライムマークが付いている商品のみになるので注意が必要です。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

Amazonの商品を最短2時間で届けてくれる「Prime Now」

Amazonの商品を最短2時間で届けてくれるサービスです。利用するには専用のアプリが必要です。2019年3月時点での対象地域は東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の対象エリアで利用出来ます。

icon-check-square-o Prime Now 対象エリア

東京都: 23区12市(世田谷区・目黒区・千代田区・中央区・台東区・墨田区・江東区・豊島区・板橋区・北区・中野区全域、ならびに渋谷区・品川区・大田区・港区・杉並区・新宿区・文京区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・練馬区・調布市・狛江市・武蔵野市・三鷹市・西東京市・東久留米市・小平市・小金井市・国分寺市・国立市・府中市・稲城市の一部)
神奈川県: 川崎市の6区(高津区・中原区全域、多摩区・宮前区・川崎区・幸区の一部)、ならびに横浜市の11区(西区・神奈川区・港北区・中区全域、都筑区・緑区・鶴見区・南区・磯子区・保土ケ谷区・旭区の一部)

千葉県: 浦安市全域、ならびに市川市の一部

大阪府: 大阪市17区(北区・淀川区・東淀川区・都島区・旭区・中央区・港区・福島区・此花区・西淀川区・浪速区全域、ならびに城東区・東成区・鶴見区・天王寺区・西区・大正区の一部)、豊中市および吹田市全域、摂津市・守口市の一部

兵庫県: 尼崎市・伊丹市の一部

出典:Amazonプライム

朝8時から深夜0時までで2時間ごとの配達時間を指定でき、配達状況は地図でリアルタイムに確認できます。このサービスはAmazon.co.jpの売れ筋商品から、日用品・家電や惣菜・冷凍・冷蔵食品までも配達可能です。

冷凍食品も配達可能なの? マジか!

特別取扱商品の取扱手数料が無料

サイズの大きな商品や重量の重い商品など、配送時に特別な取り扱いを要する商品は『特別取扱商品』となり別途手数料がかかりますが、プライム会員では一部の『特別取扱商品』の取扱手数料が無料になります。

Amazonポイントが貯まる「Amazon Mastercard」

Amazonでの買い物時にAmazon Mastercardクラシックというクレジットカードを利用するとプライム会員ではポイント還元率が2%になります。貯まったポイントはAmazon.co.jpの買い物時に1ポイント=1円として利用出来ます。

2%はデカいな~。

ちなみに、Amazon Mastercardクラシックは初年度年会費は無料で、年1回以上のカード利用で翌年度以降も年会費が無料になります。

映画やドラマ、アニメが見放題「Prime Video」

Amazonプライム会員は『Amazon prime ビデオ』が無制限で見放題になります。このAmazonプライム・ビデオでは会員特典対象の『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』や邦画・洋画・日本のドラマ・アニメなど多種多様な作品が楽しめます。

追加料金なしで視聴できるのね。

テレビの大画面や、スマホ・パソコン・Kindle Fire等のデバイスで。ダウンロードしてオフラインで観ることも可能です。

Prime Videoチャンネル

2018年6月に開始された、月額定額料金で各チャンネルを視聴できるサービスで、チャンネルにより価格は変わりますが月額料金は200円から40チャンネル以上で視聴可能です。

100万曲以上が聞き放題の「Prime Music」

洋楽・邦楽や新曲・名盤まで、あらゆるデバイス(パソコン・スマホ・タブレット等)で100万曲以上が効き放題の音楽サービスで、Amazonプライム会員なら追加料金不要ですぐに視聴可能です。

対応している端末・アプリ
  • iPhone & iPad
  • Android端末
  • パソコン
  • Amazon Echoシリーズ
  • ウェブ
  • Fireタブレット
  • FireTV
  • ホームエンターテイメント
アレクサ、音楽かけて!

Amazon Music Unlimited

Amazon Music Unlimitedは6,500万曲以上の楽曲やプレイリスト・ラジオなどが楽しめる音楽聴き放題サービスです。プライム非会員は月額980円なのに対して、プライム会員は月額780円または年額7,800円で利用可能です。

ちなみに、Echoプランでは月額380円で利用出来ます(1台のEcho端末で利用)。

本・マンガ・雑誌が読み放題「Prime Reading」

Amazon限定タイトルや本・マンガ・雑誌など和洋書あわせて数百冊が追加料金なしで楽しめます。Prime ReadingはKindle端末の他、スマホ・パソコン・タブレットで利用可能です。

プライム会員限定先行タイムセール

Amazonでは変に数回、大規模なセールを行っています、『プライムデー』や『サイバーマンデー』ですね。『プライムデー』はプライム会員限定のサービスですが、冬に行われる『サイバーマンデー』ではプライム会員限定の特典があります。

プライム会員限定の特典
  • 数量限定タイムセールに30分早く参加可能
  • プライム会員のみ購入できる商品がある
  • プライム会員限定の割引を受けられる
プライム会員は非会員よりも30分早くタイムセールに参加できるので、お得な商品を逃しにくくなるというわけですね。

Amazonパントリー

食品・日用品など毎日使うものを必要な分だけ購入できるプライム会員向けのサービスです。選んだ商品は1箱390円の『AmazonパントリーBox(52cm × 28cm × 36cmの容量または12kgまで)』に入れられて届きます。

390円で1箱なので、なるべく100%になるまで商品を詰め込んだ方が得ですが、かなり箱が大きいから商品を選ぶのに苦労しそうですね(笑)。

Amazon Photos

Amazon Photosとはプライム会員向けの無制限のフォトストレージです。専用のAmazon Photos無料アプリを使えば、カメラや携帯で撮った写真を何枚でも保存でき複数のデバイスで管理できます。

Amazon Photosでは複数のデバイス間で写真を表示できます。デスクトップ・タブレット・モバイルデバイス間で写真を表示して管理でき、ウェブからでもiOSやアンドロイドのアプリからでもアクセスできます。

Kindleオーナー ライブラリー

プライム会員でKindle端末(Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレット)を持っていれば、ベストセラーやコミックを含む2万冊以上の和書や60万冊以上の洋書の対象タイトルの中から一か月に1冊、無料で読むことが出来ます。

注意点としてスマホやタブレット・PC/Mac用のKindle無料アプリでは利用できません、オーナー ライブラリーを利用するにはKindle端末またはFireタブレットが必要です。

TWITCH PRIME

TwitchはAmazonが提供するゲーム特化のライブストリーミングサービスで、『Twitch Prime』はその上位版になります。

良く分からないな~、ゲーム配信アプリみたいなものかな?

この『Twitch Prime』では以下の特典があります。

  • 好きなTwitchチャンネルへのスポンサー登録が1チャンネル分無料。
  • 視聴時の広告が非表示。
  • コメントにPrimeマークがつく。
  • コメントで使える特別なスタンプがもらえる。
  • 実際のゲームで使える追加コンテンツがもらえる。

出典:GIZMODO

赤ちゃんのいるファミリーに「Amazonファミリー」

Amazonファミリーは子供がいる家庭向けのプライムサービスで、おむつがいつでも15%OFFで購入でき、もちろん配送料は無料で日時指定も可能です。その他でも、お試しクーポンの配布や限定セールなどが行われています。

プライム・ワードローブ

プライム・ワードローブはプライム会員限定のサービスです。レディース・メンズ・キッズ&ベビー用の服・靴・ファッション小物の中から対象商品を購入前に試着出来ます。3点以上8点まで注文でき、商品は配送完了の翌日から自宅で最長7日間試せて、購入を決めた商品だけ代金を支払います。

ただし、期間内に購入又は返送手続きを行わなかった場合、試着期間終了の翌日に全ての商品代金が請求されるので注意が必要です。

家族と一緒に使い放題

プライム会員に登録した本人以外に同居している家族を2人までを家族会員として登録できます。

家族会員が利用できるAmazonプライム特典
  • お急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • プライム会員限定先行タイムセール
  • Amazonパントリー
  • Amazonフレッシュ

プライムペット

自宅で飼っているペット(犬・猫)の犬種・猫種、誕生日を登録することで、おすすめ情報が送られてきたり、ペットフードなどが安く購入できるサービスです。現在では犬・猫のみ合計5匹まで登録可能です。

ウサギやハムスターはダメなのね…。

スポンサーリンク

Prime Studentなら6か月間の無料体験が可能

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

Prime Studentとは、プライム会員特典を通常の半額で利用することのできる学生のためのプログラムになります。対象の学生は、日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校に在籍する学生です。

Prime Studentの場合は、通常のプライム会員と同じ特典を半額(月額250円・年額2,450円)で利用できるかなりお得なプログラムで、また無料体験が6か月間と長期にわたるのが特徴です。

公式Prime Student 6か月間無料体験

Amazonプライムの無料体験への登録方法

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

Amazonプライムでは、これだけの多種多様なサービスを受けられて、年会費が税込4,900円です。月々に直すと、わずか408円になります。1年間会員になるのに抵抗がある場合は、月間プラン(500円)も登場しました。

Amazon.co.jpで年に数回しか買い物をしない場合、年間プランの4,900円や、月間プラン500円はどうしても高く感じられますね。そんな場合にはAmazonプライムの無料体験を利用するのがお得な方法です。

無料なら一度は試してみたいですね。

では早速、Amazonプライムの無料体験に登録していきましょう。※登録にはAmazonのアカウントが必要です。

公式Amazonプライム30日間無料体験

『30日間の無料体験を試す』をポチッと。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

最初にクレジットカード情報を登録していきましょう。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

次に、氏名・住所・電話番号を入力します。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

『次へ進む』をクリックすると『今から無料体験を始めませんか』というページが表示されるので『30日間の無料体験を試す』をクリックしましょう。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

これでAmazonプライムの30日間無料体験への登録が完了しました。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

本当にプライム会員にお試し登録できたのかな?

実際にプライム会員のお試し版に登録できたかどうか調べてみましょう。最初にトップページにある『アカウント&リスト』にマウスカーソルを乗せるとメニューが開くので『Amazonプライム会員情報』へ進みましょう。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

『Amazonプライム会員情報 』ページの左上に現在の会員タイプが記載されています、『会員タイプ: プライム ( 無料体験 ) 」となっていればOKです。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

ヨシッ、これでプライム会員のサービスが使い放題になるぞ、これから忙しくなるな!

スポンサーリンク

Amazonプライム会員の解約方法

Amazonプライム会員の30日間無料体験へ申し込んだ後の流れですが、無料体験終了後は有料のAmazonプライム会員へ自動的に切り替わります。

マジか!

有料会員に移行したくない場合は無料期間内にプライム会員を解約すれば良いのですが、うっかりしていて無料期間中に解約するのを忘れた場合でも、プライム会員のサービスを利用しなければお金は一切かからず、利用料金はキャンセル時に返金されます。

利用しなければお金はかからないのね。

有料会員に移行したくない場合は、30日間の無料体験を申し込んだ日に速攻解約しても、30日間はプライム無料体験中になるので、最初に解約しておけば忘れる事はないですね。

忘れると困るので早速解約しておきましょう。

Amazonにログインして『アカウント&リスト』⇒『Amazonプライム会員情報』と進み、『支払履歴』の下の『会員資格を終了する(特典を終了)』をクリックします。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

『特典と会員資格を終了』をクリックしましょう。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

今度は呼び捨てにされました(笑)。ここでも『会員資格を終了する』を選びます。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

3度目の正直です、『特典と会員資格を終了』をクリックしましょう。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

以上でプライム会員の解約完了です。プライム会員を解約しても無料お試し期間は30日間あるので期限が来るまでプライム会員のサービスを楽しむことが出来ます。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

icon-check-square-o スマホから解約する方法

Amazonにログイン後、左上の『三』をタップするとメニューが開くので『アカウントサービス』をタップします。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

『アカウント設定』欄の『プライム会員情報の設定・変更』へ進みます。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

ページを下へスクロールしていくと『会員資格を終了する(特典を終了)』とあるのでタップします。

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

後はパソコンの時と同じように『特典と会員資格を終了』⇒『会員資格を終了する』⇒『特典と会員資格を終了』と進んでいけばプライム会員の解約が完了します。

まとめ

今回は、Amazonプライムの特典内容と30日間の無料体験にお試し登録する方法・解約方法を紹介しましたが、実はワタシはAmazonプライムの無料体験に申し込んだのは、これで 3回目になります。

2019年7月追記:4回目のプライム無料体験をゲットしました!

Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

どうやら一定の間隔を開けると、もう一度Amazonプライムの無料体験が利用できるみたいですね。はっきりした事は分かりませんが、恐らく2年周期くらいでAmazonプライム無料体験が利用できるのではないでしょうか?

Amazon.co.jpのプライム無料お試し体験を利用していない人は、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

公式Amazonプライム30日間無料体験はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)