auショップで機種変更を家族などの代理人が行う方法や注意点

auショップで機種変更を家族などの代理人が行う方法や注意点

auで機種変更を行う場合は、原則として本人がauショップに行って手続きを行う必要があります。

しかし、やむを得ない理由で契約者が来店できない場合、契約者の家族や親権者などの代理人がauショップに来店して、代わりに手続きを行う事が可能です。

ここでは、契約者以外の家族が代理人になってauショップで機種変更を行う為に必要な書類と注意点などを紹介していきたいと思います。

※記事内の価格はすべて税抜価格です。

代理人が機種変更を行う場合に必要なもの

契約者に代わって代理人が機種変更を行う場合は以下のものを用意する必要があります。

  • au電話機本体
  • 代理人の本人確認書類
  • 契約者の本人確認書類(端末を分割購入する場合)
  • 委任状
  • 頭金(分割購入時)

au電話機本体

契約者が使っていた携帯電話機(ガラケー・スマホ)を持参する必要があります。auICカード対応機の場合は、本体プラスauICカードが必要です。

旧端末が必要な訳ね。

代理人の本人確認書類

契約者に代わって機種変更する場合は、代理人の本人確認書類を持参する必要があります。この場合はコピーではなく原本が必要です。

名義人本人確認書類
個人運転免許証(要公安委員会発行。国際免許証を除く)
運転経歴証明書(要顔写真)
パスポート
身体障がい者手帳or療育手帳or精神障がい者保健福祉手帳
特別永住者証明書
在留カード
(在留期限まで90日未満の場合、毎月料金の支払い方法が契約者本人名義のクレジットカードに限り申込可能。住居地が「未定(届け出後裏面に記載)」と表記されている場合、別途、下記に記載の[補助書類]が必要。)
+外国発行パスポート
マイナンバーカード(個人番号カード)
※マイナンバー通知カードは不可
住民基本台帳カード(要顔写真)
健康保険証
未成年上記本人確認書類
(「健康保険証+学生証」でも可。小学生以下の場合は「健康保険証」のみでも可。)
+親権者同意書/フィルタリングサービス申出書
(親権者が自署・捺印したものに限る。)
+親権者ご本人確認書類
(個人「本人確認書類」に準じる。ただし、「本人確認書類が「在留カード」の場合、「外国発行パスポート」は不要。)
※必ず親権者同伴で来店。
※契約者の方が小学生以下の場合、親権者名義での契約。
同意書(日本語版・外国語版)は以下よりダウンロード可能です。

親権者同意書およびフィルタリングサービス申出書

法人登記簿謄本または印鑑証明書
(発効日より3カ月以内)
+来店者の本人確認書類
(個人「本人確認書類」に準じる)
+社員証または名刺

icon-check-square-o 補助書類

次の場合、下記の補助書類(いずれか1点)とご本人確認書類の両方を用意します。

  • 本人確認書類に記載の住所と現住所が違う場合
  • 本人確認書類「住民基本台帳カード」「健康保険証」で、月々の利用料金を契約者本人名義のクレジットカード以外で支払う場合
補助書類注意事項
公共料金領収証現住所が記載された発行日から3カ月以内のもの(電気・都市ガス・水道等)

※本人確認書類に記載の住所と現住所が違う場合で公共料金領収証を提出する場合は領収書の宛名は本人宛に限る。

住民票発行日より3カ月以内、要現住所記載。

※本人確認書類が住民基本台帳カードの場合、住民票を補助書類として利用不可。

届出避難場所証明書発行日より3カ月以内、要現住所記載。
何だか難しいけど、運転免許証があれば良いのね。

契約者の本人確認書類(端末を分割購入する場合)

端末を分割購入する場合は、契約者の本人確認書類が必要です。こちらはコピー可です。

一括で購入する場合は不要ですね。

委任状

契約者に代わって機種変更を行う場合は「委任状」が必要になります。この「委任状」は下記からダウンロード・印刷可能です。

外部リンク委任状ダウンロード

頭金(分割購入時)

auでの機種変更時、新しい端末を分割で購入する場合は頭金を支払う必要があります。

頭金!?

この頭金は店頭で現金で支払わなければなりません。

マジか!何だか勿体ないな~。

街の大きなauショップなどでは頭金を取られますが、家電量販店やスーパーの中にあるショップでは頭金を請求しない所もあります。

icon-check-square-o 頭金ありauショップで機種変更を家族などの代理人が行う方法や注意点
icon-check-square-o 頭金なしauショップで機種変更を家族などの代理人が行う方法や注意点
頭金なしのショップを探した方がお得ですね。

スポンサーリンク

家族関係証明書が必要と言われたら?

auで契約者に代わって機種変更を行う場合は家族や親権者に限られています。

同居していて苗字が同じ場合は家族関係の照明は不要ですが、同居していて苗字が違う場合や、単身赴任等で別居中で苗字が同じ場合などは家族関係の証明書類が必要です。

う~む、複雑だな~。

同一住所で苗字が同じ場合

家族関係の証明書類は必要ありません。

同一住所で苗字が異なる場合

同居していて苗字が違う場合です、サザエさん一家に例えると、波平さんとマスオさんの関係ですね。この場合は以下のいずれかの書類が必要です。

  • 戸籍謄本
    (続柄記載があるもの)
  • 住民票
    (続柄記載があるもの、事実婚(内縁関係)の場合は住民票に「未届の妻(夫)」と記載があるもの)
  • 健康保険証
    (保険証に記載の被保険者名・被扶養者名により、家族関係(扶養関係)を証明できるもの)
  • 外国人登録証明書
    (同一住所・同一世帯が証明できるもの)

単身赴任等で別居中で苗字が同じ場合

同一世帯でない場合

  • 戸籍謄本
    (続柄記載があるもの)

 

同一世帯の場合

下記のいずれかが必要です。

  • 戸籍謄本
    (続柄記載があるもの)
  • 遠隔地用健康保険証
    (「遠隔地用健康保険証」に対象となる家族全員が記載されている場合)
  • 遠隔地用健康保険証+健康保険証
    (「遠隔地用健康保険証」に対象となる家族全員が記載されていない場合)

上記以外の場合

親子関係(義理を含む)

下記のいずれかが必要です。

  • 家族関係を証明できる「戸籍謄本(発行日より3カ月以内)」
  • 家族関係を証明する相手の本人確認書類(コピー可)と「家族関係申告書」

外部リンク家族関係申告書

 

パートナーシップ関係

  • 地方自治体等で発行されるパートナーシップ関係が証明できる公的証明書

機種変更時にかかる手数料は?

他社からauへ乗り換える場合や、auから格安SIMへ乗り換えた場合などは「MNP転出手数料」「契約事務手数料」なるものが請求されます、大体相場は3,000円ですね。

転出と転入で6,000円ね。

au内で機種変更を行う場合も事務手数料がかかります。

何っ!機種を替えるだけで手数料取られるの?

icon-check-square-o auで機種変更時にかかる手数料

4G LTE
(au VoLTE対応)⇔
4G LTE(au VoLTE非対応)間の変更
3,000円
3G(CDMA1XWIN)⇔ 4G LTE(au VoLTE対応)/4G LTE(au VoLTE非対応)間の変更
同回線種類間の変更2,000円

機種変更時の事務手数料は翌月の電話料金に合算して請求されます。

ワタシの場合は3Gガラケーから4Gガラケーに機種変更しましたが、事務手数料は無料でした。

何!3,000円じゃないの?

auでは3Gサービスが終了するため4G LTEへの切り替えを進めていますが、おそらくこの関係で事務手数料が無料になったと思います。

特別サービスかな?

通常の機種変更では事務手数料が発生します。

スポンサーリンク

実際に代理人が機種変更を行ってきました

今回、ワタシが家族に代わって機種変更を行ってきました。3Gのガラケーから4G LTEのガラケーへの機種変更です。

用意したものは、旧ガラケー・運転免許証・委任状です。※端末を分割で購入する場合は契約者の本人確認書類と頭金が必要です。

auショップで機種変更を家族などの代理人が行う方法や注意点

ここでの注意点として、街のauショッでは頭金や余計なオプションが付いてくる場合があるので、家電量販店やスーパーにあるauの代理店で契約をする方が良いと思います。

頭金なしのショップを選ぶんですね。

契約が完了するまでには1時間ほどかかりましたが、書類をすべて揃えて行ったお陰でスムーズに機種変更できました。

auショップで機種変更を家族などの代理人が行う方法や注意点

まとめ

ここでは、契約者に代わって代理人が機種変更を行う方法を紹介しましたが、用意するるものは以下のものです。

  • au電話機本体
  • 代理人の本人確認書類
  • 契約者の本人確認書類(端末を分割購入する場合)
  • 委任状
  • 頭金(分割購入時)

その他の注意点として、機種変更には2,000円~3,000円の事務手数料がかかります。

au関連記事一覧はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)