格安SIMからauへ乗り換える流れや手数料などを徹底解説!

格安SIMからauへ乗り換える流れや手数料などを徹底解説!

ここでは、格安SIMかからキャリア(au)へ乗り換える方法を解説します。

ひと昔前ならキャリアから格安SIMかへのMNP乗り換えが一般的でしたが、各キャリア共に最安値1,980円のプランを発表するなど、格安SIMとキャリアの差が無くなってきたと言えます。

今回は、格安SIMからauへ乗り換える方法を解説していきますが、ただ何となく乗り換えるのではなく、auに乗り換えるメリットなども紹介していきます。

※記事内の価格はすべて税抜価格です。

格安SIMからauへ乗り換えるメリット

格安SIMからauへ乗り換えた場合の最安値は1,980円(1GB未満)です。端末を購入する場合はプラス端末代金がかかります。

イチキュパですか!

1GBのデータ容量で1,980円では格安SIMの方が断然お得ですが、ここでは格安SIMからauへ乗り換えるのに適した条件を挙げていきたいと思います。

auに乗り換えるのに適した条件
  • 最新機種を利用したい場合
  • auを家族2人以上で利用している場合
  • 外出先でWi-Fiやパソコンを使いたい場合

最新機種を利用したい場合

毎日スマホを使っていると最新機種が発売された場合に直ぐに欲しくなりますね。

1年ごとに新機種が発売されますからね。

残念ながら格安SIMでは最新機種は購入できません、旧式モデルしか販売されていないですね。

例えば、最新のiPhoneを使いたい場合、格安SIMではAppleの公式サイト‎で定価で購入する必要があります。

これに対してauでは「かえトクプログラム」を使えば、最新のiPhoneが約4割引で手に入ります。

マジか!

「かえトクプログラム」(2020年2月21日開始)とは、au取扱店で対象のスマホを購入して13か月目~25か月目までに新しい端末に買い替えて旧機種をauへ返却した場合、残りの残額が免除されるサービスです。

例えば、最新のiPhone 11(64GB)の販売価格は90,720円ですが、「かえトクプログラム」を利用すれば53,935円で利用できる事になります。

注意点として、機種変更時に旧端末をauに返却する必要があるので下取りサービスに出すことは出来ません。

昔は半額サポートだったのに…。

auの「かえトクプログラム」をわかりやすく解説【加入条件や料金など】

auを家族2人以上で利用している場合

今現在、同居している家族が2人以上あり、どちらもauに加入している場合は、もう1人がauに転入する事でauユーザーが3人となりますね。

この場合、対象プランに加入することで永年月額1,000円の割引サービスが受けられます。ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)の場合は1,980円で利用可能になります。

au『家族割プラス』とは?割引内容やカウント対象プランは?
家族3人で1,000円割引は大きいな~。

ちなみに、下記のプランでは4回線以上で月額2,020円の割引が受けられます。

  • データMAX 5G
  • データMAX 5G Netflixパック
  • データMAX 5G ALL STARパック(6月以降開始)
  • データMAX 4G LTE
  • データMAX 4G LTE Netflixパック

外出先でWi-Fiやパソコンを使いたい場合

キャリアでは日本全国至るところで無料でWi-Fiが利用できます。

格安SIMでも無料Wi-Fiが利用出来ますが…。

格安SIMでも無料Wi-Fiは利用できますが、スポット数は8万前後です。対して3大キャリアのWi-Fiスポット数はソフトバンク(約45万)、au(20万以上)、docomo(15万以上)と桁が違います。

auスマホの場合、20万以上のWi-Fiスポットが無料で利用できます。また、月額300円の料金でWi-Fiスポットでパソコンが利用できます。

au Wi-Fi SPOTでノートパソコンを使う方法【Wi2 300 for auマルチデバイスサービス】

格安SIMから転出する前の注意点

格安SIMからauに乗り換える前に注意する点が2つあります。

  • 契約解除料
  • MNP転出手数料
MNP転出にはお金がかかるのね…。

契約解除料

ひと昔前はキャリアでは「2年縛り」なる決まりがあり、契約更新月以外に転出した場合、9,500円の解除料金がかかりました。

ところが2019年10月1日から料金の改定があり、契約解除料が大幅に値下げされました。

2019年10月1日以降の契約解除料
ソフトバンク 0円
au 1,000円
docomo 1,000円

格安SIMでも最低利用期間以内に転出を行う場合は契約解除料金がかかります。2019年10月時点での格安SIMの契約解除料金を調べてみました。

2019年10月1日以降の契約解除料

Y!mobile なし
UQmobile なし
BIGLOBEモバイル 1,000円(12か月未満)
mineo なし
LINE MOBILE 1,000円(12か月未満)
楽天モバイル なし
IIJmio 1,000円(12か月未満)
OCNモバイルONE 1,000円(6か月未満)

注意点として、上記の料金は2019年10月1日以降に契約した場合の解除料金になります。

2019年9月30日以前に契約していた場合は従来の契約解除料金がかかる場合があります、詳細は各MVNOに問い合わせてください。

MNP転出手数料

格安SIMでは一般的に12か月以上契約していると契約解除料金は無くなりますが、MNP転出手数料は必ず請求されます。

電話番号を変更することなく携帯会社を乗り換える事が出来る「MNP」では、転出時に「MNP転出料」という手数料が発生します。

icon-check-square-o 各携帯会社のMNP転出料金

ソフトバンク 3,000円又は5,000円
docomo 2,000円
au 3,000円
Y!mobile 3,000円
UQmobile 3,000円
BIGLOBEモバイル 3,000円(2019年9月30日以前に契約開始した場合は3カ月目まで6,000円)
mineo 3,000円
LINE MOBILE 3,000円
楽天モバイル 3,000円
IIJmio 3,000円
OCNモバイルONE 3,000円
スポンサーリンク

格安SIMからauへ乗り換える手順

格安SIMからauへ乗り換える手順は以下の通りです。

STEP.1
MNP予約番号の取得
STEP.2
auと契約を行う
何だか簡単そうですね。

現在利用中の格安SIMでMNP予約番号の取得

今現在利用している格安SIMでMNP予約番号を発行して貰いましょう、取得の方法は各MVNOによって違ってきます。

Y!mobile 会員ページから申し込み
UQmobile 0120-929-818
BIGLOBEモバイル 0120-983-028
mineo 会員ページから申し込み
LINE MOBILE 会員ページから申し込み
楽天モバイル メンバーズステーションから申し込み
IIJmio 会員ページから申し込み
OCNモバイルONE 0120-506506

MNP予約番号を取得後は格安SIMでする事はありません、転入先のauと契約を行うだけですね。

注意点として、MNP予約番号には期限が定められているので、期限が切れる前にauと契約を行いましょう。

auと契約を行う

auとMNP転入の契約を行う際に必要な書類は以下のものです。

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • クレジットカードやキャッシュカード
一般的には「運転免許証」「MNP予約番号」「クレジットカード」があればOKですね。

MNP予約番号を取得後はauと契約を行うだけですが、auショップ(代理店)で契約する方法と、auオンラインショップで契約する方法の2種類があります。

auショップ(代理店)で契約する場合

auショップ(代理店)で契約を行うメリットは、自分は座っているだけで全て店員さんが作業を行ってくれて即日に機種が手に入る事です。

デメリットとしては、端末を分割購入する場合に頭金を取られたり、プランを決める時に余計なオプションを付けられたりする事があります。

頭金がいるの?

街にあるauショップでは頭金を取られる事が多いです。おまけに待たされる場合もあるのであまりお勧めは出来ないですね。

ワタシが今回利用したのはスーパーマーケットの中にある携帯販売コーナーです。何故だか知りませんが何時も空いています(笑)。

端末を分割購入したのですが、頭金等や余計なオプションもありませんでした。

シンプルですね。

今回ラッキーだったのは、MNP乗り換え時にスーパーマーケット独自のサービスがあり、商品券が15,000円分貰えました、この15,000円は端末代金から引いてもらいました。

こういった割引サービスは期間限定で行われているので、MNP乗り換えを行う前には色々なショップを回って調べておくと良いですね。

auオンラインショップで契約する場合

一方のauオンラインショップでは、自分で契約申し込みをする必要がありますが、以下のメリットがあります。

  • 頭金なし
  • 余計なオプションなし
  • 送料無料(2,500円以上)
  • 来店不要で24時間申し込み可能

頭金なしの余計なオプション無しで送料無料、24時間いつでも申込可能です。auショップに来店する時間が無い人向けですね。

公式auオンラインショップ

auオンラインショップの唯一のデメリットは端末が届くのが翌日以降になる事です。

別にそんなに急ぐ必要もないのでは?

auオンラインショップでは機種の出荷日の翌日から料金プランが適用されて契約開始となります。

例えば、月末の31日にauオンラインショップで契約を行った場合、端末が自宅に送られてくるのは月が替わった1日以降です。

この場合、auと契約するのが1日以降になります。auと契約すると同時に今まで利用していた格安SIMが解約されます。

格安SIMでは解約時は日割りは行われないので、1日以降に解約すると1か月分余計に料金を払わなくてはなりません。

マジか!モッタイナー。

auオンラインショップを利用する場合は余裕をもって契約を行った方が良いですね。

まとめ

ここでは、格安SIMからauへのMNP転入方法を解説しました。

手順としては、転入元になる格安SIMで「MNP予約番号」を取得して、15日以内にauと新規契約を行いましょう。

MNP乗り換えにかかる費用は転入元に支払うMNP転出手数料と契約解除料(更新月以外の場合)、転出先のauに支払う契約事務手数料(3,000円)と端末代金が必要です。

auとの契約時に必要な書類は以下の3点です。

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • クレジットカード又はキャッシュカード

MNP乗り換えにかかる時間ですが、auショップ(代理店)で契約を行う場合は即日、auオンラインショップで契約する場合は機種の出荷日の翌日となります。

auオンラインショップで契約する場合は月をまたがないように余裕をもって申し込みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

//アドセンス高速化// //END アドセンス高速化//