運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

忘れたころにやってくるのが運転免許証の更新手続きです。誕生日の1か月前から更新手続きが可能になり、誕生日の1か月後までの約2か月間が更新期間になっています。

「まあ、そのうち暇が出来たら行ったら良いかな?」と軽く考えていました。しかし、ふと気づいた時には有効期限を過ぎていました。

飼いヌコ
少しくらい過ぎていてもオマケしてもらえるでしょう?

運転免許証更新連絡書には下記の様に書かれていました。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

この期間の末日を過ぎると失効し、無免許になります。

飼いヌコ
無免許!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

このままではワタシは無免許になってしまいます。しかし何とか運転免許証を再取得できたので、その経緯を記していきたいと思います。

スポンサーリンク

うっかり失効の期間が6か月以内は比較的簡単に最取得可能

運転免許が失効すれば、更新手続きは不可能になりますが、失効後6か月以内であれば、視力検査等の適性検査や講習を受けることによって、新たに運転免許を取得できます。この手続きを 期限切れ手続(特別新規申請) と呼びます。

新たに免許証を取得するという事はどういう事かと言いますと、免許取得日が再交付日に変更されてしまいます。更に、ワタシはゴールド免許でしたが、ブルー免許に格下げになってしまいます。

飼いヌコ
次回の更新が3年後で、初心者講習を受けなければならないのね・・・。

免許の最初得に必要なもの

うっかり失効の場合、色々と手続き申請に持っていくものが必要になります。なお、私の場合は大阪府民なので、大阪府警察HP を参考にしました。

  • 本籍地が記載されたた住民票の写し1枚

    市役所で交付してもらう住民票ですね。

  • 失効した運転免許証

    紛失した場合は健康保険証・住民基本台帳カード・パスポート・学生証・社員証などの身分を証明するものが必要です。

  • 写真1枚

    6か月以内に撮影したもので、無帽・正面・上三分身・無背景のもの。大きさは縦3センチ横2.4センチ。

  • 黒か青のボールペン
  • 70歳以上の方は、高齢者講習終了証明書
  • 運転免許証更新連絡書

    あれば持参してください。

更新料金の目安

更新期間内に手続きをすると3,000円で済みますが、うっかり失効してしまった場合、どれくらいの更新料金がかかるのでしょうか?

飼いヌコ
追加で料金が取られるのかな?

試験手数料

種別試験手数料
大型、中型、準中型1,900円
普通1,850円
大型特殊、大型二輪、普通二輪、
けん引、大型第二種、中型第二種、
普通第二種、大型特殊第二種、けん引第二種
1,900円
小型特殊、原付1,850円。

交付手数料

2,050円。

併記交付手数料

200円。免許種別が一種増すごとに200円が必要。

講習手数料

  • 優良運転者講習(講習時間30分) 500円
  • 一般運転者講習(講習時間1時間) 800円
  • 違反運転者講習又は初回更新者講習(講習時間2時間) 1,350円

高齢者講習

icon-check-square-o 70歳~74歳(講習時間2時間) 4,650円

icon-check-square-o 75歳以上 8,200円(認知機能検査(30分)と高齢者講習(3時間))又は5,300円(認知機能検査(30分)と高齢者講習(2時間))

飼いヌコ
普通ゴールド免許証の場合は4,400円か・・・。

門真運転免許試験場で免許証の再交付に行ってきた

ワタシが住んでいる大阪府では、運転免許試験場は2つ存在します。

場所受付時間
門真運転免許試験場休日を除く月曜日から金曜日
午前8時45分から午後2時30分
(正午から午後0時45分の間は除く)
光明池運転免許試験場休日を除く月曜日から金曜日
午前8時45分から午後2時30分
(正午から午後0時45分の間は除く)

自宅からは門真運転免許試験場の方が近いので、モノレールに乗って出かけました。

飼いヌコ
モノレールって結構運賃が高いんですね・・・。

20数年ぶりに訪れた門真運転免許試験場は、綺麗に建て替わっていました。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

受付時間は午前8時45分から午後2時30分までです。ちなみに、午後0時から0時45分までは昼休憩みたいですね。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

最初どこから行けば良いのかさっぱり分かりません。どうやら「うっかり失効」は順番が違うみたいですね。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

あちこちウロウロした結果、8番窓口からスタートするみたいです。「期限切れ」とありました(笑)。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

一緒に「質問票」を提出します。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

回る順番の書いた紙を渡されました。次は2番窓口に行くみたいですね。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

2番窓口です。こちらで証紙を購入します。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

1,900円で証紙を購入しました。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

飼いヌコ
1,900円也~。

水のりで貼りつけてくださいとありましたが、無いので唾で貼りつけました(笑)。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

次は3番窓口の適性検査です。と言っても目の検査だけです、ものの10秒ほどで終わりました。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

3ー1で暗証番号を設定します。4桁の数字を2セット記入します。例えば、1234と5678といった感じですね。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

振り出しの8番窓口に戻ります。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

続いて写真を撮影します。名前を呼ばれるまで待機ですね。ここで先ほどの暗証番号が必要になります。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

飼いヌコ
最初に用意した写真は何だったのだろうか?800円もしたのに(笑)。

再び2番窓口に戻り証紙を購入します。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

交付手数料の2,050円と講習手数料の800円で合計2,850円です。ワタシはゴールド免許なので優良運転者講習の500円と思っていましたが、格下げされて一般運転者講習の800円になりました。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

飼いヌコ
4,750円也~。

写真撮影時に貰った指定表と証紙を持って講習を受けに行きます。ワタシの場合は一般運転者講習で1時間の受講です。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

講習は本館3階の第5教室で行われます。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

20数年ぶりの勉強です(笑)。前半は先生の話で、後半はビデオ鑑賞でした。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

講習は1時間で終了、最後に免許証が手渡されて解散です。

まとめ

結局、全ての過程が2時間ほどで終了しました。かかった総費用はどれくらいだったかと言うと、

試験手数料1,900円
交付手数料2,050円
講習手数料
(一般運転者講習)
800円
合計4,750円

もし失効せずに普通に更新していた場合は、自宅近所の警察署で優良運転者の30分講習で終わり、費用も3,000円で済むはずでした。

飼いヌコ
1,750円も割高になってしまいましたね。おまけに門真までの運賃もかかったからな~。

肝心の免許証ですが、ゴールド免許がブルー免許になって返ってきました。おまけに免許交付日が変わってしまい、免許証取り立ての初心者になってしまいました(笑)。

運転免許証の『うっかり失効』の更新手続きに行ってきた!

飼いヌコ
あ~ やっちまったな~。

あなたも免許証のうっかり失効には気を付けましょう。たった1日更新が遅れただけで、とてつもなく損をしてしまいます。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です