メルカリ振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

メルカリ振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

スマホやパソコンを使い、手軽に始められることで有名なフリマアプリのメルカリですが、先日メルカリから1通のメールが届きました。

1ヶ月後、605円の売上金の振込申請期限です

以前、メルカリに出品した商品が購入されて、売上金が入ってきたのですが、そのまま放ったらかしにしていました。

たった605円(笑)。

この売上金ですが、どうやら有効期限が存在するという事です。そこで、メルカリの売上金の有効期限は何時(いつ)までなのかや、振込申請方法はどうすれば良いのか、現金以外に換金が可能なのかなどを調べていきたいと思います。

メルカリの売上金の有効期限は180日

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

これまでメルカリでは、365日の振込申請期限が設けられていましたが、2017年の12月4日から90日間に変更されました。ところが、最近になって180日間に延長されることになりました。

なんのこっちゃ(笑)。

2018年の9月27日以降に発生した売上金は、振込申請期限が180日間になります。

何だかよく分からないな~、分かり易くまとめて下さいよ。

以下の表にまとめてみました。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に2018年9月27日以降の売上金180日間
2017年12月4日から2018年9月26日の売上金90日間
2017年12月3日以前の売上金365日間
有効期限が過ぎるとどうなるのかな?

以前までは失効してしまいましたが、現在では登録している銀行口座に自動で振り込まれる様になりました。

2018年9月27日以降の売上金180日目以降に銀行口座へ自動振り込み
2017年12月4日~2018年9月26日までの売上金90日目以降に銀行口座へ自動振り込み
2017年12月3日までの売上金365日目以降に失効
失効が無くなったのか、何だかホッとした感じ♪

注意
正しい口座情報を登録済みの場合は自動振り込みされますが、口座情報が未登録の場合や誤っている場合は失効してしまいます。

ここで注意点は、メルカリに売上金の振込申請をした場合、200円の振込手数料が発生してしまいます。ワタシみたいに売上金額が605円と少なければ、ここから200円引かれて、入ってくる金額が405円になってしまいます。

注意
2019年4月23日(火)15:00より、すべての金額において振込手数料が200円かかるようになりました。
何だか勿体ないな~、ところでメルカリの売上金額はどこで確認すれば良いのかな?

スポンサーリンク

メルカリの売上金の確認・申請方法

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

メルカリの売上金の確認・申請方法ですが、AndroidとiPhoneでは若干アプリの仕様が異なっていますが、基本的にはやり方は同じです。

最初にメルカリアプリを起動してページ下の『メルペイ』をタップします。

icon-check-square-o Android

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

icon-check-square-o iPhone

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

画面の左側に売上金が記載されています。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

売上金の申請方法ですが、ページを下にスクロールしていくと『振込申請』という項目があるのでタップしましょう。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

銀行口座情報と氏名を入力して『次へ』をタップします。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

振込先の口座情報を確認して『はい』をタップします。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

売上金がある場合(201円以上)は振込したい金額を入力して、お急ぎ振込を利用するかしないかどちらかにチェックを入れて『確認する』をタップ、申請内容を確認後、『振込申請をする』をタップします。

「メルペイ」機能のない端末の場合

「メルペイ」機能のない端末を使用している場合の売上金の確認・申請方法です。最初にメルカリアプリを起動して、左上の『三』をタップします。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

『設定』をタップします。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

『売上・振込申請』へ進みます。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

 『売上管理』の項目上から『現在の売上金』『売上履歴』『売上金の振込申請期限』となっています。振込申請を行う場合は、『振込管理』欄の『振込申請して現金を受け取る』をタップしていきます。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

スポンサーリンク

メルカリの売上金の使い道は3通り

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

メルカリで出品した商品が売れた場合に売上金が貰えますが、この売上金の使い道は3通りあります。

メルカリ売上金の使い道
  • 振込申請して現金を受け取る
  • 売上金でポイントを購入する
  • メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に メルペイを使いリアル店舗で買い物をする
う~む、どう違うのだろう?

振込申請して現金を受け取る

こちらは売上があった場合に現金に交換する方法ですね。極端な話、2018年9月27日以降に売上があった場合、そのまま放っておくと180日目以降に登録している銀行口座に自動的に振り込まれます。

何もしなくても良いのね。

注意点として、振込手数料の200円(お急ぎ振込400円)が請求されます。

どこから申請するのですか?

メルカリアプリ起動後、トップページ右下の『メルペイ』から『振込申請』と進みます。ちなみに、2019年4月23日(火)15:00より、すべての金額において振込手数料が200円(お急ぎ振込400円)かかります。

1万円以上でも手数料は取られるのね…。

振込申請については、売上金の残高が201円以上あれば申請可能になります。なお、振込申請の締め切り日ですが、毎週月曜日で、4営業日目に振り込まれます。この営業日とは、土・日・祝、年末年始(12/30~1/3)を除く平日です。

毎週金曜日が振込日ですね。

売上金でポイントを購入する

以前なら1年間までは放置していても問題なかった売上金ですが、2018年9月27日以降は期間が180日間に設定されました。ワタシの場合では605円しか売上金がないので、ここから手数料を差し引かれると、雀の涙程度の金額しか手に入れられません。

このように、あまりにも売上金が少ない場合は、ポイントを購入してメルカリで商品を購入する手もあります。

買いたい商品があれば、この方法がベストですね、しかしメルカリの売上金から直接商品代金の支払いに充てれないのかな?

メルカリでは売上金で商品を購入する事は出来ません、売上金を一度ポイントに変えてから、そのポイントで商品を購入する仕組みになっています。

何だか回りくどいですね。

メルカリでの「売上金」と「ポイント」の違い
商品購入現金に交換
売上金ポイント購入後に〇
ポイント×

売上金でポイントを購入した場合、1ポイント=1円として商品の購入に利用でき、有効期限は1年間になります。

1年間か…、かなり長い間キープできますね、605円の売上金をポイントに替えておいても良いですね。

メルペイを使いリアル店舗で買い物をする

メルペイとは、メルカリのモバイル決済サービスです。メルペイでは現金を持ち歩かなくても、スマホをかざすだけで買い物が出来ます。

登録している銀行口座から必要な金額をメルペイにチャージする事で、コンビニでもメルカリ内でも買い物が出来ます。もちろん、支払やチャージに対する手数料は無料です。

その他の使い方として、メルカリの売上金やポイントをリアル店舗での支払いに利用する事が可能です。注意点として、メルカリポイントはそのまま支払いに利用できますが、売上金は一度メルペイ残高にチャージする必要があります。

注意
メルペイに『お支払い用銀行口座の登録』を行う事により、メルカリの売上金でポイントを購入する必要なく、そのまま利用する事ができます。

 

メルペイが利用可能な端末

メルペイを利用するにはAndroid・iPhone共に条件があり、Android版では、Android 5.0以降がインストールされている おサイフケータイ対応のスマホで利用できます。一方のiPhoneでは、iPhone 7以上かつiOS 10.1以上のバージョンが対応可能です。

 

メルペイが使える店

メルペイが使える店は、電子マネー『iD(アイディ)』で支払いが出来る店と『メルペイコード払い』対応の店です。※一部利用できない店舗あり。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に

外部リンクiDが使えるお店

ワタシの場合は、メルカリポイントをSuicaにチャージして電車に乗っています。この方法なら、わざわざ財布からICOCAを取り出す必要がなく、スマホを改札にかざすだけで電車に乗ることが出来ます。

【メルペイ】メルカリポイントをSuicaにチャージする方法

振込申請期限を無期限にする方法

メルカリ売上金の振込申請期限は180日ですが、この180日を無期限にする方法があります。

!?

メルペイで「お支払い用銀行口座を登録」する事により、売上金の180日間の振込申請期限がなくなります。

振込申請期限が無期限になるのなら支払い用銀行口座を登録しておいた方が良さそうですね。

お支払い用銀行口座を登録するメリット
  • 売上金の振込申請期限が無期限に
  • ポイント購入の必要なし
  • チャージ手数料 0円

メルペイの「お支払い用銀行口座を登録」の設定方法

メルペイの「お支払い用銀行口座を登録」の設定手順は以下の通りです。

  1. メルカリアプリを起動後、『メルペイ』をタップ
  2. ページ下部の「お支払い用銀行口座の登録」をタップ
  3. 『銀行口座を登録する』をタップ
  4. 登録したい銀行を選択し『同意して次へ』をタップ
  5. 『銀行口座の登録』画面で姓名などの必要情報を入力後『銀行サイトへ』をタップ
  6. 銀行サイトで所定の登録を完了させる
  7. メルカリアプリのパスコード入力画面で4桁のパスコードを設定
メルペイにお支払い用銀行口座を登録する方法を画像付きで紹介

2019年9月現在で登録できる銀行は以下の通りです。

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、イオン銀行、SBJ銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、北洋銀行、北海道銀行、青森銀行、秋田銀行、岩手銀行、埼玉りそな銀行、常陽銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、筑波銀行、東和銀行、栃木銀行、武蔵野銀行、横浜銀行、愛知銀行、大垣共立銀行、静岡銀行、清水銀行、十六銀行、大光銀行、第三銀行、第四銀行、中京銀行、富山銀行、長野銀行、八十二銀行、福邦銀行、北陸銀行、三重銀行、福井銀行、山梨中央銀行、池田泉州銀行、紀陽銀行、京都銀行、滋賀銀行、鳥取銀行、トマト銀行、中国銀行 広島銀行、もみじ銀行、山口銀行、阿波銀行、伊予銀行、愛媛銀行、香川銀行、高知銀行、四国銀行、徳島銀行、百十四銀行、北九州銀行、熊本銀行、親和銀行、筑邦銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、琉球銀行
出典:メルペイ

まとめ

メルカリ売上金の振込申請期限は365日間⇒90日間⇒180日間とコロコロ変わっていますね。まとめてみると現在では下記の様になっています。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に2018年9月27日以降の売上金180日間
2017年12月4日から2018年9月26日の売上金90日間
2017年12月3日以前の売上金365日間

この振込申請期限が過ぎてしまうとどうなるのかと言うと、2017年12月3日以前の売上金は1年経つと失効してしまいますが、2017年12月4日以降の売上金は銀行に自動振り込みされます。

メルカリ売上金の振込申請期限は180日、メルペイに支払い用銀行口座登録で無期限に2018年9月27日以降の売上金180日目以降に銀行へ自動振り込み
2017年12月4日から2018年9月26日の売上金90日目以降に銀行へ自動振り込み
2017年12月3日以前の売上金365日目以降に失効

ここで注意しておきたい事は、正しい口座情報が登録されている場合は自動振り込みされますが、口座情報が未登録の場合や誤っている場合は売上金は失効してしまいます。

メルペイで「お支払い用銀行口座を登録」する事により、売上金の180日間の振込申請期限がなくなり無期限になるので、メルペイが利用可能な端末であれば設定しておいた方が良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)