Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

先日、Simplicityのテーマを1系からSimplicity2に変更しました。やり方自体は簡単ですぐに完了しました。

Simplicity1から2への移行を7つの手順で分かりやすく解説
Simplicityの1から2への移行を7つの手順で行う方法を紹介します。ほとんど難しい言葉等は出て来ないので、初心者でも簡単に実行でき...

ところが、Google Search Consoleを覗いてみると、「AMPページのエラーを修正してください」という見慣れない文章が飛び込んできました。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

何だか良く分かりませんが、AMPページのエラーを修正していく事になりましたので、その手順を書き記して行きたいと思います。

スポンサーリンク

AMPページとは?

そもそもAMPページというのはどんな物なのかも分かりませんので、少し調べてみる事に。

AMP=Accelerated Mobile Pagesという事です。「Mobile」と明記されているので、モバイルが関係しているみたいですね。

どうやらAMPとは、Googleが中心となって進めてきたプロジェクトで、「Accelerated」とは「加速する」という意味の通り、モバイルぺージを高速化するプロジェクトです。

本当にモバイルページが高速化されるのか実験してみました。PageSpeed InsightsでSimplicity1系と2のそれぞれのページスピードを測定してみました。

  • Simplicity1系

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

  • Simplicity2

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

わずかながら数値が上がりましたね。

AMPページのエラーがある記事を確認する

ではさっそくAMPページのエラーがあるブログ記事を確認してみましょう。「AMP ページのエラーを修正してください 」横の「詳細を表示」をクリックします。

お客様の一部の AMP ページが Google のガイドラインに準拠していないことが判明しました。そのため、該当するページは Google 検索の AMP 関連機能に表示されません。次のレポートにエラーを含むページの例を示しています。

Google のガイドライン違反という事です。これはマズイですね。「AMPエラーを確認する」をクリックしましょう。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

インデックスされた18ページ中、1ページに重大な問題があると表示されていました。「HTMLタグの禁止された用法、無効な用法」をクリックします。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

エラーのあるAMPページのURLが表示されるのでクリックします。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

「詳細」の下にAMPエラーの原因が記載されています。試しに「ページをテスト」をクリックしてみます。

タグ「a」の属性「href」の URL「http://TARGET frontier」の形式が正しくありません。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

「ページをテスト」をクリックしてみると

有効なAMPページではありません HTML タグの禁止された用法、無効な用法

お叱りを受けました。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

AMPページのエラーを修正する

「1個のインスタンス」横の印をクリックします。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

エラーの個所のコードが表示されるのでクリックします。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

すると、右手にエラーの個所のHTMLコードが表示されます。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

どうやらこのコードが正しくないみたいですね。試しにリンクをクリックしてみると、単純にURLの書き間違いだったみたいです(笑)。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

問題の個所を訂正後に「ページをテスト」をクリックしてみました。すると「有効なAMPページです」に変更されていました。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

他では、[<p ] の閉じ忘れなんかでもAMPエラーになってしまいます。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

AMPページのエラー修正まとめ

今回は Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と警告を受けた事に対する修正方法を紹介しました。ワタシのブログでのAMPページのエラーは、URLの打ち間違いや、カッコの閉じ忘れ等の単純はミスでした。

AMPページのエラーを修正して、しばらく日時を置いてGoogle Search Consoleを覗いてみると、AMPページのエラーは無くなっていました。

Google Search Consoleで「AMPページのエラーを修正してください」と言われた時の対処法

「ページをテスト」を行うとエラーの個所が指摘されるので、大体理解できると思います。そんなに難しく考える必要はないですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です