不労所得でお金を稼ぐ!人気6種類のメリットとデメリット

unearned-income

こんにちは~ ごりょんさんです。

サイトを移転してからWordPressの事ばかり記事にしていましたが、本来わたくしのブログ開設の目的は自宅で収入を得るというコンセプトでしたのでこれからはちょくちょく不労所得の事も話題にして行きたいと思います。

わたくしはアマゾンFBAやヤフオクでの物品販売の不労所得をセコセコと行っています。

今のところは毎月の国民年金代くらいしか稼げていないのが現実です。せめて月額20万円近くの不労所得があれば自由気ままに暮らせるのですが、なかなか世の中上手くいきません(笑)。

スポンサーリンク

不労所得とは?

そもそも不労所得とはどういう状態の事を表しているのでしょうか?

icon-question 不労所得とは?

自分自身で働かないで収入を得られる事。

そんな夢の様な話があるのでしょうか?ちなみにわたくしが高校生のころにアルバイトをしていたのですが、その当時の時給が確か500円台だったような記憶があります。今では最低時給は800円台になりました。

不労所得の種類

不労所得にはいったいどんな種類のがあるのでしょうか?

不労所得にもいろいろな種類がありまして、定期的に稼げる物から投資的な物までたくさんの種類があります。

不動産所持

これが不労所得の代表的な方法ではないでしょうか?家賃収入や駐車場経営と言った事ですね。先祖代々の土地があれば言う事なしですね。

  • メリット  日本の人口は1億人超。都会の大都市近郊で貸しマンションや駐車場を経営すると否が応でも儲かるシステムに。
  • デメリット ある程度の土地や資金が必要に。

株式配当

文字通り上場企業の株式を購入、定期的に所持して配当金や株主優待を受ける事です。わたくしもイオンの株をささやかに100株持っていますが、今の所株価が1.5倍になっています。

追記:2016年10月時点では1500円を割りました。

  • メリット  株は持ち続けているだけで利益が発生します。株価が上がらなくても、年に2度の配当金や株主優待などのお得なサービスを受ける事が出来ます。
  • デメリット 大量に利益を得ようとするなら、株式を大量に所持しなくてはならない。しかも利益は株式を売却しないと発生しないという点が。

FX

株式の売買と似ている所があるFXです。最近では1000ドル単位での少額取引も盛んに行われるようになりました。初心者にも敷居が低くなってきましたね。

icon-question FXとは?

日本円と米ドルといった他国間どうしで通貨の取引を行う事。

正式な名称を外国為替証拠金取引といいます。

分かりやすく説明しますと、今日のアメリカの為替は1ドル123円です。これを米ドルで1万ドル購入します。何処で買うのかといいますと、FX取引業者で購入します。

10000ドル×123円で合計123万円の持ち高を保有している事になります。

1年後に売却する事になりました、その時のアメリカの為替が1ドル125円になっていたとします。

売却時には10000ドル×125円で合計125万円の持ち高になっていました。125万円から123万円を引くと2万円がFXにおける利益になります。

よくゲームなどである、ハイ&ローみたいな感じのシステムですね。上がればプラス、下がればマイナス。50%の確率になります。

実際に購入してみると、50%の確率とはいえ難しいです、買った途端に急降下なんて(笑)。

FXで取引する時はある程度取引先の国の政治や経済などを知っておく必要があります。

  • メリット  2分の1の確率で損得がはっきりしている。最近では1000ドル単位での少額取引も可能に。
  • デメリット 外国の主要国の金利が軒並みダウン。スワップポイントだけでは利益が上がらなくなった。

銀行の預貯金の利子

銀行にお金を預けてその利子を頂くというシステムです。

  • メリット  いわゆ元金保証、株式などと違って100%損はしません。銀行が破たんした場合でも1000万円までは保証してもらえます。
  • デメリット 今現在の定期預金のもっとも高い銀行でも年間0.5%くらいです。100万預けても5000円にしかなりません。

物品販売

いわゆる「せどり」ですね。

icon-question せどりとは?

商品を安く仕入れて高く売る事。

商品を仕入れると言いましたが、最初は家の中のいらない物を売る所から始める人がほとんどです。その後ブックオフなどで100円の中古本を仕入れて1000円で売るという事を繰り返して利益を得ていきます。

  • メリット  家のガラクタを売れば資金ゼロから始められる。他所で仕入れる時でも自分の資金力に応じて仕入が可能。資金が少なければ仕入を安く、資金に余裕があれば高額商品を仕入れといった臨機応変さも可能。
  • デメリット 動いた分だけしか収入が得られないので、仕入をサボると収入がゼロに。とにかく1年中動いていなければ利益が出ない。

よくサイトの宣伝文句で「1日たったの1時間で月に3万の小遣い稼ぎ」とか見かけますが、まず不可能ですね。せどりは莫大な時間との闘いです。

アフィリエイト

最近では知らない人はいないと思われますアフィリエイト。

icon-question アフィリエイトとは?

自分のサイトに販売店の商品広告バナーを貼り付けて宣伝しサイト訪問者がそのバナーをクリックして商品を購入すると、販売店から報酬が支払われる事。

これはいわゆる成果報酬型アフィリエイトです。

成果報酬型アフィリエイト対して自分のサイトに販売店の広告バナーを貼り付ける所までは同じですが、サイト訪問者がバナーをクリックしただけで報酬を得られるクリック課金型アフィリエイトといったタイプもあります。

どちらの方がより良い報酬を得られるのかは、ブログのジャンルや内容によって変わってきます。

  • メリット  在宅で収入を得られる。資金等無しでも利益が出る。
  • デメリット サイトにアクセスが無いと収入ゼロ。

まとめ

最近はネットで検索したりしますと不労所得の事が書かれたサイトが大量に見つかります。しかし実際に不労所得だけで生活できるのかといいますと、結論的にまず無理だと思われます。不労所得だけで食べて行けている人はほんの一握りの人たちです。

わたくしもその一握りの中の人たちの内の1人になれるように努力して行きたいと思うのですが、どうでしょうか(笑)。

成功の秘訣みたいなものはないと思うのですが、まずは継続ですね。どんな不労所得を実行するにせよ、続けて行く事が大事です。とりあえず半年は頑張ってみる。1年はやってやろうという気持ちで取り組めば良い方向に進んで行くのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です