Googleアドセンスの自動広告で特定記事だけURL単位で非表示にする方法

Googleアドセンスの自動広告で特定記事だけURL単位で非表示にする方法

ここでは、Googleアドセンスの自動広告で特定記事だけURL単位で非表示にする方法を紹介していきたいと思います。

Googleアドセンスの自動広告とは、ページにコードを貼りつけておくだけでサイトの中で高い収益が見込める場所に自動的に広告を表示してくれるプログラムです。

コードひとつで勝手に広告が表示されるのね、便利だな~。

便利な反面、アドセンスを貼りたくないページにまでも自動で広告が設置されてしまいます。

アドセンスのポリシーが心配な記事、いわゆるグレーゾーンの記事には広告は貼らない方が無難ですからね。

こういった アドセンスを貼りたくない記事で自動広告を非表示にする方法 を紹介していきます。

Googleアドセンスの自動広告とは

Googleアドセンスの自動広告とは、コンテンツを収益化する上でのシンプルで革新的な広告フォーマットです。

自動広告とは、コンテンツを収益化するためのシンブルで革新的な方法を提供する広告フォーマットです。自動広告では、各ページに同じ広告コードを 1 つずつ設置します。コードを追加すると、高い成果が見込める最適なタイミングで自動的に広告が表示され、快適なユーザー エクスペリエンスが提供されるようになります。出典:自動広告について

分かり易く説明すると、ブログの<head>~</head>間に自動広告のコードを1つ挿入するだけで、高い成果が見込めるタイミングで自動的に広告が表示されるプログラムです。

Googleアドセンスの自動広告のメリット
  • 広告設置の手間が省けコンテンツの作成に専念できる
  • 収益がアップが見込める
  • コード1つですべての自動広告を挿入できる

この様に大変便利な自動広告ですが、なぜ非表示にする必要があるのでしょうか?

サイトの全ページに自動広告が表示されると具合が悪い場合も

大変便利で手軽なGoogleアドセンスの自動広告ですが、時と場合によっては面倒な存在になります。

全てのページで同じ広告が表示されるという事は、投稿記事の他にアーカイブページ・タグページ・お問い合わせページなどの低品質なページにも広告が表示されてしまいます。

ボリュームのないページにアドセンスを貼るとポリシー違反になる恐れがありますね…。

Google アドセンスの自動広告を特定記事だけ非表示にする方法

Googleアドセンスの自動広告を導入するにあたり、ポリシー違反の可能性のある記事をURL単位で非表示にしていきたいと思います。

最初にGoogleアドセンスにログインして『広告』をクリックすると、アドセンスの自動広告を導入しているドメインが表示されています。

この中でURL単位で広告を非表示にしたいドメインの右端のマークをクリックしましょう。

Googleアドセンスの自動広告で特定記事だけURL単位で非表示にする方法

「広告設定のプレビュー 」ページが表示されました。ここでは「自動広告」のツマミを左にスライドさせると全ての自動広告は非表示になります。ちなみに「広告ユニットを最適化」はONに設定しておきましょう。

Googleアドセンスの自動広告で特定記事だけURL単位で非表示にする方法

全ての広告がOFFになると困りますね。

次に、下の方にある「ページ除外」横の「管理」をクリックしましょう。

Googleアドセンスの自動広告で特定記事だけURL単位で非表示にする方法

「除外設定を追加」をクリックします。

Googleアドセンスの自動広告で特定記事だけURL単位で非表示にする方法

「ページ除外の追加」欄に自動広告を非表示にしたいページのURLをhttps://を省略して入力します。通常のページなら『このページのみ』を選択します。

Googleアドセンスの自動広告で特定記事だけURL単位で非表示にする方法

サブドメインのようなサイト全体を非表示にする場合は「このセクションのすべてのページ」を選択しましょう。

Googleアドセンスの自動広告で特定記事だけURL単位で非表示にする方法

最後に「サイトに適用」をクリックすると設定完了です。

簡単だな~。

まとめ

手軽に設置できて収益アップが見込めるGoogle アドセンスの自動広告ですが、全てのページで広告が表示されるのがデメリットでした。

ポリシー違反の可能性のあるグレーゾーンの記事で自動広告を非表示にするには以下の手順で設定しましょう。

STEP.1
アドセンスにログイン後「広告」をクリック。
STEP.2
URL単位で自動広告をOFFにしたいドメインの右端のマークをクリックします。
STEP.3
「ページ除外」横の「管理」をクリック。
STEP.4
「除外設定を追加」をクリック。
STEP.5
除外するページのhttps://以外のURLを入力して『追加』をクリック。
STEP.6
「サイトに適用」をクリックして設定完了。

グレーゾーンの記事を設定前と設定後で比べてみました。

icon-check-square-o 設定前

Googleアドセンスの自動広告で特定記事だけURL単位で非表示にする方法

icon-check-square-o 設定後

Googleアドセンスの自動広告で特定記事だけURL単位で非表示にする方法

グレーゾーンの記事に表示されていた広告が消えました、これでGoogleアドセンスのポリシー違反にならずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)