アドセンスをアンケートサイト紹介記事に貼るとポリシー違反になる?

アドセンスをアンケートサイト紹介記事に貼るとポリシー違反になる?

ブログにGoogleアドセンスを導入している場合は、常日頃からポリシー違反に気をつける必要があります。自分自身で広告をクリックするのは勿論の事、多種多様のプログラムポリシーを遵守しなければなりません。

ポリシーに違反した場合はどうなるのですか?

もしアドセンスのプログラムポリシーに違反すると、ある日突然広告の配信がストップしたり、最悪の場合はアカウントが停止になったりします。

アカウント停止か~、ヒィー(((゚Д゚)))ガクブル

Google先生からアカウントの停止を喰らわないためにも、我々アフィリエイターは日々努力していく必要があります。

外部リンクAdSense プログラム ポリシー

例えを挙げると、ポイントサイトや情報商材サイトにアドセンスを貼るのはNGになります。

広告のクリックやウェブ サーフィン、メールの閲覧といった作業を行ったユーザーに対して支払いや報酬を約束するページに Google 広告を掲載することは許可されていません。そうしたページでは無効なインプレッションやクリックが発生する恐れがあるため、Google 広告の掲載が禁止されています。また、そうしたサービスの宣伝や導入手順の紹介コンテンツにユーザーを誘導することを主な目的とするページに Google 広告を掲載することも許可されていません。

この中で、許可されるページとして以下の様に書かれています。

報酬型アンケート ページやキャッシュバック ページなど、特定の行為に対して報酬を支払うページ(ただし、広告のクリックや表示回数の作為的な増加が関与しない場合に限る)

ここでは、アンケートサイトの紹介記事にGoogleアドセンスを貼るとポリシー違反になるのか、或いはセーフなのかを調べてみました。

報酬型アンケートとは

報酬型アンケートでは、アンケートに回答する事により報酬が得られる仕組みで、アンケートサイトにモニター登録をして様々なアンケートに答えて謝礼を貰います。

パソコンやスマホからスキマ時間に手軽に答えられるので、ちょっと小遣いが欲しい時には重宝しています。

スマホで回答できるアンケートサイトもかなり増えてきましたからね~。

これらの報酬型アンケートサイトを紹介する記事にGoogleアドセンスを貼りたいのですが、一応許可されているといえ本当にポリシー違反にならないのか心配になりますね。

WEBを見渡してもアンケートサイトを紹介している記事にあまりアドセンスは貼られていないな~。

アドセンスのポリシー違反になる可能性が高い例

Googleアドセンスのポリシー違反になる可能性が高いのは、現金に還元・交換できる場合です。

たとえば、登録した銀行へ直接振り込まれる場合ですね、これはポリシー違反になる可能性が高いです。

現金に交換可能なアンケートサイトの紹介記事にはアドセンスは貼らない方が良いという事ですね。

上記の例は直接現金に交換する場合ですが、間接的に現金に交換する場合も掲載NGになります。

!?

アンケートサイトで貯まったポイントを他社のポイントに変換してから現金に交換するといった、間に他社point交換サイトを挟む場合です。

この場合、最終的に現金交換が可能なのでアドセンス掲載はNGになります。

主なポイント交換サイト
アンケート回答で貯めたポイントを最終的に現金に交換する事がNGになるのですね。

下記のアンケートサイトではポイントを現金に交換する事が出来ます。

スポンサーリンク

アドセンスのポリシー違反になる可能性が低い例

今度はアドセンスのポリシー違反になる可能性が低い例ですが、現金以外のポイントやマイルへ交換する場合、現状では厳しく取り締まられていません。

ほう、例えばどんな物です?

Amazonギフト券や、iTunesギフトカードなどの特定のサイトや場所のみで利用できるポイントや電子マネーです。

Amazonギフト券への交換はOKという事ですね。

商品券等にしか交換できないアンケートサイト

まとめ

ここでは、アンケートサイトの紹介記事にGoogleアドセンスの広告を掲載することは可能なのかを調べてみました。

結論的に、Googleアドセンスのポリシー違反になる可能性が高いのは現金に還元・交換可能な場合です。

反対にポリシー違反になる可能性が低いのは、Amazonギフト券・iTunesギフトカード・電子マネーなどの現金以外に交換できる場合になります。

現金交換がオプションにあるサイト違反措置として不承認となる可能性が高い
現金交換がオプションに無いサイト現状では厳しく取り締まらず

なお、これらは2019年11月22日時点でGoogleに問い合わせたものです。今後ポリシーのアップデート等で変更がある場合もあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)