auのデータ定額1GBプランのメリットと併用できない割引サービスとは?

auのデータ定額1GBプランのメリットと併用できない割引サービスとは?
※この記事はau旧プランのカケホとデジラについての内容になります。記事内の表示価格は税抜価格です。

今回は、auスマホのプラン変更についてのお話です。何とか月額料金を安く済まそうと実験してみたので、その一部始終を紹介していきたいと思います。

ワタシがauに乗り換えたのが、2016年の2月です。2016年はキャッシュバック等のサービスが廃止された年で、乗り換えても全くお得になりませんでした。

飼いヌコ

キャッシュバックが無くなるとは、けしからん(#゚Д゚)

当時は、あまりスマホの事には詳しくなかったので、とりあえず「電話がかけれてネットが出来ればいいか。」みたいなノリで、大まかにプランを組んでしまいました。

ところがauに乗り換えて1年経って、もう少しスマホの月額料金が安くならないかと思うようになりました。そこで自分の契約内容とauのスマホのプランを比べてみて、どのプランがいちばん月額料金を安く抑えられるのか考えました。

結果、データ定額1GBのプラン(カケホとデジラ)に変更して月額料金は下がるのかという事を実験してみました。

注意

『カケホとデジラ』プランは2019年8月31日で新規受付を終了しました。

『スーパーカケホ』『カケホ』『LTEプラン』の違い

ここでは、au旧プラン『スーパーカケホ』『カケホ』『LTEプラン』の違いを表にしました。

プラン スーパーカケホ カケホ LTEプラン
特徴 1回5分以内なら
国内通話かけ放題
24時間国内通話かけ放題 午前1時~午後9時の間
auどうしの通話料無料
基本料金 1,700円 2,700円 934円
ネット接続料 300円
データ容量 1GB 2,900円 1GB なし 7GB 5,700円
2GB なし 2GB 3,500円
3GB 4,200円 3GB 4,200円
5GB 5,000円 5GB 5,000円
20GB 6,000円 20GB 6,000円
30GB 8,000円 30GB 8,000円

自分のauの料金プランを確認してみる

ワタシが今現在(2017年当時)契約しているのはスーパーカケホ+データ定額5GBのプランになりますが、この料金がどうなっているのかと言うと。

プラン スーパーカケホ
特徴 24時間国内通話かけ放題
(1回5分以内)
基本料金 1,700円
ネット接続料 300円
データ容量(5GB) 5,000円
安心ケータイサポートプラス 380円
割引(auにのりかえ割) ▲1,000円
auスマートバリュー ▲1,410円
 月額料金 4,970円

端末代金はソフトバンクから乗り換え時に一括で支払い済なので、毎月割は適応外でした。

その代わりにauにのりかえ割というサービスが適用されて、24か月間毎月1,000円引きの特典が受けられました。※auにのりかえ割は 2016年3月31日をもちまして終了しました。

こりゃ美味しいな~、毎月の1,000円引きは大きいですね。

端末代金はどうなっているのかと言うと。

端末代金(Galaxy S6 edge SCV31) 70,200円
MNP au購入サポート ▲59,400円
小計 10,800円
端末下取り ▲21,600円
合計 ▲10,800円

御存じsamsung制のスマートフォン Galaxy S6 edge SCV31です。これには、MNPau購入サポートというサービスが適応されて、実質10,800円の実費になりました。

今まで使用していたソフトバンク製スマホを下取りに出すと21,600円分のポイントが貰えたので、半分を端末代金に充てました。

結局、ソフトバンクからauに乗り換えてGalaxy S6 edge を購入したら、合計で10,800ポイントが残りました、これはいまだにそのままです。

auのデータ定額1GBプランのメリットと併用できない割引サービスとは?

何か得した気分ですねw

月額料金はこの半年間ほとんどが4,970円です。たまにCメールを打つので料金が少し上がる時もあります(笑)。

5,000円ちょっとでスマホが持てるなら安い方じゃありませんか?

何とか4,000円の半ばに月額料金を抑えたいので、その方法をシュミレーションしてみました。

追記:現在では新auピタットプランN(ピタットプラン 4G LTE)が最安値になります。

新auピタットプランN(ピタットプラン 4G LTE)最安値は1,980円から
スポンサーリンク

auの月額料金の最安値シュミレーション

auでスマホを契約する場合の最安値は、スーパーカケホ+データ定額1GBではないでしょうか?※2017年2月時点

料金プランを合計すると、割引等が何もなければ最安値は4,900円になりました。

プラン スーパーカケホ
特徴 1回5分以内なら国内通話かけ放題
基本料金 1,700円
ネット接続料 300円
データ容量(1GB) 2,900円
合計 4,900円

最も一般的なデータ容量の5GBの月額料金は、7,000円になります。

プラン スーパーカケホ
特徴 1回5分以内なら国内通話かけ放題
基本料金 1,700円
ネット接続料 300円
データ容量(5GB) 5,000円
税込合計 7,000円
月額2,100円の差か…。

普段は通勤の合間や昼休憩時・寝る前などの時間しかスマホを使わないのであれば、5GBの容量を契約するのは勿体ないですね。

おそらく2GB~3GBで足りると思います、そうなれば3GBのプランがベストという事になります。ちなみに料金は6,200円になります。

毎月の使用データ量が2GB未満の場合はデータチャージを活用する

毎月の使用データ量が1GB以上2GB未満の場合は、どのプランがベストなのでしょうか?

スーパーカケホは2GBのプランが無いので3GBのプランじゃないですか? 1GBならデータ容量が足らなくなりますよ。

ほとんどのユーザーが、1GBでは足りないから3GBのプランを選択すると思います、ワタシもそう思っていました。

??

スーパーカケホは、カケホと違い2GBのプランがありません。2GB前後のデータ容量を消費するユーザーの悩みどころですが、この悩みを解決する方法は データチャージ です。

ほう! データを追加購入する事ですね。

データチャージとは?

データを購入する事。契約している料金プランの月間データ容量を途中で使い切っても 追加でチャージ(購入)する事で通信速度制限を回避できる。

例えば、1GBのプランと契約している場合、月の途中で上限の1GBのデータ容量に達してしまう場合があります。そうすると通信速度が送受信ともに最大128kbpsにまで低下します。

auのデータ定額1GBプランのメリットと併用できない割引サービスとは?

この通信制限を回避するためには、データをチャージ(購入)してやります。

  • 0.5GB 550円
  • 1GB 1,000円
  • 3GB    3,000円
  • 5GB    5,000円

1GBのプランにデータチャージ0.5GB~1GBを追加する方法は 3通り考えられます。

データの追加方法
  1. 0.5GBだけ追加、合計1.5GB
  2. 0.5GBして更に0.5GB追加、合計2GB
  3. いきなり1GB追加、合計2GB

それぞれの組み合わせを表にしました。

プラン    スーパーカケホ
1GB
 スーパーカケホ
3GB
基本料金     1,700円
ネット接続料     300円
データ容量     2,900円  4,200円
データチャージ 0.5GB  0.5GB+0.5GB 1G
 追加料金  0円  550円  1,100円  1,000円
 月額料金 4,900円  5,450円  6,000円  5,900円  6,200円

※スマホではスライドして下さい。

月額データ使用料が1GBで収まりそうな場合は、4,900円の最安値になります。少しデータ容量が足らない場合は、0.5GB追加すると 5,450円になります。

0.5GB追加してもまだ足りない場合、もう0.5GB追加してやると6,000円に。これでも3GBのプランを契約するよりも月額200円安くなります。

少量しかデータを消費しないユーザーはデータチャージの方法を選択した方が得なんですね。

ここで注意しておきたい事は、1.5GB以上データを追加すると 6,450円と割高になってしまう事です。追加は1GBまでと覚えておき、それ以上の追加をしなければならない場合は、3GBのプランに変更した方がお得になります。

スポンサーリンク

データチャージの申し込み方法

ではデータを追加するには、どうすれば良いのでしょうか? それには2通りの方法を選択できます。

データチャージの申し込み方法
  1. 今すぐ申込む
  2. 予約しておく
チャージのタイミング 今すぐ 予約
利用の目安 兎に角、
今すぐ利用したい時
その都度、
手動で申し込みする必要あり
特徴 残テータ切れや、
有効期限切れになる前に
自動的にチャージさせたい時
データ合計容量が
1%未満になった時点か、
購入されたデータ容量の
有効期限が切れた時点で
自動チャージされる
チャージ回数 1回 1.2.3.4.5.12回
から選択

※スマホではスライドして下さい。

※追加したデータ容量は、チャージ(購入)した日から62日間有効です。新旧auピタットプランでは予約は不可。

じゃあ早速、1GBのプランに申し込みましょう!

ところが、この1GBのプランには色々と制約があります。

auのデータ定額1GBで併用できないサービスや割引

先ほどのワタシの月額スマホ料金が、毎月4,970円と解説しました。スーパーカケホ+5GBのプランで契約しているのですが、実際には5GBのデータ通信量は消費しきれていません。

auのデータ定額1GBプランのメリットと併用できない割引サービス

たったの1.35GB!?(笑)。

以前なら1か月に3~4GBのデータを消費していましたが、自宅でスマホを利用する場合には、インターネット環境からWi-Fiを飛ばす様にしました。

そうする事でauのパケット代はかからないので、月額データ使用量が1GB台になりました。

「それならなおさら データ1GBのプランで0.5GBチャージすれば良いジャン」と思いますが、1GBのプランに変更した場合、今まで適用されていた割引サービスが適用外になってしまいます。

データ定額1GBプランと併用できないサービス
  • 毎月割
  • auスマートバリューが3年目から500円にダウン

データ定額1GBのプランに毎月割が適応されないのは残念ですね。

旨い事はぐらかしますね~auは。

毎月割とは?

新規契約・機種変更時に、端末購入と同時に指定のデータ定額サービスに加入すると、利用料金から最大24か月の割引を受けられるサービス。

例えば、MNP乗り換えで契約する場合、新しい端末を購入するとデータ定額2GB以上のプランでは毎月割が適用されますが、1GBのプランでは全額実費になってしまいます。

そうなると1GBのプランの方が月額料金が高くなってしまいます、これでは1GBのプランに変更するメリットは無いですね。

auスマートバリューでは新規契約から2年間は、データ定額2・3GBと同様の割引が適応されますが、3年目からは割引が約半額になってしまいます。

まとめ

今回は、スーパーカケホのデータ定額1GBのプランに変更した場合、どれだけ月額料金が安くなるのかシュミレーションしてみましたが、毎月割が適用外という事で思ったより安くなりませんでした。

毎月割の破壊力は大きいので、1GBのプランの方が割高になるという逆転現象が起こりました。

この1GBのサービスをお得に活用する方法としては、新規契約から2年以内でなく、3年目から導入すると、割引等サービスは全て終了しているので少しはお得になると思います。

ワタシが今の段階で、1GBのプランに変更した場合の月額料金を計算してみたところ4,346円でした。1か月平均1.5GBデータを使用するとして、1GBのプランに0.5GBデータチャージして計算すると 4,896円になり、今現在支払っている金額4,970円とほぼ変わらない数字になりました。

という事で、なにかしら割引サービスを受けている間は安易にプランを1GBに変更しても思ったほど月額金額が安くならないのが現実ですね。

追記 2019年10月1日からauの新サービスがスタートしました。

新auピタットプランN(ピタットプラン 4G LTE)最安値は1,980円から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)