auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

auと契約している場合、プランによっては月額の通信量を超えると制限がかかり通信速度がダウンしてしまいます。

どれだけ遅くなるのかな?

送受信速度が最大128~300kbpsまでダウンします。

YouTubeは見られないのね…。

通信速度がダウンするだけならまだマシですが、新auピタットプランNのSTEP①(1GB未満)を利用していて、月末にデータ容量が1GBを超えそうな時があります。

この場合は2,980円から4,480円と料金が1,500円もアップしてしまいます。※auスマートバリュー加入時は1,000円アップ。

1.1GBで4,480円?マジか!

auではデータ容量が足りなくなった場合や次のSTEPに進みたくない場合に、いつでもデータチャージ(購入)が可能です。

※記事内の価格はすべて税抜価格です。

auのデータチャージとは

auでは契約している料金プランの月間データ容量を月の途中で使い切ってしまった場合や、新auピタットプランNなどの従量課金プランで次のSTEPに進みたくない場合に、データ容量をチャージ(購入)する事ができます。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など出典:auデータチャージ
(注1)「auデータMAXプランPro」「auデータMAXプラン」のデータ容量の上限20GB(テザリング、データシェア、世界データ定額合計)、「auデータMAXプラン Netflixパック」のデータ容量の上限2GB(ザリング、データシェア、世界データ定額合計)。

対象機種・対象のデータ定額サービス/料金プラン

データチャージは下記の定額サービス・料金プランに加入時に利用可能です。

対象機種対象のデータ定額サービス/料金プラン
スマートフォン(4G LTE)
ケータイ(4G LTE)
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
新auピタットプランN
auピタットプランN(s)
データ定額1/2/3/5(ケータイ)

※受付終了プラン

auピタットプラン
新auピタットプラン
auフラットプラン5(学割専用)
auピタットプラン(s)
auフラットプラン7プラス
auデータMAXプラン
auフラットプラン20
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン5(学割専用)
シニアプラン
データ定額1cp/3cp/5cp
U18データ定額20
データ定額8/10/13
データ定額8/10/13(ケータイ)
データ定額cp(0.8GB)
データ定額1/2/3/5/20/30
LTEフラット
LTEフラット cp(1GB)
LTEフラット cp(f・2GB)
ジュニアスマートフォンプラン

4G LTEタブレットタブレットデータシェアプラン
タブレットプラン20

※受付終了プラン

タブレットプラン ds(3年契約)/(3年契約/L)
タブレットプラン ds(2年契約)/(2年契約/L)
タブレットプラン cp(2GB・3年契約)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
LTEフラット for Tab ds/Tab ds(L)
LTEフラット for Tab(i)ds

4G LTE対応PCLTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for DATA(m) ds

データチャージ料金

データチャージは「0.5GB」「1GB」「3GB」「5GB」から選択可能です。

データ容量チャージ料金
0.5GB550円
1GB1,000円
3GB3,000円
5GB5,000円
1GBあたり約1,000円ね、ところで1GBでどれくらい楽しめるのかな?

icon-check-square-o 1GBで利用できる目安

項目1GBで利用できる目安
うたパス(1曲約5MBとして計算)約18時間の再生(5分×200曲)
ビデオパス約2時間半の再生
WEBサイト閲覧(1ページ約150KB)約6,600ページ
メール送受信(1通約500KB)約2,000通
LINE通話時間音声通話:約40時間前後
ビデオ通話:約3時間
※通信状況により多少の変動あり。
ネット動画閲覧(512kbps程度の中画質で、1分約4MB)約4時間の再生
Youtube高画質動画閲覧(HD高画質720Pで、1分約12MB)約1.5時間の再生

※通信環境やコンテンツの内容により変動します。

Youtubeを見たらあっという間だな…。

データチャージの有効期間は62日

購入したデータ容量の有効期間はデータチャージを行った日から62日間です。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など出典:auデータチャージ

2か月間ね。

データを追加購入した時に月間データ容量が残っている場合は、月間データ容量から先に消費されて、月間データ容量がゼロになった時点で購入したデータ容量が追加されます。

ワタシの場合はauでのプランは新auピタットプランNですが、1GBを超えそうな場合にデータチャージを行いました。

この場合「月間データ容量」と「購入データ容量」の2つが存在する事になりますが、先に消費されるのは「月間データ容量」です。

①「月間データ容量」の0.17GBがゼロになって初めて②「購入データ容量」が消費される訳ですね。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

「購入データ容量」の有効期間は62日間です。この62日間を過ぎると利用できなくなります。

えっ!

この対処法として、有効期限内に追加チャージを行う事で、1回目の有効期間内に使えなかったデータ容量を追加チャージ分に合算して、なおかつ有効期限も更新されて引き続き利用可能になります。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など出典:auデータチャージ

有効期間を過ぎた場合

有効期間を過ぎた場合でも、期限切れから24時間以内にデータチャージを行えば残っていたデータ容量が復活し、追加チャージ分と合わせて利用できます。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など出典:auデータチャージ

データチャージは予約可能

データチャージは利用に合わせて「今すぐ」と「予約」から選択が可能です。また「予約」ではチャージ回数が選択できます。

利用シーンチャージ
タイミング
チャージ回数
今すぐにチャージする場合今すぐ1回
前もってチャージ予約しておきたい場合予約1回2回3回4回5回12回から選択
※以下のプランは予約不可です。

新auピタットプランN
新auピタットプラン
auピタットプランN(s)
auピタットプラン(s)

「予約」は以下の①のタイミングでチャージされます。※「LTEデータプリペイド」と契約している場合は①か②を選択可。

①「月間データ容量」「購入データ容量」の合計が残り1%となった時点、又は購入したデータ容量の有効期限が過ぎた時点。

②購入したデータ容量の有効期限が過ぎた時点。

外部リンクLTEデータプリペイド

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など出典:auデータチャージ

スポンサーリンク

データチャージの申し込み方法

では実際にデータチャージに申し込んでみましょう。まずはデジラアプリを起動します、ワタシの場合は次のSTEP②までわずか0.28GBしないので、0.5GBの追加チャージを行っていきたいと思います。

最初に「ふやす」をタップしていきます。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

「データチャージ」を選択しましょう。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

「チャージ容量」横の印をタップしてチャージ容量を4種類の中から選択します。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

チャージ容量を選択したら「決済画面へ進む」をタップします。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

「ご利用内容の確認」ページへ進むので、画面を下にスクロールしていき「お支払い方法の選択」で支払い方法を選択します、支払い方法は3種類です。

  • 通信料金と合算
  • クレジットカード
  • ポイント払い

最後に暗証番号を入力して「支払う」をタップしましょう。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

以上でデータチャージ完了です。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

データ容量の残りが0.28GBだったのが、0.5GBチャージした事により0.78GBに増えました。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

注意点として、購入したデータ容量よりも先に月間データ容量が消費されます。

auのデータチャージとは?メリット・デメリットや購入方法など

余った購入データは翌月に繰り越される訳ですね。

残データは翌月の月間データ容量がなくなった時点で消費されます。

スポンサーリンク

データチャージのメリット

auでデータチャージを行う上でのメリットですが、大きく分けて2つ考えられます。

  • 通信速度制限の解除
  • 次のSTEPに移行するのを阻止

通信速度制限の解除

auではプランによっては月額の通信量を超えると通信速度が128~300kbpsに制限されてしまいます。この通信速度制限を回避するにはデータをチャージ(購入)する必要があります。

低速通信ではネットが使えませんからね、仕方がないな~。

データをチャージする事により通信速度が元に戻るので、今まで通りにネットが楽しめる訳ですね。

次のSTEPに移行するのを阻止

新auピタットプランNでは、月間データ容量を1GB未満に抑えた場合、月額料金は2,980円です。

ところが、1GBを少しでもオーバーしてしまうとSTEPが②へ移行してしまい月額料金が4,480円と1,500円もアップしてしまいます。※auスマートバリュー加入時は3,980円。

データ利用量~1GB
(STEP①)
~4GB
(STEP②)
~7GB
(STEP③)
月額利用料金2,980円4,480円5,980円

※2年契約N適用時。

極端な場合、1GBを0.1GB超えただけでも月額料金は4,480円になってしまいます。1.1GBで4,480円はさすがに高いですね(笑)。

冗談きついな~。

新auピタットプランNでSTEP②に移行するのを阻止するためには、データをチャージ(購入)してやります。データチャージを行うことでSTEP②に移行せずに、月額料金が2,980円で済みます。

icon-check-square-o 月間データ容量が1.1GBの時のデータチャージ有無の月額料金比較

データ容量データチャージなしデータチャージあり
~1.0GB2,980円2,980円
~1.5GB550円
~4.0GB4,480円(※3,980円)
月額料金4,480円(※3,980円)3,530円
残データ繰り越しデータチャージ分は繰り越し有

※au スマートバリュー加入時

0.5GBのチャージを行った場合は、STEP②に移行した場合よりも月額料金が950円(スマートバリュー加入時は450円)割安になります。

!?

しかもチャージした0.5GBの残りを来月まで繰り越せるのも大きいです。データチャージ分を2か月で使い切ると、月額275円のプラスだけで済みますね。

データチャージ分の0.5GBを2か月で使い切ると、1か月1.25GBで2,980円+275円=3,255円になりますね。

データチャージのデメリット

データチャージのメリットは月額料金を抑える事でしたが、果たしてデメリットは存在するのでしょうか?

う~む、難しいな~。

新auピタットプランNでスマートバリューに加入している場合、STEP①からSTEP②へ移行すると月額料金が1,000円アップします。

icon-check-square-o 新auピタットプランN月額料金

データ利用量~1GB
(STEP①)
~4GB
(STEP②)
~7GB
(STEP③)
月額利用料金2,980円4,480円5,980円
auスマートバリュー▲500円
支払合計額2,980円3,980円5,480円

※2年契約N適用時。

STEP①の場合、0.5GBをチャージすると月額料金は3,530円になりますが、同月中にもう1回0.5GBのチャージを行った場合、4,080円となり、STEP②の料金の3,980円よりも100円高くなってしまいます。

あちゃー、本末転倒だな~、チャージしない方が安いのね。

一気に1GBをチャージした場合はSTEP②と同じ1,000円アップになりますが、データ容量ではSTEP②は3GB利用できるのに対してデータチャージでは1GBしか利用できません。

まとめ

auでは通信速度に制限がかかった場合や、新auピタットプランNで次のSTEPに移行したくない場合にデータをチャージ(購入)できます。

データチャージの種類は4種類、「0.5GB」「1GB」「3GB」「5GB」と豊富で、有効期間は62日です。

また、データチャージ有効期限内に追加チャージを行えば、データが合算されて有効期限も更新されます。

新auピタットプランNや旧auピタットプランでSTEP①からSTEP②へ移行させないためには、0.5GBのデータチャージを行うと月額料金を節約できます。

注意点として、1か月間に0.5GBを2回チャージした場合や1GBをチャージした場合はメリットはありません。

新auピタットプランNの場合、月間で1回0.5GBのチャージでは足りないなと感じたら、あえてチャージは行わずに次のSTEP②へ移行して、4GB目一杯消費する方がお得と言えますね。

au関連記事一覧はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)