スマホ2台持ちで月額料金を抑える~イオンモバイルなら1GBで480円

スマホ2台持ちで月額料金を抑える~イオンモバイルなら1GBで480円

ここでの内容はキャリア(特にauとソフトバンク)でデータ使用量を毎月1GBに抑えられずに、どうしても0.5GBをチャージしてしまう人向けの記事です。

3大キャリア最安値料金プラン
  • ピタットプラン 4G(au)
  • ミニフィットプラン(ソフトバンク)
  • ギガライト (docomo)

3大キャリアでは割引やキャンペーンをフルに活かした場合は月額1,980円でスマホが利用できますが、データ容量が1GBを超えると料金がアップしてしまいます。

キャリア データ使用量
~1GB
データ使用量
1GB~
au 1,980円 2,980円
(~4GB)
ソフトバンク 1,980円 3,980円
(~2GB)
docomo 1,980円 2,480円
(~3GB)

※割引とキャンペーンをフルに活かした場合の料金

データをたくさん使うならSTEP2に移行しても意味がありますが、1.5GBくらいしか使わない場合は逆に損をしてしまう場合があります。

auでは1,000円、ソフトバンクは2,000円、docomoは500円アップになりますね。

この問題の解決法として、スマホを2台持ちする事で月額料金を安く済ませることが出来ます。

※記事内の価格はすべて税抜価格です。

auとソフトバンクでは0.5GB/500円でデータチャージが可能

auとソフトバンクではデータ利用料を1GB未満に抑えると最安値の1,980円で利用できます、また1GBを超えそうな場合は0.5GBのデータを550円でチャージする事が可能になっています。

この場合は1.5GBで2,530円の月額料金ですね。

2,530円という格安料金で1.5GBのデータを使用できるのでお得に見えますが、550円の追加料金で1GBしか利用できないデメリットもあります。

イオンモバイルのデータ1GBプランは月額480円で利用可能

格安SIMのイオンモバイルではインターネット等のデータ専用プランなら1GBが480円という低価格で利用が可能です。

めちゃくちゃ安いですね。

なのでauやソフトバンクのキャリアで音声通話プランを1GB/1,980円で利用して、格安SIMのイオンモバイルでデータプラン1GB/480円と契約すると2GB/2,460円という格安料金でスマホが2台持ち出来る事になります。

キャリアのみよりも0.5GB余計に利用出来て料金はそれほど変わらないのね。

スマホ2台持ちはデメリットになる場合も

スマホを2台持つことによるデメリットを挙げてみました。

スマホ2台持ちのデメリット
  • スマホが2台必要
  • 格安SIMと契約する場合事務手数料がかかる
  • スマホの管理が大変

スマホが2台必要

スマホ2台持ちという事は、メインで利用しているスマホの他にサブで使用するスマホが1台必要になります。

購入したらお金がかかりますよ!

以前に利用していたスマホなどが残っていれば一番ベストなのですが、無い場合はオークション等で格安スマホを手に入れる方法もあります。

その他ではキャリアで新しくスマホの機種変を行い、今まで使っていたスマホをサブとして使う手もありますね。

格安SIMと契約する場合事務手数料がかかる

スマホと契約する場合はキャリアや格安SIMにかかわらず契約事務手数料(基本的に3,000円)が請求されます。

しかし近年ではオンライン契約をすると無料になったり「エントリーパッケージ」「エントリーコード」と呼ばれるコードを入力する事により無料になる場合などがあります。

2台目のスマホと契約する場合は携帯会社のキャンペーン等をよく確認しておく事が大事になってきます。

スマホの管理が大変

スマホの2台持ちはメインスマホのデータ容量が少なくなったらサブスマホに切り替えるので両スマホ共に同じアプリをインストールしておく必要があります。

また携帯会社が2社になるので料金の支払いが月額2回発生するなどの手間がかかります。

クレジットカード決済にしておけば問題ないですね。

イオンモバイルと契約するメリット

ここではイオンモバイルと契約するメリットについて考えていきたいと思います。

イオンモバイルのメリット
  • 月額料金がとにかく安い
  • 契約事務手数料が1円になるキャンペンーンが開催される時がある
  • 契約するとWAONポイントがもらえる
  • 自己アフィリエイトで報酬が得られる

月額料金がとにかく安い

スマホの2台持ちの場合はメインは音声プランでサブにデータプランを組み合わせる方法がポピュラーですが、イオンモバイルではデータプランは月額480円と非常に安く設定されています。

icon-check-square-oイオンモバイルのデータプランの料金

プラン 月額料金
データ1GBプラン 480円
データ2GBプラン 780円
やさしいプランS.
(データ3GB)
680円
データ4GBプラン 980円
やさしいプランM.
(データ6GB)
1,080円
データ6GBプラン 1,480円
やさしいプランL.
(データ8GB)
1,580円
データ8GBプラン 1,980円
データ12GBプラン 2,380円
データ14GBプラン 2,980円
データ20GBプラン 3,280円
データ30GBプラン 4,280円
データ40GBプラン 5,480円
データ50GBプラン 6,480円

※「やさしいプラン」は60歳以上限定。

auやソフトバンクではデータを0.5GBチャージすると550円かかりますが、イオンモバイルでは1GBのデータ容量が480円で利用可能です。

契約事務手数料が1円になるキャンペンーンが開催される時がある

イオンモバイルでは契約すると初期費用としてSIMカード代金(事務手数料相当額) 3,000円が必要になります。

ところが不定期にSIMカード代金(事務手数料相当額)3,000円が1円になるキャンペーンを開催している場合があります。

イオンモバイル SIMカード代金(事務手数料相当額)3,000円が1円になるキャンペーン

この様なキャンペンーン時にイオンモバイルと契約する事で初期費用を安く抑える事が出来ます。

タイミングが大事ですね。

契約するとWAONポイントがもらえる

イオンモバイルと契約するとWAONポイントがもらえるキャンペンーンが開催されている場合があります。

イオンモバイル WAONポイントがもらえるキャンペンーン

こちらのキャンペーンも利用する事でかなりお得になります。

自己アフィリエイトで報酬が得られる

イオンモバイルと契約する場合はそのまま契約すると勿体無いのでASP経由で申し込みましょう。

アクセストレードのアフィバックから申し込むとセルフバック報酬がゲットできます。※アクセストレードに登録する必要があります。

アクセストレードの特徴や稼ぎ方・セルフバック方法などアクセストレードの特徴や稼ぎ方・セルフバック方法など
ブログを運営していませんが…。

ブログやホームページを運営していない場合はポイントサイト経由で申し込む方法もあります、以下のポイントインカムではイオンモバイルと契約すると現在3,500円分の報酬が稼げます。

ポイントインカム 報酬

このように契約事務手数料が稼げてしまうので必ずセルフバック報酬をゲットしておきましょう。

\公式サイトはこちら/
◆登録・利用は無料!

まとめ

キャリアで音声付スマホをメインで使い、格安SIMでデータ専用のスマホをサブとして使用する場合はイオンモバイルがお得です。

データ使用量1GBまでで月額480円と格安な料金で利用できるのが大きな特徴です。

またキャンペーンが開催されている場合は契約事務手数料が1円になったりWAONポイントが貰える特典があったりするのも魅力ですね。

最後になりますがイオンモバイルと契約する場合はASPのアクセストレードもしくはポイントサイトのポイントインカム経由で申し込むとセルフバック報酬が稼げます。

イオンモバイルでデータSIMと契約してiPhoneで利用する方法
アフィリエイトのアクセストレード
ポイントサイトのポイントインカム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)