照明をペンダントライトからLEDシーリングライトに交換する方法

部屋の照明をペンダントライトからLEDシーリングライトに交換する方法

今回、我が家の和室の照明を吊り下げ型の照明(ペンダントライト)からはめ込み式型のLEDシーリングライトに交換してみたので、その方法を図解入りで紹介していきたいと思います。

え~、どうやるのかな。素人にでも簡単に出来るのかな?

そもそも吊り下げ型の照明をはめ込み式型の照明に出来るはずもないと思いますが、基本的な部分は同じ構造になっているので簡単に交換可能です。

LED(発光ダイオード)とは

LED(発光ダイオード)とは何なのかを勉強していきましょう。LEDはLight Emitting Diodeの略で、電圧をかけた時に発光する半導体素子のことで、発光ダイオードとも呼ばれています。

半導体が光るのね。

LEDのメリット

LEDのメリット
  • 寿命が長い(約40,000時間)
  • 消費電力が少ない(蛍光灯の2分の1以下)
  • 紫外線・赤外線の放出が極めて少ない(虫が寄り付き難い)
  • 点灯・消灯を繰り返しても寿命が縮まない
  • 点灯中にあまり電球が熱くならない

LEDのデメリット

LEDのデメリット
  • 蛍光灯に比べて値段が高い
  • 蛍光灯や白熱電球に比べて若干暗く感じる
  • 光に指向性があるため、光を均一に放射出来ない

LEDは消費する電力が少なく寿命が長いのが優れている点ですが、価格が高いのがネックです。

電球1個が1,000円くらいの値段になりますからね~。

しかし近年はLEDの値段も下がってきたので、これからはどんどんLED照明が利用されていく事になりますね。

購入したのはパナソニック LEDシーリングライト【HH-CC0850A】

部屋の照明に関しては全く知識がなかったので、近所の電気店に出かけて実物をじっくりと観察しました。

最初は同じペンダントライトを購入するつもりでしたが、壁に直接取りつけられるシーリングライトも設置可能という事を知りました。

LEDシーリングライト

やっぱり和室には四角ですね。

天井に下記画像の配線器具が付いていれば、工事なしで簡単に取りつけが可能という事です。

LEDシーリングライト 取り付けについて出典:Amazon.co.jp

う~む、我が家はどのタイプなのかな?

我が家は築30年以上なので配線器具が合うかどうか心配しましたが、どうやら「角型引掛シーリング」のようです。

角型引掛シーリング

良かった~。早速取り換えましょう! で、どんなシーリングライトを買ったのかな?

和室に合いそうな照明があったので、Amazon.co.jpで購入しました。

配達されてきた箱はかなりの大きさでしたが、重量は軽かったです。

パナソニック LEDシーリングライト【HH-CC0850A】

開封してみると、シーリングライト本体・アダプタ・リモコン・取扱説明書・保証書が同封されていました。

パナソニック LEDシーリングライト【HH-CC0850A】開封

ペンダントライトからLEDシーリングライトに交換する方法

アダプタの取りつけ

最初にペンダントライトを外すとこんな感じで、角型引掛シーリングのみになりました。

ペンダントライトを外す 角型引掛シーリングのみ

この角型引掛シーリングに付属のアダプタをカチッと音がするまでドッキングさせましょう。

角型引掛シーリングに付属のアダプタをカチッと音がするまでドッキングさせる

カチッと言いました。

スポンサーリンク

シーリングライト本体の取りつけ

アダプタをシーリングライト本体の穴にはめ込みましょう、ちなみに配線器具によって本体の取り付け位置が異なるので注意が必要です。

アダプタをシーリングライト本体の穴にはめ込む

アダプタのツメ(黒色)が両方見える カチッ、カチッと2回、音がするまで押し上げる
アダプタのツメ(黒色)が両方見えない カチッと1回、音がするまで押し上げる

我が家の場合は2回カチッカチッとはめ込みました、力は入れずにスムーズにはめ込めると思います。

アダプタをシーリングライト本体の穴にはめ込

コネクタをアダプタに差し込む

シーリングライト本体から出ているコードみたいなもの(コネクタ)をアダプタにはめ込みましょう。

LEDシーリングライトのコネクタをアダプタに差し込む

う~ん、簡単ですね(笑)。

シーリングライトのカバーを取り付ける

カバーの引掛金具を本体の取付金具に引掛けますが、この時カバーを約45度の角度で引掛けましょう。

icon-check-square-o引掛金具

LEDシーリングライト 引掛金具

icon-check-square-o取付金具

LEDシーリングライト 取付金具

次にカバーを押し上げて、カバーの止め具を回して本体にカバーを固定します。

LEDシーリングライト カバーを押し上げて、カバーの止め具を回して本体にカバーを固定

以上でシーリングライトのカバーの取りつけ完了です。

シーリングライトのカバーの取りつけ完了

リモコンでスイッチON

早速リモコンを使いLEDシーリングライトのスイッチを入れてみましょう。ちなみにワタシが何故パナソニック製のシーリングライトを購入したかというと、リモコンがシンプルで使いやすそうだったからです。

LEDシーリングライト リモコン

明るさや色合いを設定しておけば、点灯・消灯だけの作業で済みますね。

icon-check-square-o白い色

LEDシーリングライト 白い色

icon-check-square-o暖かい色

LEDシーリングライト 暖かい色

icon-check-square-o常夜灯

LEDシーリングライト 常夜灯

まとめ

今回は長年使ってきた和室の照明をペンダントライトからシーリングライトに変更してみました。

ペンダントライトの場合はヒモを引っ張って点灯・消灯していたのが、シーリングライトではリモコンのボタンを押すだけで点灯・消灯が出来るので楽が出来ます(笑)。

見た目にもペンダントライトの圧迫感がなくなり、すっきりした和室に変貌しました。

照明をペンダントライトからLEDシーリングライトに交換

電気代も安く長持ちするLED照明はこれからの暮らしにピッタリですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube
Twitter
SHARE