素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

築30年以上経ちました、我が家の水道蛇口からの水漏れが気になっていたので、修理してみる事にしました、俗に言うパッキン交換ですね。

専門業者に頼むと、出張費込みで安くても5千円~1万円は取られるんじゃないでしょうか? しかし自分で取り替えれば材料費だけですみます。

その昔、水道の混合栓が古くなったので、街の水道屋さんに依頼したのですが、自分で行えば1万円ほどの工事を、何万円も取られた記憶があったので、『水道のトラブルはなるべく自分で解決しよう!』と決めていました。幸いにも今の時代はネットで検索すると大抵の事は載っているので、自分で直せる範囲が多くなりましたね。

全くの知識セロの素人なので、上手く出来るかどうか分かりませんが、手順を記していきたいと思います。

スポンサーリンク

水道のパッキン交換に必要な工具

蛇口のパッキンを交換するには専用の工具が必要になります。

  • ウォータープライヤー
  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー又はキリ

ドライバーはどこの家庭にも常備していますが、さすがにウォータープライヤーはないですね。1本1,000円ほどで売っているので、是非揃えておきたい道具です。

パッキン交換の手順

まず一番最初にすべき事は、屋外にある元栓を閉めてやる事ですね。これをしないと大変な事になます。

それでは蛇口を分解していきましょう、我が家の洗面所の水道蛇口はこんな感じです。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

まずは 蛇口の頭のフタを取りますが、この時フタが硬いのでマイナスドライバーかキリでめくりあげるようにすると取り易いですね。ちなみにワタシが使っているのは手芸用の目打ちです。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

蛇口の取っ手をドライバーで外すと、何やら汚いものが見えてきました。次に、被せてあるカバーナットはモンキーレンチで外しておきます。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

スピンドルをウォータープライヤーを使って、時計と逆方向に回して緩ませて外します。左に回せば、手で取れるはずですが、硬ければウォータープライヤーを使います。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

このツマミのようなものがスピンドルです。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

さすがに30年も使っているので、ボロボロの状態になっていました。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

この状態は、さすがに新しい物に変えたほうが良いと思い、近所のホームセンターへ行きました。

直径を測ると4.5センチだったので、それだけを頭に入れておいたら、同じものが売られていました。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

横を見てみると、スピンドルの上に被せてあるカバーナットもセットで売られていたので、こちらとコマパッキンを購入しました。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

コマパッキンを合体させて比べてみると、古い方のスピンドルはパッキンがほぼなくなっていました。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

これを蛇口に差し込んでいきます。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

セットで購入したカバーナットをはめていきます。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

これで完成です、最後に元栓を開けて水漏れが収まったかどうかチェックした方が良いですね。

素人でも出来た水道蛇口からの水漏れの修理【パッキン交換】

水道のパッキン交換のまとめ

今回は、初めて水道の蛇口の水漏れを修理しました。新しく交換したものは下記の2点です。スピンドルセットが2つで820円、コマパッキンが159円の合計979円と、1,000円でおつりが来ました。

  • スピンドルセット(パッキン、カバーナットつき)
  • コマパッキン

感想を言うと、案外簡単に交換できましたね。この中でいちばん難しかったのは、蛇口のてっぺんのキャップを外す事ですかね(笑)。

工具さえ揃えておけば、素人でも十分に可能でした。あと、水回り関係は必ず元栓を閉めてから作業をする事が大事です。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です