DIYで手作りしよう!カーテンの作り方【ハンドメイド】

DIYで手作りしよう!カーテンの作り方【ハンドメイド】

我が家の2階の一室にはカーテンがありませんので、カーテンを手作りしてみました。いわゆるDIY(Do It Yourself)ですね。

夏の暑い時期には日光を通さなく、冬の寒い時には室内の暖かい空気を逃がさない 遮光カーテン が良いですね。これから暑い夏がやってきますので、バッチシ太陽の照りを遮る頼もしいカーテンを作りましょう。

今まではカーテンは買うものと思っていました、しかし結構値段が高いんですね~。しかも窓枠のサイズに合うのを探すのにひと苦労します(笑)。かと言ってオーダーカーテンを注文するとびっくりするくらいの値段になります。

お金はないけど時間はたっぷりあるワタシとしては、「いっちょ作ったる!」てなノリでやってみることにまりました。

フラットカーテンの作り方【ヒダなしカーテンを素人が手作り】

遮光カーテンとは?

カーテンにもピンからキリまでありますが、そもそも遮光カーテンとはどういった種類のカーテンなのでしょうか?

遮光カーテンとは?

光を遮断するカーテンで1~3までの等級がある。

この遮光カーテンには等級があり、1%にも満たない違いになっています。

  • 1級 遮光率99.99%以上
  • 2級 遮光率99.80%以上
  • 3級 遮光率99.40%以上

参考動画1分でわかる!遮光カーテン

やはり1級は日差しを完璧に遮断しますね。できれば1級が良いのですが、予算と相談してカーテン屋さんで判断したいです。

スポンサーリンク

カーテンの寸法を測る

これが今回カーテンを設置する窓です。今はレースが掛かっているだけなので、真夏は日差しが凄い事になります。

カーテンの作り方 カーテンの寸法を測る

カーテンの作り方 カーテンの寸法を測る

まずはカーテンを付ける窓の寸法を測ります。

カーテンの作り方 カーテンの寸法を測る

カーテンの作り方 カーテンの寸法を測る

  • 横幅 左右のランナーの幅を計り×1.05倍
  • 縦幅 レースよりも少し長めを計る+縫い代40センチ

カーテンの横幅

カーテンライナーの両端を計ってその長さに1.05を掛けてやります。我が家のカーテンの横幅は133センチなので、1.05倍すると139.65センチ、約140センチですね。

カーテンの縦幅

縦はレースよりも長くないとカッコ悪いので2~3センチほど長めに計算すると160センチです。そこに縫い代を40センチ足して合計200センチになりました、2mの裁縫は素人には手間がかかると思いますが何とか頑張ります。

ヒダ数の選択

次にカーテンにはヒダがあるので、2つ山にするか3つ山にするかを決めます。

  • 2つ山 1.5倍ヒダ 柄物を綺麗に見せる
  • 3つ山  2倍ヒダ  ゴージャスな雰囲気になる

今回は両開きカーテンを作るので、左右70センチの幅になります。

  • 1.5倍ヒダ 105センチ
  • 2倍ヒダ  140センチ

ほとんどのカーテン生地は、横幅が1.5mか2mで販売されていので、2倍ヒダに決めました。

結果的に必要な生地の大きさは

横140×縦200を2枚

という事になりました。

カーテン生地の購入

寸法が分かったので生地を手に入れますが、カーテンの生地なんて普通は近所のスーパーでは売っていませんね。

幸いなことに、ワタシの住んでいる吹田市の江坂に大塚屋という生地の専門店があるので買いに行く事になりました。

インターネットでも注文出来ますが、送料がかかるし実際に生地は見て購入した方が良いので、近所に在住の方は足を運ばれる事をお勧めします。

たまに新聞の折り込み広告が入っていてセールなんかもやっていますね。

カーテンの作り方 大塚屋

カーテンの作り方 大塚屋

いざ入店!

カーテンの作り方 大塚屋

カーテン生地は4階デス。

カーテンの作り方 大塚屋

いろんな種類の生地が置いてあります。

カーテンの作り方 大塚屋

あまり値段の高いものは止めておいて、安い物を探しました。これは遮光3級です。

カーテンの作り方 大塚屋

なかなかサッパリした柄物ですね、これで1.5m幅で1mにつき380円です。結局は2mを2枚購入しました。合計4mで 380×4=1,520円の出費になりました。

スポンサーリンク

手作りカーテンに必要な道具

カーテンを自作するためには道具が必要になりますが、なるべく家にある物で代用できれば、お金をかけずにカーテンが自作出来ますね。

当然ミシンは必需品になるので、なければどうしようもありません。ワタシはマイミシンを買いました。

手作りカーテンに必要な道具 ミシン

手作りカーテンに必要な道具 ミシン

ブラザーのコンピューターミシンです。何だか分からないけど、色々便利な機能が付いているので、素人のワタシにはピッタリのミシンです。ちなみに楽天市場で購入しました。

公式楽天市場コンピューターミシンランキング

カーテン生地の裁断

生地も用意できたので、今度は裁断に入ります。

カーテン生地の裁断

買った状態が150×200でカーテンの寸法が140×200なので、端を10㎝裁断してやるだけですね。

カーテン生地の裁断

本当に2mピッタリなのか図ってみたら少し大きかったので、2mのところに切り込みを入れて裁断していきます。

カーテン生地の裁断

便利な道具を使うと、素人でも簡単に裁断出来ますね。

ロータリーカッターで生地の裁断

ロータリーカッターで生地の裁断

この要領で横幅も140センチに裁断していきます。上手くいったと思ったのですが、ややズレがあるみたいです、まあ何とかなるでしょう(笑)。

ロータリーカッターで生地の裁断

カーテン生地の両端を縫う

いよいよミシンを使っていきます。両端を2.5センチの3つ折にしていきます。最初に1つ折にしてアイロンを当てていきます。

カーテン生地の両端を縫う 生地を1つ折にしてアイロンを当てる

更にもう1回折り返します。ここもアイロンをしっかり当てておきます。

カーテン生地の両端を縫う 更にもう1回折り返しアイロンを当てる

こんな感じで折り目がつきました。

カーテン生地の両端を縫う 折り目がつく

折り目の先をミシンで縫い合わせます、この作業を両端×2枚繰り返します。

カーテン生地の両端を縫う 折り目の先をミシンで縫い合わせる

カーテン生地の両端を縫う 折り目の先をミシンで縫い合わせる

芯地の縫い付け

続いて生地の上に芯地を取り付けていきます。新地ではないです(笑)。

芯地の縫い付け

この芯地を、生地の上に1.5センチ重ね合わせて縫い合わせていきます。

芯地の縫い付け 生地の上に1.5センチ重ね合わせて縫い合わせていく

こんな感じですね。

芯地の縫い付け 生地の上に1.5センチ重ね合わせて縫い合わせていく

今度は芯地の長さだけ内側に折り返し、折り返した所はアイロンを当てておきます。

芯地の縫い付け 芯地の長さだけ内側に折り返し、折り返した所はアイロンを当てておく

更にもう1回折り返してアイロンを当てます。

芯地の縫い付け もう1回折り返してアイロンを当て

赤線のところを縫い合わせていきます。

芯地の縫い付け 赤線のところを縫い合わせていく

縫い始めをきっちり合わせていても縫い終わりに生地が余ってしまう事もあります。これは仕方がないですね、これがピッタリ合えばプロです(笑)。

芯地の縫い付け 縫い終わりに生地が余ってしまう事もある

縫い終わりを合わせる方法としては、芯地を3つ折りにする時に真ん中から両端にアイロンを当てていく事で縫い終わりを綺麗に揃える事が出来ます。

芯地の縫い付け 縫い終わりを合わせる方法としては、芯地を3つ折りにする時に真ん中から両端にアイロンを当てていく事で縫い終わりを綺麗に揃える事が出来る

片方は上手くいきました(笑)。

カーテンのヒダの作成

カーテンのヒダの作成

DIYカーテンで最大の難関 ヒダの作成です。今回は2倍ヒダを予定しているので山は3つになります。

今現在の横幅の実際の長さは、初めに2.5センチの3つ折りにしているので片側5センチ×2=10センチ、140センチ-10センチで130センチになります。

理想的なヒダを作るためには、

  • ヒダの高さは2.5センチ
  • ヒダのループ計10~12.5センチ
  • ヒダとヒダの間隔は12センチ

という事なので、両開きカーテンの仕上がり丈140センチの片方の70センチから両端の耳部分3センチを引いて12で割ります。

(70-6)÷12=5.333 ヒダ数は5個になります。

レールの横幅が133センチだったので、半分に割ると66.5センチ、カーテンの長さは最低66.5センチ必要になります。ヒダのループ計を12センチとすると、ヒダ5個分に必要な生地は60センチになります。

130-6-60=64 ヒダと耳を除いた残り64センチがヒダ間隔になります。

カーテン幅66.5センチに対して64センチですか…、キチキチの様な感じがしますが、とりあえずこの数字で実行していきましょう。

カーテンのヒダの作成 ヒダの間隔

生地の端から3センチと更にそこから12センチに印をつけていきます。

カーテンのヒダの作成 生地の端から3センチと更にそこから12センチに印をつけていく

印をつけたところ同士を重ね合わせて待ち針を打ちます。

カーテンのヒダの作成 印をつけたところ同士を重ね合わせて待ち針を打つ

反対側も同様に進めていきます。

カーテンのヒダの作成 反対側も同様に進める

次はループ幅の横に16センチのヒダ間隔を空けて更にループ幅12センチ間に印をつけていきます。

カーテンのヒダの作成 ループ幅の横に16センチのヒダ間隔を空けて更にループ幅12センチ間に印をつけていく

待ち針を打つと2個目のループが出来上がりました。

カーテンのヒダの作成 2個目のループが出来上がる

これを左右交互に5個作っていきます、出来上がりの生地の長さを測ってみると耳を除いて64センチでした。

カーテンのヒダの作成 左右交互に5個作っていく

先ほど待ち針で印をつけた個所を直線に縫います。

カーテンのヒダの作成 直線に縫う

カーテンのヒダの作成 直線に縫う

こんな感じで縫い終わりました。

カーテンのヒダの作成 縫い終わり

次はループに山を作っていきます、まずはループをぺちゃんこにします。

カーテンのヒダの作成 ループをぺちゃんこにする

指でつまんで3つ山を作っていきます。

カーテンのヒダの作成 指でつまんで3つ山を作っていく

カーテンのヒダの作成 指でつまんで3つ山を作っていく

カーテンのヒダの作成 指でつまんで3つ山を作っていく

ミシンで縦に2センチほど縫います。

カーテンのヒダの作成 ミシンで縦に2センチほど縫う

生地が分厚いので途中で針が折れてしまいました(笑)。

カーテンのヒダの作成

カーテンのヒダの作成

3つ山の完成です。

カーテンのヒダの作成 3つ山の完成

カーテンのヒダの作成 3つ山の完成

カーテン丈の仕上げ

いよいよ最終段階に入ってきました、ここからは丈を調節していきます。

生地にアジャスターフックを取り付けて実際にカーテンレールに吊るし、ちょうど良い長さのところで印を付けておきます。

カーテン丈の仕上げ 実際にカーテンレールに吊るし、ちょうど良い長さのところで印を付けておく

カーテン丈の仕上げ 実際にカーテンレールに吊るし、ちょうど良い長さのところで印を付けておく

出来上がりの丈にアイロンを当てます。

カーテン丈の仕上げ 出来上がりの丈にアイロンを当てる

余った生地を3つ折りにしていきます。

カーテン丈の仕上げ 余った生地を3つ折りにする

ミシンで赤い点線を縫っていきます。

カーテン丈の仕上げ シンで赤い点線を縫っていく

これで手作りカーテンの完成です。なんだかヨレヨレな感じがしますが、使っていくうちに馴染んでくると思います。

カーテン丈の仕上げ カーテンの完成

カーテン丈の仕上げ カーテンの完成

今回は夏の日差しのシャットアウトが目的だったので丈を長めにしました、本当はもう少し短い方がカッコイイですね。

まとめ

今回はカーテンのDIYにチャレンジしましたが、いきなり縦2mの生地を使ったので正確に寸法を測るのに苦労しました。出来る事なら出窓の小さいカーテン作りから始めるのが良いですね。

カーテン作りの流れとしては

STEP.1
カーテンの寸法を測る、横幅×1.05、縦幅+40センチ
STEP.2
生地の横幅をヒダの数が2つなら1.5倍、3つなら2倍にする
STEP.3
生地を裁断、両端を3つ折りにして縫う
STEP.4
芯地を縫い合わせてヒダの作成
STEP.5
丈の調整

このような工程で作成して行けば良いと思います。少々失敗しても見た目には分からないと思うので、ぜひ手作りカーテンにチャレンジしてみて下さい。

2 COMMENTS

チルン

はじめまして!
たくさんの手作りカーテンの記事の中でもごりょんさんのものが一番丁寧で分かりやすかったので参考にさせて頂こうと思っています。
うちは窓が特殊でカーテンも特注なので買うとかなり高額になるので手作りを考えています。
ところで記事の上の方にある水色背景の「縦140×横200を2枚」と書いてある部分ですが、これは縦横逆ではなくこれで正しいのでしょうか?

返信する
ごりょんさん

チルンさんコメント有難うございます。

「ところで記事の上の方にある水色背景の「縦140×横200を2枚」と書いてある部分ですが、これは縦横逆ではなくこれで正しいのでしょうか?」とのご指摘ですが、
縦横が逆になっていました。正確には「横140センチ×縦200センチを2枚」の間違いです。申し訳ありませんでした。早速訂正させてもらいました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)