au povo(ポヴォ)サービス内容やメリット・デメリットを詳しく紹介!

au povo(ポヴォ)サービス内容やメリット・デメリットを詳しく紹介!

auは2021年3月23日から新しい料金プランのpovo(ポヴォ)を提供しました。

povo(ポヴォ)の特徴は何と言っても月間データ容量20GBを月額2,728円という格安料金で利用できるという点です。

3大キャリアの値下げ合戦が面白いですね。

2021年3月時点ではauとソフトバンクが2,728円と最安値になっていますが、5分間のかけ放題をプラスするとdocomoが2,700円で一番安いです。

キャリア au ソフトバンク docomo
プラン名 povo LINEMO ahamo
データ容量 20GB 20GB 20GB
月額利用料金 2,728円 2,728円 2,970円
かけ放題 オプション オプション
※キャンペーン適用
で割引あり
5分以内

ここではpovo(ポヴォ)のサービス内容やメリット・デメリットを詳しく紹介していきたいと思います。

※記事内の価格はすべて税込価格です。

povo(ポヴォ)のサービス概要

サービス名 povo
提供開始日 2021年3月23日
年齢制限 20歳以上の個人
月額料金 2,728円
月間データ容量 20GB
20GBを超えた場合の速度 最大1Mbps
SMS 送信:1通当たり3.3 円(70文字まで)
受信:無料
ネットワーク 5G/4G LTE
※5Gは2021年夏提供開始予定
eSIM
新規とMNP(他社からの乗りかえ)に対応
かけ放題(5分間以内) 550円
かけ放題(24時間) 1,650円
データ使い放題24時間 220円
データ追加1GB 550円
キャリアメール 利用不可
留守番電話サービス 利用不可
テザリング 利用可能
国際ローミング 提供予定
家族割プラス 割引・カウント対象外
※2021年夏までに加入した場合は早期申込特典としてカウント対象になる
auスマートバリュー 対象外
家族割 (家族間通話料・SMS利用料の割引) 対象外
スマイルハート割引 対象外
かえトクプログラム auからpovoへの移行後も継続して利用可能
キャリア決済 auかんたん決済 (通信料合算) を利用可能
au契約期間 引き継げない
契約事務手数料 0円
契約解除料 0円
au/UQ mobile/povo間の移行手数料 0円 
申し込み・問い合わせ窓口 オンライン限定

povo(ポヴォ)と他プランの比較

auではデータ使い放題のプランと使っただけ支払うプランの2通りがありましたが、今回新しく提供されるau povo(ポヴォ)はデータ的に中間の位置づけになります。

ピタットプランが最大7GBですからね。

そこでこの両プランとpovo(ポヴォ)を比較してみました。

使いMAX4G/5Gとの比較

プラン 使いMAX4G/5G povo(ポヴォ)
データ容量 無制限 20GBまで
基本料金 7,238円 2,728円
auスマートバリュー ▲1,100円 割引対象外
家族割プラス 2人:▲550円
3人~:▲1,100円
割引対象外
au PAY カードお支払い割 ▲110円 割引対象外
5分以内かけ放題
オプション
プラス880円 プラス550円
通話かけ放題
オプション
プラス1,980円 プラス1,650円
最安値
()内はデータ使用量3GB以内時
4,928円
(2,278円)
2,728円

1か月にデータ使用量を20GB以内に抑えているユーザーは完全にpovo(ポヴォ)の方がお得になりますね。

半額になりますからね~。

ピタットプラン4G LTE/5Gとの比較

プラン ピタットプラン
4G LTE/5G
povo(ポヴォ)
データ容量 ~7GB 20GBまで
基本料金 ~1GB:3,278円
1GB~4GB:4,928円
4GB~7GB:6,578円
2,728円
auスマートバリュー ▲550円 ※1GB超から 割引対象外
家族割プラス 2人:▲550円
3人~:▲1,100円
割引対象外
au PAY カードお支払い割 割引対象外 割引対象外
5分以内かけ放題
オプション
プラス880円 プラス550円
通話かけ放題
オプション
プラス1,980円 プラス1,650円
最安値 2,178円 2,728円

※「ピタットプラン4G LTE/5G」は「2年契約N」適用時の料金。

ピタットプラン4G LTE/5Gで割引等がない場合の最安値は3,278円(~1GB)なので、完全にpovo(ポヴォ)の方がお得になりますね。

これは乗り換えた方が良いかな?

ピタットプラン4G LTE/5Gの方が唯一お得なのは「家族割プラス」の割引が1,100円引かれていてデータ使用量が1GB以下の場合(2,178円)ですね。

この場合でもデータ使用量が1GBを超えた場合は3,278円となりpovo(ポヴォ)の方がお得になります。

スポンサーリンク

povo(ポヴォ)のメリット

povo(ポヴォ)のメリット
  • 基本料金が安い
  • 20GBの大容量が使える
  • 20GBを使い切っても最大1Mbpsの通信速度で利用できる
  • テザリングが無料で利用可能
  • データのトッピングが安い
  • かけ放題オプションが割安に

基本料金が安い

povo(ポヴォ)の基本料金は月額2,728円です、ピタットプラン4G LTE/5Gの1GB以内の基本料金(3,278円)よりも安いです。

ここまで安いとピタットプランユーザーが揃ってプラン変更してしまうのではないかと思ってしまいますね(笑)。

20GBの大容量が使える

auでは7GBまでの「ピタットプラン」とデータ無制限の「使い放題MAX」の2種類のプランしかありませんが、povo(ポヴォ)はデータ容量が20GBと中間の位置づけになります。

今までは「ピタットプラン」の上限7GBを超えるプランは「使い放題MAX」を選択せざるを得なかったのが、20GBの大容量プランpovo(ポヴォ)が選択可能になりました。

povo(ポヴォ)は「使い放題MAX」の約半分の料金なので経済的にも負担が軽くなります。

10GB程度しか利用しないユーザーはpovo(ポヴォ)一択になりますね。

20GBを使い切っても最大1Mbpsの通信速度で利用できる

従来のauではギガを使い切ってしまうと通信制限がかかり送受信が最大128kbpsに規制されていました。

ところがpovo(ポヴォ)では20GBを使い切っても最大1Mbpsの通信速度での利用が可能です、1MbpsならYahooニュースやLINE・Twitter・インスタグラムなどのSNSを閲覧したり投稿したりする事も可能です。

YouTubeなどの動画も低画質ならば閲覧も可能ですね。

テザリングが無料で利用可能

povo(ポヴォ)ではテザリングがデータ通信料(20GB)内の範囲で無料で利用できます。

20GBが上限ね。

また「データ使い放題24時間」のトッピング(220円)を行う事によりテザリングも上限なしで利用可能になります。※ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度が制限される場合があります。

データの追加(トッピング)が安い

データ追加1GB

povo(ポヴォ)では20GBを使い切った場合にデータの追加(トッピング)が出来ますが、従来の「データチャージ」に比べて利用料金が割安になっています。

チャージ容量 従来のauプラン povo(ポヴォ)
0.5GB 605円
1GB 1,100円 550円
3GB 3,300円
5GB 5,500円

1GBをチャージした場合は従来のプランの半額の550円で利用する事が出来ます、これはかなりお得といえますね。

データ使い放題24時間

povo(ポヴォ)では1回220円を支払えば24時間データが使い放題になる「データ使い放題24時間」というトッピングが追加できます。

220円を払えばデータが使い放題になるので、YouTubeなどのお気に入りの動画を大量にダウンロードしたい場合などに便利です。

ただしネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度が制限される場合があるので注意が必要です。

かけ放題オプションが割安に

auでは現在受付可能なプランは全てかけ放題はオプション契約になっています。

auかけ放題オプション

サービス名 提供内容 月額料金
通話定額ライト2 5分以内の国内通話が無料 880円
通話定額2 国内通話が無料 1,980円

povo(ポヴォ)でもかけ放題オプションのトッピング(追加)が可能です。

povo(ポヴォ)かけ放題オプション

サービス名 提供内容 月額料金
5分以内通話かけ放題 5分以内の国内通話が無料 550円
通話かけ放題 国内通話が無料 1,650円

このように従来のauかけ放題プランよりも330円割安になっているのが特徴です。

スポンサーリンク

povo(ポヴォ)のデメリット

povo(ポヴォ)のデメリット
  • 申し込み・問い合わせはオンライン限定
  • 20歳以上しか契約できない
  • キャリアメール・留守番電話サービスが使えない
  • 家族間の通話やSMSが有料
  • 「家族割プラス」のカウント対象外
  • auの契約期間を引き継げない
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越せない
  • auスマートバリューが非適用

申し込み・問い合わせはオンライン限定

povo(ポヴォ)に申し込む場合や問い合わせを行う場合は全てオンラインから行う必要があります。店頭やお客様センターは利用できません。

店頭でのサポートが無いとなるとお年寄りには不利になるな~。

20歳以上しか契約できない

povo(ポヴォ)の契約は20歳以上の個人に限ります、未成年や法人との契約は出来ません。

ただしお父さんが契約して息子さんがpovo(ポヴォ)を利用する事は可能になっています。

子供が使うのはオッケーね。

キャリアメール・留守番電話サービスが使えない

povo(ポヴォ)ではauのキャリアメール(au.com/ezweb.ne.jp)が使えません、メールを利用する場合はGmailやヤフーメールなどのフリーメールを自分で用意する必要があります。

auのメールはあまり利用しないから問題ないですね。

また「留守番電話サービス」も利用する事が出来ません。

家族間の通話やSMSが有料

auでは家族間の通話とSMS送信料が24時間無料になる「家族割®」というサービスがあります。

利用には申し込みが必要ですが、家族間の通話が無料になるのでとても有難いサービスです。

ところがpovo(ポヴォ)では「家族割®」が非適用になり家族間の通話やSMS送信料が有料になってしまいます。

LINEがあれば問題ないですよ!

若いユーザー同士なら問題ないですが、高齢ユーザーの場合ではLINEの使い方が分からない事が多いんですね、やはりauの電話の方が使い易いです。

「家族割プラス」のカウント対象外

auでは対象プランに加入している同居家族の人数に応じて月々の料金が割り引かれる「家族割プラス」というサービスがあります。

ところがpovo(ポヴォ)と契約すると「家族割プラス」のカウント対象外になってしまいます、これは非常に勿体ないです。

注意

2021年夏までにpovo(ポヴォ)と契約を行った場合は早期申込特典として家族人数のカウント対象となります。

なので今現在「家族割プラス」のカウント対象プランと契約している場合は2021年夏までにpovo(ポヴォ)と契約を行うとカウント対象をキープする事が出来ます。

auの契約期間を引き継げない

au内でpovo(ポヴォ)にプラン変更した場合は今までauと契約していた期間がリセットされてしまします。

契約期間が引き継げない訳ですね。

auでは料金プランとau契約年数に応じて誕生月にPontaポイントが付与される「長期優待ポイント」サービスがあります。

povo(ポヴォ)に移行するとこの契約年数がリセットされてしまう訳ですね、これはさすがに勿体ないです。

余ったデータ容量を翌月に繰り越せない

povo(ポヴォ)の月間データ容量の上限は20GBまでですが、余ったデータを翌月に繰り越すことは出来ません。

auスマートバリューが非適用

ネットとセットでau利用料金が安くなる「auスマートバリュー」がpovo(ポヴォ)では非適用になります。

auスマートバリューがなくても十二分に安いですよ(笑)。

povo先行エントリーキャンペーン【終了】

追記:「povo先行エントリー」は終了しました。

auでは「povo先行エントリー」というキャンペーンを行っており、以下の①②③を全て完了するとau PAY残高が3,000円相当が貰えます。

先行エントリーキャンペーンの流れ
  1. 先行エントリー(2021年3月22日まで)
  2. povoと契約(2021年5月31日まで)
  3. au PAY残高の受け取り手続き(別途手続き方法は案内して貰えます)

まとめ

povo(ポヴォ)は月額料金が2,728円でデータは20GBまで利用可能です、かけ放題はオプションになっていますがLINEを使えばその辺はクリアできると思います。

従来のau最安値プラン「ピタットプラン4G LTE/5G」が基本料金が3,278円からなのでpovo(ポヴォ)は破格の料金プランとなりますね。

従来のauのプランでは同居家族が多ければ得する料金設定でしたが、povo(ポヴォ)は単身で契約しても割引なしで2,728円と言う格安料金でスマホが利用できるのが大きな特徴です。

au内ではイチオシプランですね。

現時点ではpovo(ポヴォ)はahamo(docomo)LINMO(ソフトバンク)と並んでかなりお得な料金プランと言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)