AmazonFBAで商品返品時の返品理由を確認する方法

AmazonFBAで商品返品時の返品理由を確認する方法

今回は、アマゾンFBAで売れた商品が返品された時に、返品理由を確認する方法 を解説します。

ゴールデンウィークに突入したせいもあって、AmazonFBAでの注文がガタ減りなこの頃です。ついさっき何気なくメールを見ていると、Amazonからのお便りが届いていました。

AmazonFBAで商品返品時の返品理由を確認する方法

久々の返品返金のお知らせでしたorz。

商品代金3,330円の返金があったわけですが、返品後の商品の販売が可か不可は別にして、単純にいくら損したかというと、

AmazonFBAで商品返品時の返品理由を確認する方法

-144円

ちゃっかり送料分が引かれていました、これは大きな痛手になりますね。この返金のメールが届くとまず思う事が、『商品はどうなったの?』です。

FBA倉庫に送っているので、Amazonに丸投げと言う事で、ワタシは何もしなくても良いのですが、商品の状態と返品理由が気になるので、セラーセントラルで確認してみる事にしました。

スポンサーリンク

セラーセントラルでの返品理由の確認方法

セラーセントラルにログインし、レポート欄のフルフィルメントをクリックします。

AmazonFBAで商品返品時の返品理由を確認する方法

返品レポートをクリックします。

AmazonFBAで商品返品時の返品理由を確認する方法

レポート期間を選んで、レポートの生成をクリックします。

AmazonFBAで商品返品時の返品理由を確認する方法

すると、期間中に返品のあった商品の状態と返品理由が書かれています。

AmazonFBAで商品返品時の返品理由を確認する方法

今回の返品理由は

間違えて注文した

でしたorz

ちなみに、商品が破損等していたら不良品の返品商品と表示されます。こうなると一度FBA倉庫から自宅へ返送してもらわなければ、その商品は販売する事が出来ません。

今回の商品は不良品といった事ではなく、注文間違いの返品だったので、開封されている事は無く、購入者がアマゾンに返品したと同時に再出品されます。ワタシは何もしなくても良いのですが、144円損しました(笑)。

販売不可商品だった場合の処理方法

次に、返品されて来た商品が不良品等で販売不可となった場合の対処方法ですが、2通りの選択があります。

  1. 所有権を放棄する。
  2. 返送してもらう。

所有権を放棄する

中古CDで販売価格が500円程度の商品が返品されたとしても、返送して貰った所でどうしようもない場合は、所有権を破棄する方法があります。

所有権の放棄にかかる金額
小型・標準サイズ
(1個につき)
大型サイズ
(1個につき)
10円21円

ちなみに、販売不可の状態で90日間放ったらかしにすると、Amazonが自動的に所有権を破棄してくれます。

※2016年5月1より90日→30日に変更されました。

返送してもらう

高額な商品などは、破棄するのは勿体ないので、Amazonへ返送依頼の手続きを行います。

商品の返送にかかる金額
小型・標準サイズ
(1個につき)
大型サイズ
(1個につき)
51円103円

1個につきの値段なので、10個あれば10倍の金額を請求されることになります。

関連 アマゾンFBAへ送った在庫商品を返送・所有権放棄する方法【重要】

まとめ

商売に返品は付き物ですが、出来る事なら無い方が良いですね(笑)。返品のリスクを計算に入れて値段設定をしていくのが理想になります。しかし実店舗と違って、実際に手に取って見る事が出来ないので仕方がない場合もありますね。

Amazonマーケットプレイス関連記事
スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です