TinyMCE Templates~WP記事テンプレート作成プラグイン

TinyMCE Templates~WP記事テンプレート作成プラグイン

今回は、WordPressで決まった記事の構成をテンプレート化して、クリックひとつで呼び出せるプラグイン TinyMCE Templates を紹介します。

TinyMCE Templatesの機能
  • 記事のテンプレートを作成
  • テンプレートはショートコード化してどこにでも挿入可能

ワタシは副サイトで競馬ブログを運営していますが、このサイトでは データ⇒追い切り⇒予想 の繰り返しになります。なので、ブログの記事構成はいつも同じになります。

新しい記事を作成する場合は、前の記事の内容をコピーして、そこから記事内容を変更していきました。しかし、データ系記事は作成に莫大な時間が掛かるんですね~。

何かもっと効率よい方法は無い物かと考えて、せめて決まったテンプレートがあれば少しは時間短縮になるのかなと考えました。そこで、TinyMCE Templates というプラグインを試してみる事にしました。

TinyMCE Templatesのインストールと有効化

ダッシュボードから『プラグイン』⇒『新規追加』と進み、プラグインの検索窓に『TinyMCE Templates』と記入してエンターをクリックします。『今すぐインストール』⇒『プラグインを有効化』でインストール完了です。

TinyMCE Templates~WP記事テンプレート作成プラグイン

テンプレートを登録する

ダッシュボードのメニュー下部に『テンプレート』が追加されたので、『テンプレート』⇒『新規追加』と進みます。

TinyMCE Templates~WP記事テンプレート作成プラグイン

『タイトルを追加』欄にテンプレート名を記入し、テンプレートの内容を入力していきます。

『ショートコードとして挿入』の部分では『はい』を選択するとショートコードとして表示されます。テンプレートに手を加える場合は『いいえ』を選択しておきましょう。

TinyMCE Templates~WP記事テンプレート作成プラグイン

最後に公開ボタンをクリックすればOKです。

スポンサーリンク

公開済みのテンプレートの活用方法

では、実際に新規投稿記事にテンプレートを挿入して行きましょう。『投稿の編集』画面でビジュアルモードかテキストモードどちらでも構わないので『テンプレートを挿入』をクリックします。

TinyMCE Templates~WP記事テンプレート作成プラグイン

先ほど登録したテンプレートが表れるので、右下の『テンプレートを挿入』をクリックします。

TinyMCE Templates~WP記事テンプレート作成プラグイン

おおっ! クリックひとつでテンプレートが挿入されました! なんと便利な(笑)。

TinyMCE Templates~WP記事テンプレート作成プラグイン

まとめ

ここでは、WordPressで決まった記事の構成をテンプレート化して、クリックひとつで呼び出せるプラグインのTinyMCE Templatesの使い方を紹介しました。

決まった記事構成のブログでは、あらかじめテンプレートを登録しておき、記事内容に合わせて使い分けていく方法がブログ作成のスピードアップに役立ちますね。

何故もっと早く利用しなかったのか悔やまれます(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)