エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

ここでは、エックスドメインの料金や購入方法・エックスサーバーでの設定方法などを紹介していきたいと思います。

レンタルサーバー会社をエックスサーバーと契約している場合は、ネームサーバーの変更などを行う必要もなく、購入即使用可能です。

エックスドメインでは人気ドメインの「.com」「.net」「.jp」の更新料金が国内最安(2019年9月17日時点)となっており、長く使えば使うほどお得になっています。

エックスドメインを購入するに至った経緯

ワタシは今まで独自ドメインを購入する場合は、お名前.COMで購入していました。

超有名なドメイン会社ですね。

お名前.COMでは「.xyz」や「.work」が無料で貰えたり「.com」が500円で取得出来たりと、とにかくドメインの取得料金が安いです。

無料!めっちゃお得じゃないですか、お名前.COMでドメインを買えば良いのでは?

ワタシも最近までお名前.COMでドメインを購入していました。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

ほう、「.com」が税込で971円ですか、安いんじゃないですか?

この場合、「.com」を971円で利用できるのは1年間のみです、2年目からはドメインを更新しなければなりません。

ドメインの更新料金比較

ここでは「有名どころのドメイン会社で「.com」の更新料金について調べてみました。

会社名ドメイン更新料金
お名前.com1,280円
エックスドメイン1,180円
ムームードメイン1,480円
スタードメイン1,180円

※税抜き価格。

「.com」の更新料金では、お名前.COMが1,280円に対して、エックスドメインでは1,180円と100円安くなっています。

たったの100円ですよ(笑)。

1年間で100円違えば10年間で1,000円違います、サイトを10個運営していれば10年間で10,000円の差がつきます。

ふむ、これは大きいな。

エックスドメインでドメインを購入するメリット

次に、エックスドメインでドメインを購入するメリットを挙げていきたいと思います。

  • 「.com」「.net」「.jp」の更新料金が国内最安値
  • エックスサーバーを使う場合はネームサーバーの設定不要
  • Whois登録情報の公開代理が無料

「.com」「.net」「.jp」の更新料金が国内最安値

エックスドメインでは「.com」「.net」「.jp」といった超メジャーなドメインが国内最安値で提供されています。※2019年9月17日時点。

ドメイン取得費更新費
.com780円1,180円
.net1,180円1,380円
.jp2,820円2,820円

※2019年9月時点での料金です。
※税抜き価格。

「.com」が780円か、安いな。

エックスサーバーを使う場合はネームサーバーの設定不要

通常、お名前.COMで購入したドメインをエックスサーバーで利用する場合は、お名前.COMのネームサーバーをエックスサーバーのネームサーバーに書き換える必要があります。

ところが、エックスサーバーを利用している場合は、エックスドメインでドメインを取得した場合、ネームサーバーの設定を行う必要はありません。

ドメイン取得後すぐにWordPressが利用できる訳ね。

Whois登録情報の公開代行が無料

ドメインを取得した場合、どこの誰がドメインを所有しているかの情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス等)の公開が義務付けられています。

マジか!ドメインから個人情報が筒抜けになりますよ!

Whois情報公開代行とは、ドメイン取得者の個人情報をエックスドメイン名義に代えて情報を公開して貰えるサービスです。

whois情報公開代行を申し込んでおけば、独自ドメインを使ってサイトを公開しても個人情報がインターネット上に公開される事は無い訳ですね。

また、エックスドメインではJPドメインの登録者情報の非表示に無料で対応して貰えます。

エックスドメインで独自ドメインを取得する方法

では早速、エックスドメインで独自ドメインを購入していきましょう。今回は「.com」を購入していきたいと思います。

エックスドメインでは独自ドメインを取得する際に必要なものがあります。

  • メールアドレス
  • 名前・住所・電話番号
  • クレジットカード・銀行口座
メアドとクレカがあれば大丈夫ですね。

STEP.1
エックスドメイン公式ページへアクセス

エックスドメインの公式ページへアクセスます。

公式エックスドメイン

STEP.2
取得希望のドメイン名を検索

取得したいドメイン名を入力して「検索」をクリックしましょう。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

STEP.3
購入希望ドメインを選択

取得可能なドメインが表示されるので、購入したいドメインの横のチェックBOXにチェックを入れて「取得手続きに進む」をクリックします。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

「.com」は取得OKか。

STEP.4
会員情報の登録またはログイン

エックスドメインに会員登録を行う場合は「会員情報の登録」をクリックして会員登録を行います。

エックスサーバーを利用している場合は、会員IDまたはメールアドレスとパスワードを入力してログインを行いましょう。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

STEP.5
お支払い情報の入力

支払い情報を登録していきますが、エックスドメインでは支払い方法が4通りあります。

  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • 銀行振込
  • ペイジー決済

好きな支払い方法を選択しましょう。支払い情報の登録後は「お申込み内容の確認」をクリックします。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

STEP.6
申込内容の確認・申込

最後に申込内容を確認して、利用規約にチェックを入れて「申し込む」をクリックしましょう。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

以上でエックスドメインでの独自ドメインの取得完了です。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

取得したドメインをエックスサーバーで利用する方法

エックスドメインとエックスサーバーは同列会社なので、ネームサーバーの設定を行う必要はありません。

マジか!

エックスドメインへログインを行うと、エックスサーバーのインフォパネルへログインされます。先ほど購入したドメインがエックスサーバーのインフォパネルにすでに登録されています。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

エックスドメインでドメインを取得した状態からブログ作成までの手順です。

STEP.1
独自ドメイン設定の追加
STEP.2
WordPressのインストール

独自ドメイン設定の追加

エックスサーバーのサーバパネルへログインして「ドメイン設定」をクリックします。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

「ドメイン設定追加」をクリックします。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

「ドメイン設定」欄でエックスドメインで取得した独自ドメイン名を入力して「確認画面へ進む」をクリックします。

ちなみに、「無料独自SSL」「Xアクセラレータ」の2つに初めからチェックが入れられていますが、もしチェックが入っていない場合はチェックを入れておきましょう。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

確認画面が表示されるので、間違いがなければ「追加する」をクリックします

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

以上でドメイン設定完了です。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

ちなみに、設定が反映されるまで数時間から24時間程度の時間がかかる場合があるので注意が必要です。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

しばらく待機ですね。

WordPressのインストール

今度はWordPressのインストールを行います。サーバーパネルへログイン後、「WordPress簡単インストール」をクリックしましょう。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

先ほど設定した独自ドメインを選択します。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

「WordPressインストール」をクリックします。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

WordPressインストールに必要な情報を入力していきます。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

サイトURL取得したドメイン名、右側の枠は空白でOK。
ブログ名ブログ名を入力、後から変更も出来る。
ユーザー名WordPressのログイン用ID
パスコードWordPressのログイン用パスワード
メールアドレスWordPressで使用するメールアドレス

「確認画面へ進む」⇒「インストールする」でWordPressのインストール完了です。※途中で「インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。」と警告が出ますが問題ないです。

インストールが完了するとWordPressのダッシュボードへのログインに必要な情報が表示されるので、必ずメモに取っておきましょう。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

URLのhttps化とリダイレクト設定

ブログのURLをhttpからhttpsに変更します。こうすることで通信が暗号化され、安全にWebの情報をやり取りすることが出来ます。

ダッシュボードから『設定』に進み、『WordPressアドレス』と『サイトアドレス』のhttpの後ろにsを付け加えて「変更を保存」をクリックします。

エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

簡単ですね~。

この段階ではhttphttpsの2種類のURLが存在する事になります。そこでhttpにアクセスした場合に自動的にhttpsへ転送される様にリダイレクト(転送)させてやります。

SSL化したURLを正当化する訳ですね。

エックスサーバーのサーバーパネルへログイン後、「ホームページ」欄の「.htaccess編集」をクリックするとドメイン選択画面が表示されるのでリダイレクトさせるドメインをクリックします。

「.htaccess編集」を開き# BEGIN WordPressの上に以下のコードを貼りつけましょう。

HTML
エックスドメインの料金は安い?購入方法やXサーバーでの使い方は?

「確認画面へ進む」⇒「実行する」でリダイレクト設定完了です。httpが自動的にhttpsに変更されればリダイレクト成功です。

OK牧場!

まとめ

今回は、エックスドメインで独自ドメインを購入して、エックスサーバーでWordPressをインストールする方法を紹介しました。

エックスドメインは「.com」の更新料金がお名前.COMよりも100円安い1,180円となっており、長く使えば使うほどお得と言えます。

ドメインの取得後にエックスサーバーでWordPressをインストール場合も、ネームサーバーを変更する必要は無く、簡単にサイトが作成できます。

サイトを運営する場合、なるべくドメインの更新料金が安いドメイン会社で独自ドメインを購入して、経費節約を図りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)