AmazonFBAで販売するのにかかる費用はどれくらい?大口と小口の違いとは?

AmazonFBAで販売するのにかかる費用はどれくらい?大口と小口の違いとは?

どうも、ごりょんさんです。

前回はAmazonFBAについて、少しお話をしました。

AmazonFBAでCD・DVDを販売する上で支払う3つの手数料とは?
今回は、AmazonマーケットプレイスのFBAサービスを利用してお小遣いを稼ぐ方法を紹介していきたいと思います。 先月、スマホの2年契...

今回は AmazonFBA で商品を販売して行く上で、実際にどれくらいの費用が掛かるのか、大口と小口の違いは何か について解説していきたいと思います。

アマゾンFBAには2通りの出品方法があります。

  • 小口出品
  • 小口出品

この2つに分かれています。

スポンサーリンク

AmazonFBAの小口出品

小口出品とは、その名の通り 販売体系の規模が小さい人向けの出店プランです。小口出品の特徴は、商品が1個売れるごとに 基本成約料として、Amazonに100円支払います。10個売れれば1,000円、100個売れたら10,000円をアマゾンに支払うというシステムになっています。( 税抜価格です)

1か月で1個しか商品が売れなかった場合は100円で済みます。最初からバンバン売れる訳には行きませんので、初めは小口に登録する事をお勧めします。

AmazonFBAの大口出品

大口出品では基本成約料というのはありません。月間登録料というシステムになっていて、これが月額4,900円(税抜)かかります。

なので、1か月間に49個以上商品が売れる確証 があれば大口で登録した方が何かとプラスになります。

ワタシの場合は、最初は自宅の読み終えた本やCDなどを出品していったので、小口出品スタートでした。その内にヤフオクやブックオフで商品を仕入れるようになって、何とか月間で50個以上売れる手ごたえを掴んだので、大口出品に切り替えました。

しかし、最近は頭打ちで、2月は39個しか売れませんでしたorz

大口出品者にはいろいろな特典が付きますので、ある程度は在庫を増やして大口として販売して行くのが良いかと思われます。

今現在は大口出品者に対して初回登録料が3か月間無料というキャンペーン中です。

追記 AmazonFBA大口出品登録料3か月無料キャンペーンは終了しました。

■関連記事■

大口出品に登録しても、いつでも小口出品に戻せるので、心配する事はありません。

AmazonFBAには初期費用はかかるの?

次に誰もが気になる、AmazonFBAで商品を販売する時の初期費用についてデス。ワタシの経験からでは、おそらく何もかからないですね。

Amazonマーケットプレイスに登録した後に、商品をFBA出品登録して倉庫に送るだけで完了なので、かかる費用は仕入れ代金と倉庫までの運賃ですかね。

2017年12月31日まで AmazonのFBA倉庫までの送料が無料の キャンペーン を実施中です。

最初は自宅にある読み終えた本や、CD・DVDと言った物を売って行けば良いので、ほとんど資金ゼロから始める事が可能になります。

AmazonFBAで実際にかかる費用

では実際に、AmazonFBAでかかる費用を計算して行きましょう。とりあえず、最初は小口出品に登録したとの過程で話を進めていきます。

AmazonFBAで1つも商品が売れていない場合

AmazonFBAで商品を販売したが、1か月間で1つも売れなかった場合です。

  • AmazonFBA倉庫までの配送料
  • 在庫保管手数料

この2点のみが請求されます。在庫保管代金の目安は、おおよそCD1枚が月額2円。DVDが月額3円です。

詳しくは➝在庫保管手数料シミュレータ

AmazonのFBA倉庫にCDを100枚送っていた場合、1か月間にかかる費用は100×2=200円ですね。

あまり大きなもので ランキングの下位の商品を送ってしまうと、在庫保管料ばかり取られて損をするので、そういった大型商品は自己発送で売るのが得策ですね。

AmazonFBAで商品が1つ売れた場合

今度は、AmazonFBAで商品が売れた場合に、実際にいくら手数料がかかったのかを見ていきます。売れたてホヤホヤのこの商品をモデルに計算して行きましょう。

これがAmazonマーケットプレイスの管理画面 Amazonセラーセントラル内のトランザクション(取引)ページです。

クリックで拡大
AmazonFBAで販売するのにかかる費用はどれくらい?大口と小口の違いとは?

主に下記3つに分かれています。

  1. 商品価格合計
  2. Amazon手数料
  3. 合計

icon-check-square-o 商品価格合計

これは商品が売れた時の販売金額ですね。

icon-check-square-o Amazon手数料

この商品に対してAmazonに支払う手数料です。

今回作成した記事の見どころは、AmazonFBAで商品が売れた時に手数料はいくらかかるのか?という課題でした。

AmazonFBAで一般的なCDが1枚売れた時にかかる手数料を計算してみますと

販売代金ー販売手数料(15%)ーカテゴリー成約料(140円)ー[FBA:出荷作業手数料(88円)+発送重量手数料(58円)]ー基本成約料(100円)=純利益という事になります。

AmazonFBAで販売するのにかかる費用はどれくらい?大口と小口の違いとは?

ややこしいので、実際に計算して行きますと

商品売却時のFBAでの手数料計算(税込)
商品代金2,480円
販売手数料402円
カテゴリー成約料151円
FBA出荷作業手数料(88円)+
発送重量手数料(58円)
146円
基本成約料108円
FBA手数料合計807円
FBAでの順利益1,673円

ここから在庫保管手数料として、CD1枚につき月額2円差し引かれます。AmazonFBAへ送ってすぐに売れれば2円で済みますが、売れるまでに1年間かかると、24円の在庫保管手数料になります。

2480円の商品に対して807円の手数料なので、30%超えの手数料になります。更にここから商品の仕入れ代金とFBA倉庫までの運送費を差し引くので、儲けは3割出れば良い方です。なのでこのレベルで販売をして行くと、1日1枚CDが売れたとして、月額10,000円くらいの利益にしかなりません。

しかも、100%商品がはけた時の話しなので、FBAの価格競争に巻き込まれて、仕入金額よりも低い値段で売れてしまったり、仕入れてみたが、まったく売れなくて塩漬けになってしまった商品などが必ず出てくるので、実際の利益は更に低くなる可能性があります。

AmazonFBAでの販売時に実施に支払う手数料まとめ

AmazonFBAでの手数料は、多めに見積もって40%と考えておいたら良いと思います。なので、逆算して商品の仕入れを行う事が大切ですね。

昨今はAmazonFBAで利益を出すのがたいへん難しい時代になりました。兎に角、利益を上げる事が大事なので、そのためには 価格競争合戦には参加しないことです。

AmazonFBAで販売するのにかかる費用はどれくらい?大口と小口の違いとは?

近頃は、大手ショップがAmazonマーケットプレイスで平気で販売している時代なので、そういったショップと価格競争をしていたら、たとえ売れたとしてもスズメの涙ほどの利益しか上がらず、骨折り損のくたびれ儲けになってしまうので、なるべく競争相手の少ない商品を独自で開拓・販売して行くしか方法が無いように思われます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] AmazonFBAで販売するのにかかる費用はどれくらい?大口と小口の違いとは?今回はAmazonFBAで商品を販売して行く上で 実際にどれくらいの費用が掛かるのか、大口と小口の違いは何か につ […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です