Amazonマーケットプレイスとは?誰でも出品できる?メリットやデメリットは?

Amazonマーケットプレイスとは?誰でも出品できる?メリットやデメリットは?

あなたはインターネットショッピングをした事がありますか?今の世の中、自宅に居ながらクリック1つで商品を購入し、早ければ当日、または次の日に手に入れる事が可能になりました。

昔からテレビショッピングやカタログショッピングは存在しますが、これのWEB(インターネット)版になります。ワタシもネットショップはよく利用します。主に楽天市場での買い物がメインですね。楽天では購入した金額からポイントバックの還元があるので、お得に商品を購入する事が出来ます。

買う人がいるという事は、当然売る人も存在する訳で、ネットショッピングとは真逆の ネット物販というのがあります。

「ネットで商品を売るなんてプロの商売人じゃないと出来ないんじゃないの?」と思いますが、ごく普通の素人でもネット物販は可能です。例えば、家のガラクタをオークションで売る方法があります。いちばん有名なのは、ヤフオクではないでしょうか?

その他にもフリーマーケットサイトの メルカリなどもあります。➝メルカリについてはこちらへ

兎に角、家で使わなくなった商品や、新品で買ったけれども1度も開封しなかった商品、これらをヤフオクやメルカリで出品すれば、要らない物の整理でお金が稼げて一石二鳥になります。

しかしヤフオクでは、なかなか高値では売れません。近年はインターネットでも高価買取と唄う買取業者が散々宣伝していますが、いざ買取に出してみると思い切り買いたたかれます。

では、いちばん高く売るにはどうすれば良いのでしょうか? それには Amazonマーケットプレイス に商品を出品する方法があります。

スポンサーリンク

Amazonマーケットプレイスとは?どういう歴史があるの?

Amazonマーケットプレイスとは、インターネット上のAmazonユーザー同士が、物品を売買できるインターネットショッピングモールです。例えば、HMVやBOOKOFFといった、誰もが知っている大手ショップから、ワタシみたいないち個人まで、幅広く同じマーケットプレイス内で商品を出品しています。

ちなみにAmazonユーザーとは、Amazonに会員登録してアカウントを作成したユーザーです。

Amazonマーケットプレイスは、楽天市場と同様にショッピングモールだという事は分かりますが、いったいどういった組織なのでしょうか?

Amazonマーケットプレイスでは、どなたでもお手持ちの商品を手軽に出品することができます。商品は、「新品」「再生品」「中古商品」「コレクター商品」の4つのカテゴリーから出品できます(一部、「新品」「再生品」として出品できない商品もあります)。

出品商品は、 Amazon.co.jpで取り扱う同タイトルの新品と並べて出品されます。出品時の登録料は無料です。手数料は、商品が売れた時はじめて請求されます。
出典:amazon.co.jp

Amazonの歴史

Amazon.com, Inc.は1995年にアメリカ合衆国でインターネット書店として誕生しました。

Amazon.co.jpの誕生は?

Amazon.co.jpは、Amazon.comの日本法人「アマゾンジャパン合同会社」によって。2,000年11月から運営されているECサイトです。

Amazonて何屋さん?

最初は本屋さんでした。

  • 2001年 6月 CD・DVD・VHSの販売開始。10月にはソフトウェアやTVゲームの販売も開始。
  • 2002年11月 Amazonマーケットプレイスがスタート。
  • 2007年 4月 Amazon大口出品スタート。6月Amazonプライム開始。
  • 2008年 4月 フルフィルメントby Amazon(通称FBA)開始。
  • 2009年10月 当日お急ぎ便・FBAマルチチャネルサービス開始。

意外に歴史が浅いですね。

では次に、Amazonマーケットプレイスに商品を出品する事のメリットとデメリットを考えて行きたいと思います。

Amazonマーケットプレイスのメリット

Amazonマーケットプレイスに出品するメリットは主に4つあります。

icon-check-square-o Amazonブランド

Amazonの知名度は抜群なので、自分で宣伝しなくても商品が売れていきます。

icon-check-square-o 価格・コンディション等の変更

自分で価格の変更が出来たり、コンデションの説明を加える事が出来ます。

Amazonマーケットプレイスとは?誰でも出品できる?メリットやデメリットは?

こんな感じですね。

icon-check-square-o 商品画像や紹介文を作る必要が無い

Amazonに登録されている商品は、すでに画像や紹介文が作成されているので、短時間で出品登録が可能になります。

icon-check-square-o トラブルが少ない

ヤフオク等に比べて、格段にトラブルが少ないです。Amazonマーケットプレイスでは基本的に、1人につきアカウントは1つだけなので、ヤフオクの様に捨てアドで詐欺を働くといった事が出来ません。

Amazonマーケットプレイスのデメリット

一方でAmazonマーケットプレイスに出品する事によるデメリットはあるのかと言いますと。

icon-check-square-o Amazonのアカウントが必要

これは仕方がない事ですね。

icon-check-square-o 手数料が高い

これが結構悩みの種です。Amazonの手数料は、書籍やCD・DVDだと15%の販売手数料(税抜)がかかります。他にも諸々手数料がかかります。ヤフオクの5%と比べてもかなり割高になっています。

icon-exclamation-triangle 2016年2月16日よりヤフオク利用手数料が5%➝8%に引き上げられました。  

icon-check-square-o 価格競争が激しい

ページの上から順番に最安値の商品を掲載して行くので、どうしても出品店舗どうしで価格競争が起こって来ます。他店舗よりも1円でも安く売りたいがために、安値の付け合いで、売れたけれども結局赤字だったなんて事は日常茶飯事です。

Amazonマーケットプレイスへの出品方法

Amazonマーケットプレイスのアカウントに登録後は2通りのうち、どちらかの出店体系を選択する必要があります。

  • 大口出品
  • 小口出品

大と小でなんとなく分かりやすくなっていますね(笑)。

大口出品と小口出品の違い

Amazonマーケットプレイスにおける、大口出品と小口出品の違いを簡単にまとめてみました。(※税抜価格)

小口出品大口出品
基本成約料商品1点に対し100円1か月4,900円の定量制
出品形式1点ずつ出品複数の商品を一括出品
ツールの使用ビジネスレポート使用不可ビジネスレポート使用可
ギフトサービス提供不可提供可
出品価格上限100万円上限なし
カート獲得権利なしあり

大口出品と小口出品の決定的に違うところは、基本成約料です。

小口出品は 1つ商品が売れるたびに100円 をAmazonに基本成約料として支払います。

対して、大口出品は 1か月4,900円の定額制 です。1か月に商品が3個売れても、100個売れても支払う基本成約量は同じ4,900円です。

これは大変重要になって来ます。いきなり大口出品で登録してしまうと、1つも売れないのに1か月で4,900円もの大金を支払う事になる可能性もあります。

※大口初回登録者には3か月間基本成約料が無料になるキャンペーンを開催している時もあります。

追記 大口出品初回登録の3か月間基本成約料無料キャンペーンは終了しました

詳しくは➝ Amazonの大口出品月額4,900円3か月間無料の真相を確かめてみた

基本的には、まず小口出品で登録して、1か月に平均して49個以上商品が売れだしたら、大口出品に切り替える流れになります。実際ワタシも、最初は小口出品で登録しておいて、月に50個くらい売れだしてから大口出品に切り替えました。

小口出品⇔大口出品の切り替えは可能で、いつでも小口出品に戻す事も出来ます。

大食い出品ではたくさんの商品を出品する時に、一括出品ツールを使えるのが非常に便利ですね。その他では、ワタシはビジネスレポートはあまり使いませんね(笑)。ギフト設定も使わないです。

ビジネスカート獲得権利についてですが、確かにカートを獲得すれば商品の売れる確率は上がりますが、Amazon本体が販売している商品ではカートは中々獲得できないし、そもそもカートの独占は難しいと思います。ランキングの良い商品を最安値付近で出品すれば、自動的に売れていくと思います。

Amazonマーケットプレイスまとめ

Amazonマーケットプレイスに出品する流れとしては、読み終えたマンガ・聞き飽きたCD・DVDといった 家庭での不用品 を出品するところから始めるのが手軽です。

まず最初は、小口出品に登録してAmazonマーケットプレイスのしくみや出品方法・利益の出し方・値段の設定方法などを一通りマスターしてから、1か月に平均して50個以上商品が売れるようなら、大口出品に切り替えるのもひとつの手段になります。

大口出品に切り替えたが売り上げ個数が落ちた場合は、また小口出品に戻せば良いので気楽に活用したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です