W3 Total Cacheでエラーが出た時に試したい3つの対処法

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法
どうも、ごりょんさんです。

前回でブログの管理画面が遅いのはプラグインが原因だという事を記事にしました。

➝ワードプレスの管理画面が重いと感じたらP3 ( Plugin Performance Profiler)で調べてみる

今回はブログの高速化には欠かせないプラグイン「W3 Total Cache」をインストールしたら管理画面がエラーになった時に行う対処法について記していきたいと思います。

スポンサーリンク

W3 Total Cacheとは?

W3 Total Cacheとは、キャッシュによってブログの表示スピードを上げるプラグインです。

飼いヌコ
キャッシュって何?

icon-question キャッシュとは?

一時的にパソコン内に保存されているデータ。

キャッシュの種類には

  • ページ・キャッシュ
  • データベース・キャッシュ
  • ブラウザ・キャッシュ

などがあります。

当ブログにもW3 Total Cacheを導入しまして、何とか設定を完了させました。

W3 Total Cacheの設定方法と削除時に気を付けなければならない事【WP高速化】
毎日自分のブログ記事を作成していますと、なんだかブログが表示されるのに異常に時間がかかるようになって来ました。 これではブログ訪問者は...

そこで今現在放置しているブログにもW3 Total Cacheを入れておこうと思いましてインストールしたのですが、日本語版があるという事でそちらをダウンロードしてインストールして有効化したところ、管理画面が真っ白になりました。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法1

飼いヌコ
あちゃー

ごりょんさん
なんじゃこりゃー

管理画面が真っ白になって何やらたくさんの文章が書かれてありました。

Warning: mysql_error() expects parameter 1 to be resource, object given in /home/*****/public_html/*****.com/wp-content/plugins/w3-total-cache/lib/W3/Db.php on line 180

mysqlのエラーと言う事は解りますが、さてここからどうすればよいのだろうかとネットで調べまして、何とか復旧方法を見つけました。

エラーで操作不能の管理画面を復旧する方法

ブログが制御不能になりますと誰でも焦りますね。わたくしもどうしてよいかわかりませんでしたが、WordPressのダッシュボードに入れない時はレンタルサーバーから操作していきます。

わたくしはFutokaでサーバーを借りていますので、まずはログインします。更にファイルマネージャへと進みます。

public_html➝エラーになったブログと進みます。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法2.1

①wp-contents内の4つのファイルを削除

1つ目はwp-contents内にありますW3 Total Cacheに関するファイルを削除して行きます。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法3

  • advance-cache.php
  • db.php
  • object-cache.php
  • w3-total-cache-config-preview.php

この4つのファイルを削除します。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法4

②「.htaccess」内に書き加えられたコードの削除

.htaccess内にも変更点が加えられていますので削除して行きます。

こんどはサーバーパネルへログインします。左上の.Htaccess設定をクリックします。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法6

「public_html」をクリックします。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法8

エラーの起きているサイトの右の「編集」をクリックします。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法9

# BEGIN W3TC Browser Cache~# END W3TC Page Cacheを削除して最後に編集をクリックします。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法10

③「wordpress/wp-config.php」内に書き加えられたコードの削除

サイトをクリックして「wp-config.php」内のファイルに書き加えられたコードを削除して行きます。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法11.1

wp-config.php上で右クリックをしてeditをクリックします。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法12

「/** Enable W3 Total Cache **/define(‘WP_CACHE’, true); // Added by W3 Total Cache」を削除します。最後にsaveを忘れずに。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法13

以上でエラーから復帰できるはずです。試しに管理画面にアクセスしてみますと元に戻っていましたが、何やら文章が表示されていました。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法14

よくわかりませんが「save your settingus」を押してみますと「Plugin configuration successfully updated.」と表示されました。翻訳しますと「プラグインの設定が正常に更新されました。」と言う事です。

まとめ

W3 Total Cacheのプラグインはどうなったかと言いますと、インストールはされているみたいですね。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法15

更新してくださいと表示されていますので更新したところ、無事に有効化されました。

W3 Total Cacheでエラーが出た時に行う3つの対処法16

W3 Total Cacheの設定の仕方はこちら

WordPressのブログを高速化するのに欠かせないプラグインの「W3 Total Cache」ですが、管理画面が真っ白になるといったエラーが起こる場合がありますので、対処方法を覚えておくと便利ですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です