W3 Total Cacheの設定方法と削除時に気を付けなければならない事【WP高速化】

W3 Total Cache

毎日自分のブログ記事を作成していますと、なんだかブログが表示されるのに異常に時間がかかるようになって来ました。

これではブログ訪問者は帰っててしまうのではないかという問題が浮かんできました。

そこでブログの表示スピードをアップさせるプラグインW3 Total Cacheを試してみました。

スポンサーリンク

W3 Total Cacheの導入方法

WordPressのブログの高速化については以前にも記事にしました。

➝WordPress初心者でも簡単に出来るSimplicityを高速化する方法

ブログの表示スピードが計測できるサイトのgtmetrix.comで比較してみた所、改善された感じでした。

W3 Total Cache導入1

現在の状態はこんな感じです。

W3 Total Cache導入2

気になったのは、Page Load Timeいわゆるページの読み込み時間ですね、これが6.4sという事は6秒ちょっとかかるという事ですか?

6秒って(笑)、日が暮れそうですが。

この読み込み時間をもう少し改善できればと思いW3 Total Cacheをインストール、有効化して行きます。

W3 Total Cacheのインストール、有効化

ダイッシュボード➝プラグイン新規追加と進みます。

プラグインの検索窓に「W3 Total Cache」と記入しエンターをクリックします。

すると一番上に表れますので「今すぐインストール」をクリックします。

W3 Total Cache導入3

インストールが終わりましたら有効化しておきます。

W3 Total Cache導入4

W3 Total Cacheの設定方法

W3 Total Cacheの有効化が終わりますと、ブログの管理画面に「Performance」という項目が追加されました。

W3 Total Cache導入5

「Performance」にマウスカーソルを乗せますと右に項目が表れますのでGeneral Settingsをクリックします。

General Settings(全体の設定)

まずはGeneral Settings(全体の設定)を行います。

General

「Toggle all caching types on or off」のチェック欄を外しておきます。

W3 Total Cache導入6

Page Cache

サイトの表示速度を高速化させる重要な項目ですので、「Enable」(有効)にチェックを入れます。

その下に「Page cache method」という項目もあります、WordPressはHTML表示ですので「Disk:Enhanced」を選択します。

W3 Total Cache導入7

Minify

Minifyとは小さくする、最適化するといった意味ですね。

このMinifyですが他のプラグインと競合して不具合を起こす可能性がありますのでEnableのチェックを外します。

W3 Total Cache導入8

Database Cache

Database Cache(データベースキャッシュ)はブログの記事作成等を高速化するためのものです。

ここはEnableにチェックを入れておきます。

W3 Total Cache導入9

Object Cache

Object Cache(オブジェクトキャッシュ) ここもEnableにチェックを入れておきます。

W3 Total Cache導入10

Browser Cache

Browser Cache(ブラウザキャッシュ) ブログ訪問者のブラウザのキャッシュを利用しますのでサーバーへのアクセス負荷を少なくして表示速度の高速化が可能になります。

こちらもEnableにチェック。

W3 Total Cache導入11

Miscellaneous

「Enable Google Page Speed dashboard widget」はGoogleが提供する速度判定ツールを、WoedPressの管理画面で使用する事が出来るという事なのですが、PageSpeed Insightsが何時でも利用できますので必要ありません。

Enableのチェックを外します。

W3 Total Cache導入12

その他

CDN

Reverse Proxy
Monitoring
Licensing
Debug
Import / Export Settings

はそのままスルーでOKです。

各Cacheの詳細設定

先ほど4種類のキャッシュを設定しましたが、今度は詳細設定を行います。

Page Cache(ページキャッシュ)

Performance➝Page Cacheと進みます。

ここは初めからこんな感じにチェックがついていましたが、もし違っていましたらチェックを入れて下さい。

W3 Total Cache導入13

Cache Preload

ここもいじる事はないと思いますが。

W3 Total Cache導入14

Purge Policy

ここは「rss2 (default)」にチェックが入っていますので外します。

W3 Total Cache導入15

次のAdvanced(上級者向けの設定)はスルーで。

Database Cache(データベースキャッシュ)

Performance➝Database Cacheと進みます。

General

ここの「Don’t cache queries for logged in users」は必ずチェックを入れるようにしなければならないそうデス。

デフォルトでチェック済みになっていました。

W3 Total Cache導入16

次のAdvancedはスル―です。

Object Cache(オブジェクトキャッシュ)

Performance➝Database Cacheと進みます。

ここはデフォルトの設定でOKです。

Browser Cache(ブラウザキャッシュ)

Performance➝Browser Cacheと進みます。

上から4つすべてにチェックを入れます。

1つ飛ばしまして「Enable HTTP (gzip) compression 」にもチェックを入れてやります。

最後に忘れずにSaveをクリックします。

W3 Total Cache導入17

User Agent Groups

このままですと、スマホで見た場合にトップページがパソコン表示になってしまう等の不具合が起こりますのでスマホで修正します。

User Agent Groupsへ進みましてGroup nameのhighとlowの下のEnabledに両方チェックを入れてsaveをクリックします。

W3 Total Cache導入20

W3 Total Cacheの削除方法

W3 Total Cacheは安易に削除しますと管理画面が真っ白になる等の不具合が起こります。これを避けるためにアンインストール前に設定が必要になります。

① General Settings内のすべての「Enable」のチェックを外す。Miscellaneous Settingsのすべてのチェックを外す。

② プラグインを削除

③ wp-content内の以下のフォルダとファイルの削除

  • cache
  • w3tc
  • w3tc-config
  • w3-total-cache-config.php

以上で削除完了です。

管理画面がエラーになった時は

→W3 Total Cacheでエラーが出た時に試したい3つの対処法

まとめ

W3 Total Cache導入前と導入後ではページの表示速度に変化はあったのでしょうか?

導入前

W3 Total Cache導入19

導入後

W3 Total Cache導入20

6.4s➝3.5sと大幅に改善されました。

これでブログの表示にイライラしなくて済みそうです(笑)。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です