W3 Total Cacheの設定方法と削除時に気を付けなければならない事【WP高速化】

W3 Total Cache

毎日自分のブログ記事を作成していると、なんだかブログが表示されるのに異常に時間がかかるようになって来ました。この状態では「ブログ訪問者は帰っててしまうのではないか?」という問題が浮かんできました。

そこで、ブログの表示スピードをアップさせるプラグイン W3 Total Cacheを試してみました。

スポンサーリンク

W3 Total Cacheの導入方法

WordPressのブログ高速化については、以前にも記事にしました。

WordPress初心者でも簡単に出来るSimplicityを高速化する方法
今年もあと少しになりました。1年が経つのは早いですね。早いと言えば最近WordPressで立ち上げたブログの表示速度がやけに遅く感じてく...

ブログの表示スピードが計測できるサイト gtmetrix.comで比較してみた所、少しは改善された感じでした。

W3 Total Cache導入1

現在の状態はこんな感じです。

W3 Total Cache導入2

気になったのは「Page Load Time」いわゆるページの読み込み時間ですね、これが6.4sという事は、6秒ちょっとかかるという事ですか?6秒って(笑)、日が暮れそうです。

この読み込み時間をもう少し改善できればと思い、W3 Total Cacheをインストール、有効化して行きます。なお、W3 Total Cacheをインストール・有効化する時は自己責任でお願いします。

W3 Total Cacheのインストール、有効化

ダッシュボード➝プラグイン➝新規追加と進みます。プラグインの検索窓に「W3 Total Cache」と記入しエンターをクリックします。すると、一番上に表れるので「今すぐインストール」をクリックします。

W3 Total Cache導入3

インストールが終わったら有効化しておきます。

W3 Total Cache導入4

W3 Total Cacheの設定方法

W3 Total Cacheの有効化が完了すると、ブログの管理画面に「Performance」という項目が追加されました。その「Performance」にマウスカーソルを乗せると、たくさん項目が表れるので、「General Settings」をクリックします。

General Settings

icon-check-square-o General

「Toggle all caching types on or off」のチェック欄を外しておきます。

W3 Total Cache導入6

icon-check-square-o Page Cache

サイトの表示速度を高速化させる重要な項目なので「Enable」(有効)にチェックを入れます。その下に「Page cache method」という項目もあります。WordPressはHTML表示なので「Disk:Enhanced」を選択します。

W3 Total Cache導入7

icon-check-square-o Minify

Minifyとは「小さくする、最適化する」という意味ですね。このMinifyは、他のプラグインと競合して不具合を起こす可能性があるので、「Enable」のチェックを外します。おそらデフォルトではチェックは外れているはずです。く

W3 Total Cache導入8

Database Cache icon-check-square-o

Database Cache(データベースキャッシュ)は、ブログの記事作成等を高速化する為のものという事だそうです。ここは「Enable」にチェックを入れておきます。

W3 Total Cache導入9

icon-check-square-o Object Cache

Object Cache(オブジェクトキャッシュ) ここもEnableにチェックを入れておきます。

追記:こちらにチェックを入れると、モバイルの端末で不具合が出るという事を耳にしたので、チェックを外しました。

icon-check-square-o Browser Cache

Browser Cache(ブラウザキャッシュ) ブログ訪問者のブラウザのキャッシュを利用するので、サーバーへのアクセス負荷が少なくなり、表示速度の高速化が可能になります。こちらもEnableにチェック。

W3 Total Cache導入11

icon-check-square-o Miscellaneous

「Enable Google Page Speed dashboard widget」は、Googleが提供する速度判定ツールを、WordPressの管理画面で使用する事が出来るものですが、PageSpeed Insights が何時でも利用できるので必要ないと思います。ワタシは「Enable」のチェックを外しました。

なお、W3 Total Cacheの新しいバージョンでは、「Anonymously track usage to improve product quality」という項目が新たに設定されていて、デフォルトでチェックが付いていました。

なんじゃらほいと思い翻訳してみると、「匿名で使用状況を追跡して製品品質を向上させる」という事でした。使い勝手のモニター調査みたいな感じかと思い、チェックを外しておきました。

icon-check-square-o その他

  • CDN
  • Reverse Proxy
  • Monitoring
  • Fragment Cache
  • Licensing
  • Debug
  • Import/xport Settings

はそのままスルーでOKです。

次に、モバイルでの表示が崩れないように設定します。スマホで見た場合に、トップページがパソコン表示になってしまう等の不具合が起こるのを防ぎます。

User Agent Groups

User Agent Groupsへ進んで、「Group name」の「high」と「low」の下の、「Enabled」に両方チェックを入れて、「save」をクリックします。

W3 Total Cache導入20

最後に、WordPressのテーマで、Simplicityを使用している場合は、子テーマのfunctions.phpに下記のコードを貼り付けてください(バージョン0.9.5以降)

参照元:寝ログ

W3 Total Cacheの安全な削除方法

W3 Total Cacheは安易に削除すると、管理画面が真っ白になる等の不具合が起こります。これを避けるために、アンインストール前に設定が必要になります。

① General Settings内の、すべての「Enable」のチェックを外す。Miscellaneousのすべてのチェックを外す。

② W3 Total Cacheプラグインを削除

③ wp-content内の以下のフォルダとファイルの削除

  • cache
  • w3tc
  • w3tc-config
  • w3-total-cache-config.php

以上で削除完了です。

管理画面がエラーになった時は

W3 Total Cacheでエラーが出た時に試したい3つの対処法

W3 Total Cacheの設定方法と削除時に気を付けなければならない事まとめ

W3 Total Cache導入前と導入後ではページの表示速度に変化はあったのでしょうか?

導入前

W3 Total Cache導入19

導入後

W3 Total Cache導入20

6.4s➝3.5sと大幅に改善されました。これでブログの表示にイライラしなくて済みそうです(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. […]  神飾り情報局  1 userW3 Total Cacheの設定方法と削除時に気を付けなければならない事【WP高速化】http://11874.click/wordpress-plugin-w3-total-cache#W3_Total_Cache-4ワードプレスを高速化するの […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です