アドセンスの「ads.txt ファイルの問題を修正してください。」の対処法

アドセンスの「ads.txt ファイルの問題を修正してください。」の対処法

WordPressでサイトを作成してGoogle アドセンスの広告を貼る場合は、アドセンスの審査に合格する必要があります。

アドセンスの審査に合格して広告を貼った場合、しばらくすると管理画面に以下の警告が掲載されている事があります。

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

マジか!収益に重大な影響が出るのか…。

アドセンスの収益に重大な影響が出ては一大事なので、この問題を解決していく事になりました。手順は「ads.txt」ファイルの作成⇒アップロードです。

「ads.txt」って何やねん!

「ads.txt」と書いて「アズテキスト」と呼ぶファイルですが、では一体「ads.txt ファイル」というのは何なんでしょうか?

「ad」というからには広告に関係しているのかな?

Adsenseヘルプには下記の様に記されています。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txtは、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

分かりやすく説明すると、IAB(Interactive Advertising Bureau)というアメリカの団体が提唱しているオンライン広告の詐欺を防ぐための仕組みです。

何だ良く分からないな~。

ads.txtを設定する事により購入者自身が偽の広告枠を判別できる為、収益の流出を防止出来て収益アップに繋がるメリットがあるという事です。

「ads.txt」ファイルの作成方法

「ads.txt」の作成方法は非常に簡単です。Google アドセンスのサイトにログインするとトップページに「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」と警告が出ているので「今すぐ修正」をクリックします。

「ads.txt」ファイルの作成方法

「〇個のサイトで使用する ads.txt ファイルを作成する」欄の下の「ダウンロード」をクリックするだけです。

「ads.txt」ファイルの作成方法

以下がダウンロードしたads.txtファイルです。

「ads.txt」ファイルの作成方法

「ads.txt」を自作する場合は

「ads.txt」を自作する場合は最初にメモ帳を開き、以下のコードを貼りつけましょう。

HTML
google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

「pub-0000000000000000」をあなたのアドセンスコードを置き換えましょう。ちなみにアドセンスコードは「ホーム」⇒「アカウント」の「アカウント情報」に記載されています。

アドセンスコード

ファイル名を「ads.txt」として文字コードを「utf-8」形式で保存します。

「ads.txt」を自作する場合

スポンサーリンク

ファイルをサーバーにアップロードする

「ads.txt」ファイルの作成が完了したら後はフェイルをサーバーにアップロードするだけですが、アップロードする方法は2種類あります。

「ads.txt」ファイルのアップロード方法
  • FTPソフト経由
  • レンタルサーバー経由

どちらかやり易い方法でファイルをアップロードしてやりましょう。

FTPソフト経由でファイルをアップロードする方法

ここではFTPソフト経由でファイルをアップロードする方法を紹介していきますが、FTPソフトはFileZilla(ファイルジラ)を使います。

FileZillaの使い方を初心者向けに分かりやすく解説【FTPソフト】FileZillaの使い方を初心者向けに分かりやすく解説【FTPソフト】

FileZillaアプリを起動して「ads.txt」を設定するドメインの「public_html」フォルダの直下にアップロードしていきます。

何だか難しいな~。

「wp-content」と同じ階層にアップロードしてやりましょう。

FTPソフト経由で「ads.txt」ファイルをアップロード

レンタルサーバー経由でファイルをアップロードする方法

続いてレンタルサーバー経由でファイルをアップロードする方法が、今回はエックスサーバーを例に取っていきたいと思います。

エックスサーバーの「ファイル管理」にログインして「ads.txt」を設定するドメインの「public_html」フォルダの直下にアップロードしていきます。

レンタルサーバー経由で「ads.txt」ファイルをアップロードする

「ads.txt」ファイルが正しく設置されているか確認しておこう

「ads.txt」が正しく「public_html」フォルダの直下にアップロードされたか確認する方法は下記のサイトの検索BOXにサイトのドメインを入力するだけです。

外部リンクAds.txt 管理

「ads.txt」ファイルが正しく設置されているか確認する

ところが、チェックを行った所エラーが出ました。

「ads.txt」ファイルが正しく設置されているか確認する

“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

う~む、確か「utf-8」形式でファイルを保存したはずだが…。

どうしたものかとネットで検索すると解決法を発見、「.htaccess」で「ads.txt」の文字コードを指定してきてやれば良いという事でした。

以下のコードを「.htaccess」に貼りつけてやりましょう。ちなみに「.htaccess」は「ads.txt」と同じ階層にあります。

HTML
<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

「.htaccess」で「ads.txt」の文字コードを指定

以上でエラーが消えると思います。

ヨシッ!一件落着。

まとめ

今回はGoogle アドセンスで「ads.txt ファイルの問題を修正してください。」と警告された場合の対処法を紹介しました。

icon-check-square-o「ads.txt ファイルの問題を修正してください。」の対処法

STEP.1
「ads.txt」ファイルの作成
Google アドセンスのサイトにログイン後、トップページの「今すぐ修正」をクリックして「〇個のサイトで使用する ads.txt ファイルを作成する」欄の下の「ダウンロード」ボタンを押して「ads.txt」をダウンロードします。
STEP.2
「ads.txt」ファイルサーバーにアップロード【FTPソフト編】
FileZillaアプリを起動して「ads.txt」を設定するドメインの「public_html」フォルダの直下にファイルをアップロードしましょう。
STEP.2
「ads.txt」ファイルサーバーにアップロード【レンタルサーバー編】
エックスサーバーの「ファイル管理」にログインして「ads.txt」を設定するドメインの「public_html」フォルダの直下にファイルをアップロードしていきます。
STEP.4
「ads.txt」ファイルが正しく設置されているか確認
「Ads.txt 管理」というサイトで検索BOXにサイトのドメインを入力します。
STEP.5
エラーが出たら「.htaccess」にコードを追加
「“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。」というエラーが出たら以下のコードを「.htaccess」に貼りつけてやりましょう。
HTML
<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

警告文は早ければ翌日、遅くても1週間以内には消えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)