Googleアドセンスの広告をパソコンとスマホで切り替えて表示する方法

Googleアドセンスの広告をパソコンとスマホで切り替えて表示する方法

Googleアドセンスをパソコンとスマホ別々で切り替えて表示させる方法を紹介します。この方法を使えばパソコンではアドセンスを横並びのダブルレクタングルに、スマホでは1つだけ表示させる事も可能です。

スマホでアドセンスが縦に2つ並ぶのはポリシー違反ですよ。

パソコンとスマホで同じ広告を使用していると、パソコンで横並びのダブルレクタングルに設定した場合、スマホでは縦に連続で表示されてしまいます。

このままではアドセンスのポリシー違反になるのでパソコンとスマホでアドセンスを切り替える必要があります。

どうやってアドセンスをパソコンとスマホで切り替えるのですか?

プラグインを使う方法もありますが、今回はfunctions.phpに条件分岐のコードを記述する方法を紹介したいと思います。

テーブル(表)を使ってバナーを横に並べてみる

まず初めにテーブル(表)を使って広告バナーを横に2つ並べてみます。パソコンとスマホでどのように表示されるのか確かめていきましょう。

実験ですねw

WordPressブログ記事で枠線なしのテーブルにアドセンスのコードを2つ挿入しました。

アドセンスのコードを2つ挿入

パソコンでの見え方

パソコンで表示させると、300×300サイズの広告バナーが綺麗に横並びになりました。

アドセンス パソコンでの見え方

完璧ですね。きれいに並んでいますね。

スマホでの見え方

先程横並びで設定した広告バナーを今度はスマホから閲覧してみましょう。

アドセンス スマホでの見え方

スマホでも横並びになっていますね。しかし何だかバナーが小さいな~。

スマホでも広告バナーが2つ横並びで表示されましたが、大きさが半分ほどになってしまいました。これでは広告バナー自体が目立たないのでブログの訪問者にクリックされ難くなります。

困りましたね。

そこで、パソコンとスマホで別々に広告を表示させるコードを、functions.php に追加してやります。

functions.php! 失敗するとブログが真っ白になる例のアレですね?

functions.phpを編集する場合は、やり方を間違えるとWordPressがエラーになってしまうので、必ずバックアップを行いましょう。

スポンサーリンク

functions.phpに条件分岐のコードを記述

「ダッシュボード」➝「外観」➝「テーマの編集」➝「functions.php」と進みます。

functions.phpに条件分岐のコードを記述

functions.phpに下記のコードを追加します。

HTML
//PCでのみ表示するコンテンツ
function if_is_pc($atts, $content = null ){
$content = do_shortcode( $content);
    if(!wp_is_mobile()){
        return $content;
    }
}
add_shortcode('pc', 'if_is_pc');
 
//スマートフォンで表示するコンテンツ
/*タブレットも含まれる*/
function if_is_sp($atts, $content = null ){
$content = do_shortcode( $content);
    if(wp_is_mobile()){
        return $content;
    }
}
add_shortcode('sp', 'if_is_sp');

コピペでポチっと。最後に「ファイルを更新」をクリックします。

慎重に!

functions.phpに条件分岐のコードを記述

何とか成功したみたいですね。

functions.phpに条件分岐のコードを記述

ふぅ~、やれやれ。

ショートコードを使って広告を切り替えて表示させる

無事functions.phpに条件分岐のコードを記述できたので、仕上げはショートコードを使ってパソコンとスマホ別々の広告を表示させていきます。

HTML
[pc]
パソコンでのみ表示
[/pc]


[sp]
スマホでのみ表示
[/sp]

パソコンのみで表示させたい場合は[pc][/pc]で、スマホのみで表示させる場合は[sp][/sp]を使い、それぞれのコンテンツを囲いましょう。

ショートコードを使って広告を切り替えて表示させる

icon-check-square-o パソコン

ショートコードを使って広告を切り替えて表示させる

icon-check-square-o スマホ

ショートコードを使って広告を切り替えて表示させる

お~、パソコンとスマホで別々に表示された!

では、パソコンでアドセンスを横並びに2つ表示、スマホでは1つだけのアドセンスを表示させてみましょう。

icon-check-square-o パソコン

ショートコードを使って広告を切り替えて表示させる

icon-check-square-o スマホ

ショートコードを使って広告を切り替えて表示させる

OK!上手くいきましたね。

まとめ

Googleアドセンスの広告を2つ並べて横並びに表示させるとパソコンでは上手くいきますが、スマホで閲覧した時に縦に連続して2列に表示されてしまいます。これはポリシー違反になります。

今回の方法でパソコンとスマホで別々に広告を切り替えるコードを追加すれば、パソコンでは2つ横並びにスマホでは1つのみにという風にコンテンツを切り替えて表示させる事が可能になります。

その他の使い方としては、、パソコンだけに広告を挿入する場合は[pc][/pc]で、スマホのみに広告を表示する場合は[sp][/sp]で囲ってやれば、単独でも使用できます。

また一つ勉強になりましたね!

2 COMMENTS

マッキー

はじめまして!
月乃塾ブログからマッキー事牧野といいます。
いつもワードプレスでブログを作成してますが、できることが多すぎてまだチンプンカンプンです(+_+)
是非ごりょんさんのブログを参考に勉強させていただきたいと思いますのでよろしくお願いします(^^♪

返信する
ごりょんさん

マッキーさんはじめまして。

こちらこそよろしくお願いします。

返信する

ごりょんさん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)